Close

Monthly Archives: 1月 2017

2017年1月27日

The Second Coming!! サーリー “CROSS × CHECK”

surly x r9100

SHIMANOが放つ最新のハイエンドコンポ『デュラエース R9100』を装着し、リボーンした『SURLY / CROSS × CHECK』

意表を突いたマッチングのようでいて、実は堅実!?『長距離ランナー』仕様だぜ!

というわけで、さっそくベースとなった車両はこちら【サーリー】の代名詞と言っても過言では無い、色々できる頑丈フレーム・・・CROSS × CHECK / クロスチェック!!

オーナーと一緒に多くの旅をこなし、イイ感じにヤレたクロスチェックさん!

オーナーと一緒に多くの旅をこなし、イイ感じにヤレたクロスチェックさん!

ガッツリ走るