Close

Monthly Archives: 6月 2016

2016年6月22日

全日本選手権に寿司ドラゴン光臨の巻 ニールプライドTTスペシャル編

sushi

色んな人の善意が詰まったブッコロ系TTマシン『ニールプライド バイヤモ☆寿司ドラゴン☆マリノ全日本15分スペシャル』が神田の隅っこで爆誕!!

逆側から見てもヤバカッコイイ!唐突に目に入る迷彩のバーテープの浮きっぷりもハイセンスナンセンスでステキ!
更に業界初!自転車競技好きなチビッ子や、お脳が筋肉の諸兄にも読めるフリガナシールつき!やったね♪

さて本題、この『BAYAMO』。某C社のPとかの3とかそのへんのなんか良いヤツで結果を出した素敵エンジニアがニールプライドで造り上げたフレームで、確実に実績のある構造を用いて堅実に構成された、TTマシンに珍しい『万人向け高性能フレーム』なのです!なのでブレーキなどは前後スタンダードなリムキャリパー方式。マジ安心。

しかしインパクト抜群のホイールは『HED / 3C 』×『ZIPP / Super9』に
ハイエンドチューブラー『VELOFLEX  / Extreme』を組み合わせた本気汁ダダ漏れスペック!
ナイフなんか捨ててかかってこいよ!くらいの気持ちじゃないと踏めません。Fさんの優しさに乾杯。

近年のセオリーでは『アームレストをものっそい上げたポジション』が流行っていますが、今回のレースは短時間で距離も短いので、エアロ効果重視の超オフェンシブセットにガン振る事に。もうハンドルはガッッツリ下げました。

ハンドルはNEROの店長様から強奪お借りした『3T / AURA PRO COMFORT 』、ステムはみんな大好き『東京サンエスのなんかやたら角度の着いたアレ』こと『grunge / 50STEM』、さらにコントロール系は、最小の操作で確実な変速を約束する『シマノDi2 / ST-6871 & SW-R671』をセット!
正直、シマノ電動に関してはデメリットはコスト以外に見当たりません。全ての使用条件で確実にメリットがあると言い切れる、数少ない部品です。マジ必須

たしか「TTはペース配分がブチ重要ですけぇ」と広島風に言ってた選手が居ました。知らんけど。

したっけクランクには剛性感マックスな『ROTOR 3D × Power 2 max』に『STRONG LIGHT / 55T』をSETし、更に受け止めるBBには『praxisworks / Conversion BB』を使用。ニールプライドのバイクで唯一気になる『PF30』という黒歴史規格(というかプレスフィットって規格が先ず問題)の問題点を解消しつつ駆動力伝達効率を高め、そのうえでパワーまで計っちゃおうというワガママ仕様に!
あ、インナーの39Tは見なかった事にしてそっとネジを締めました。まあぶっちゃけ使わないんですが、シマノDi2のFDがバカ力で変速してくれるのであんまり問題ありません。
_

_

ですよね

 

リアの変速機は『シマノULTEGRA RD-6870』に『Carbon Dry Japan / BIG PULLEY』の組み合わせ。高い変速性能をそのままに、回転効率をガン上げするメイドインジャパンの超高性能セットはTTにベストマッチ!
来週からラモーンズの試乗車にもセットしますが、逆回転させてみればフリクションの低さは一目瞭然!しかもアウター×ローなど所謂たすき掛けの応対でもトルクが掛けられるので、ギアポジションの自由度が上がるステキパーツです。マジヤバ

まあそんなこんなでスペシャルな一台が組み上がりました!

ラモーンズがバックアップする『マリノ・スシドラゴン・コバヤシ』はアンダー23枠。6/24金曜日の10:00から個人TT、6/25土曜日の9:00からロードレースで全日本選手権に出場しますので、応援を宜しくお願いいたします!!

 

エントリーリスト


2016年6月21日

男は黒に染まれ ROCKBIKES

ジェットストリームアタックばりにROCKBIKESの納車が立て続けにあったので、プチカスタムした内容も含めて改めてROCKBIKESの各モデルをご紹介します。

GREED phase2

クロスバイクにカテゴリーされるGREED(グリード)、まず何よりの特徴は油圧のディスクブレーキを搭載していること。同価格帯の他社のクロスバイクのディスクブレーキはワイヤー引きのメカニカル式が多いのですが、これにはバッチリ油圧式のものが付いてきます!ブレーキのタッチも軽く性能も長持ちするのでメカニカル式よりも圧倒的にメリットが大きいです。
ホイールサイズはもはやMTBでは主流になった650B。タイヤのグリップを活かしてディスクブレーキの性能をより引き出すことが出来ます。
変速はリア9速のフロントシングル仕様。基本的に街乗りクロスバイクはアウターギアに入れっぱなしになってフロント変速はめったにしないというケースが多いので、割りきってフロント変速を捨てたことはROCKBIKESの英断だと思います。特にフロント変速はトラブルが起こりやすい箇所ですしね。

ペダルにはシマノのダウンヒル用のフラットペダルSAINTを付けてみました。踏み面から飛び出したピンが靴のソールにガッチリ食い付くので雨で濡れても滑って踏み外すこともありません。個人的に超気に入ってる神ペダルなので是非とも試して頂きたい!

MELANCHORY

こちらはピストバイクのMELANCHORY(メランコリー)。実はラモーンバイクスで今一番売れてるのがこのバイクです。細身のクロモリパイプでホリゾンタルフレームという鉄板のROCKBIKESスタイルで、リアのブレーキをBB下に配置したことでとにかくシンプルな引き算の美学を感じるクールなバイクになっています。

上の写真のバイクではタイヤをWTBのthickslickに交換しています。フルスリックでとにかく転がりを軽くすることを狙ったタイヤですが、スキッドをすることを想定してセンター部分は肉厚にしており耐パンク性も備えている正にストリートピストバイク向けのタイヤです。オーナーさんの腰のチェーンとROCKBIKESのロゴが絶妙にマッチしていたのでバックショットを撮ってみました。

こちらは別のメランコリーですが人気沸騰中のBULLETLIGHTINGをシートステーのブリッジ部分にダボ穴増設用のバンドを利用して取り付けました。リアブレーキがBB下にあってキャリパーブレーキ台座が無かったのでちょっと工夫してみました。ちなみにこの新しいオーナーさんは彼女募集中らしいので気になった方はラモーンバイクスまでお問い合わせを!

そしてこちらはハンドルをブルホーン化。より深い前傾姿勢をとれるようになり一段高いスピード域で走ることができます。ハンドルを変えるとガラリとバイクの雰囲気も変わるので「もっとこうしてみたいんだけど…」というご相談があればどんどん言ってください!

FORTUNE

FORTUNE

続いてはFORTUNE(フォーチュン)です。先ほど紹介したMELANCHOLYのロードバイク版とでもいいましょうか、フレームの形状はほぼ同じでBB下にブレーキを付けるようになっています。シマノ105搭載で性能的にも申し分なしの正に「ストリートを速くカッコよく駆け抜ける」というROCKBIKESのスタイルを体現しているバイクと言えます。

このFORTUNEはハンドルをSIXTHCOMPONENTSのアルマイトレッドのハンドルに交換しました。ラメの入ったブラックカラーのフレームに赤色のロゴとも統一感があり非常にカッコイイ仕上がりになりました。さらにBULLETLIGHTINGも装着。特にこの黒の弾丸ライトはROCKBIKESユーザーの心を捉えて離さないらしくラモーンバイクスでの定番カスタムとなりつつあります。

という訳でROCKBIKESの自転車をご紹介してきたわけですが、何かお気づきの点がないでしょうか?そう、今回納車したバイクたちはどれもブラックばかり!実はROCKBIKESは頻繁に色を入れ替えるのでカタログにあった色が気がついたら廃盤になっていたということも少なくないのですが、ブラックに関してはROCKBIKESのイメージカラーということもあって大体定番色としてラインナップされています。質感やシルエットがハッキリ出てごまかしの効かない黒という色をここまで使いこなすのはヨウジヤマモトかROCKBIKESか松崎しげるかというところでしょう。
今ROCKBIKESがめっちゃ来てます!乗るしかないこのビッグウェーブに!


2016年6月16日

光りしもの XECCON LINK & MARS

我らがRAMONBIKESの最高に訳が分からなくてイケてる看板が出来ました。

作ったのはこの男、通称ネギトロン。うちによく遊びに来てくれる東京サイクルデザインの生徒さんなのですが、ある夜とある中華料理店で一緒にメシを食ってる時にふと思いつきで自転車のパイプとかで看板作ったら面白くね?と話してたらノリと勢いでいつの間にか出来上がってしまいました。

足の部分はフレームの前三角部分。ラグでパイプをつないでおります。BBもフェーシング&タッピング済みで抜かりなし。

支柱はオーバーサイズのコラムパイプだそうです。荒々しく溶接されたRAMONの意匠がパンク感溢れています。

支柱からカーブしたパイプがフォークをつないでおります。もちろんフォークにはホイールを付けることができ、ディスクブレーキ台座も備え付けてあります。これに痛ディスクホイールなんか付けた日にゃアキバのサイクリストの注目の的だぜ!ありがとうネギトロン!君のことは忘れない!

さらにいい感じに変わり種なライトが入荷したのでこれもご紹介。

XECCON(シーコン) LINKⅡ

XECCON(シーコン) LINKⅡ

一見何の変哲もないフロントライトですが、実はこのライト、ボタン部分に光センサーが付いてます。光センサーが付いてるとはどういうことかというと、なんと光を検知して自動で明るさを調整することができます。例えば日中から自動調光モードをONにしておけばトンネルに侵入した時などに自動的にフロントライトが点きます。また夕暮れ時にはシームレスに明るくなるので気がついたら夜になっていてライト点けるのを忘れてたなんてことも防止できます。

XECCON(シーコン) MARS30

XECCON(シーコン) MARS30

こちらも一見何の変哲もないリアライトですが、こっちは加速度センサー付きです。停止時の減速Gを検知して自動車のブレーキランプのように点滅から点灯に切り替わります。昼間走行モードも備えており明るいうちは消灯から点灯の切り替えも可能です。自転車用のブレーキランプとしてはキャリパーブレーキに装着してワイヤーの引きに合わせてスイッチがONになるタイプのリアライトがありますが、それに比べるとこれはゴムバンドでシートポストなどに括りつけるだけでOKなので断然カンタンです。

これらのライトが実際どういう動きをするかは深夜のアキバで不審がられながら撮影したこちらの動画をご覧ください。


人工知能もここまで来たか…!スカイネットの完成も近い!

オープンして一月半、訳分からん看板も出来ていい塩梅にカオス感が増してきたRAMONBIKESですが、引き続き訳分かんない、だけどおもしろカッコイイぜ!を推し進めていく所存なので乞うご期待!


2016年6月6日

アイエエエ!?ニンジャ!?ニンジャSalsa!?

毎度おなじみ流浪の自転車屋RAMONBIKESです。

今日は秋葉原と御茶ノ水の中間地点にある聖橋のたもとに来ております。昔から聖橋が大好きで特にここからの景観は聖橋のアーチの美しさ(今は絶賛改修工事中ですが)と本郷台地を切り崩して作った神田川の渓谷の地形のダイナミックさと丸ノ内線が唯一地上に顔を出すレアスポットとして、橋梁マニアにも地形マニアにも鉄道マニアにも見どころのある一粒で三度美味しい名所となっています。いつか僕がタモリ倶楽部に出演した暁にはこの場所を熱く語ってやろうと企んでいるのですが未だにオファーが来ません。。。

さて今回はちょっと面白い携帯ポンプをご紹介します。

TOPEAK NINJA P

一見なんの変哲もない小型の軽量ポンプですが、こいつは伊達にNINJAの名を冠しておりません。NINJAのNINJAたる所以を見よ!

アイエエエ!?ニンポ隠れ身のジツ!!そうコイツはシートポストの中に収納しておくことができるのです。普通はフレームのパイプに取り付ける携帯用ポンプですが、正直あんまり見た目がよろしくありません。ぶっちゃけダサい・・・。せっかくカッコいいバイクに乗るんだったらこの辺の小物もスマートに取り付けてバイクの見た目を損ないたくない!そんな世のカッコつけマンの要望に応えたのが流石のトピークさんでした。これがどうやってシートポスト内部に固定されているかというと

ゴムリングが付いているのでこの右側のグレーのつまみを捻っていくと

ゴムリングが潰れてシートポストの内壁にジャストフィットするようになります。取り付けのコツとしては上の写真の状態くらいまでゴムリングを潰した上でシートポストにねじ込んでそこから更につまみを捻っていくことでしっかりと内部に固定することができます。

そして携帯ポンプ使うのにいちいち六角でシートクランプ緩めるなんてやってらんねーよ!という方に併せてオススメしたいのがコレ!

Salsa FLIP-LOCK

アメリカはSalsaの作り出したMTBでは定番の名作シートクランプLIP-LOCKのクイックバージョン「FLIP-LOCK」です。

みんな大好きアルミ削りだしのボディに美しいアルマイト塗装、ボルト部分はステンレスで折れにくく高い精度でシートポストをガッチリ固定します。クイック部分の持ち手は長めの作りになっていてしっかりと力を入れて締め込むことができます。

NINJA PとFLIP-LOCKの組み合わせが織りなすハーモニー。
たとえるならサイモンとガーファンクルのデュエット!
ウッチャンに対するナンチャン!
高森朝雄の原作に対するちばてつやの『あしたのジョー』!
…つうーっ感じっスよお~っ


2016年6月2日

筋肉モリモリマッチョマンの変態でも大丈夫。そう、KOGAならね

来たる6月4日(土曜日)埼玉は荒川彩湖公園にてKOGAやニールプライドを取り扱っているジオライドジャパンさんの試乗会が開催されます。

13237746_1289604691068725_3827153260932515108_n

場所は荒川彩湖公園の駐車場そばのこもれび広場になります。荒川サイクリストには秋ヶ瀬橋左岸の最初の信号のある交差点の水門前を通った先と言えば分かりやすいでしょうか。

彩湖をぐるりと一周する試乗コースなのでサイクルモードなどのチョイノリ試乗イベントと違いしっかりと距離を走ることができ、じっくりと各々のバイクを味わうことができます。時間は9:00から15:00まで。

そしてなんと当日にはRAMONBIKESからの刺客・謎の覆面メカニック、マスクドラモーンが登場!メーカーの営業さんを差し置いてKOGAやニールプライドの魅力を松岡修造並みに熱く語ります!

そんなわけで今回はKOGAのオススメのバイクをご紹介。

KOGAの誇る最強のアルミレーサー「A-LIMITED」です。
ITの技術用語に「枯れた技術」という言葉があります。これは決してマイナスな意味の言葉ではなく、開発され尽くして技術的に完成に近いものに対して付けられる言葉です。自転車の世界で言えばフレーム素材としてのクロモリからアルミ、アルミからカーボンという変遷の中で、今アルミが「枯れた技術」として成熟の時を迎えています。そんなアルミバイクの中で一際輝きを放っているのがKOGAであり、このA-LIMITEDです。

A-LIMITEDの特徴はまず何よりその加速感。アルミの特性を最大限活かして硬質でダイレクトな踏み心地でバヒュンと加速していきます。ガッツリ溶接されたBB周りは「もっと踏めやオラ!ワシは大丈夫やから!」と言わんばかりです。

硬くて乗り心地が悪くなりがちなアルミフレームですがシートステーを細く偏平させることで振動吸収性も確保しています。最新のカーボンフレームのような整えられた乗り心地の良さとはいきませんが、路面のコンディションを感じながらも不快ではないバランスになっています。

KOGAはオランダのメーカーなだけあって体格の大きいオランダ人のフルパワーを受け止めることを想定して作られていてとにかく頑丈に出来ています。特にガッツリ走るプロのレーサーからの評価は高くレース機材として考えた時にこれほど質実剛健で頼りになるメーカーは他には無いでしょう。その中でもA-LIMITEDはカーボンバイクと比べても安価で遜色なく良く走るので特に人気のあるモデルになっています。

ジオライドジャパンさんの試乗会ではKOGAとニールプライドの各モデルをご用意しているのでぜひ遊びに来てください。RAMONBIKESからも先日ご紹介したニールプライドのNAZAREラモーンズスペシャルを持っていく予定なのでこれもお楽しみに。荒川彩湖公園でマスクドラモーンと握手!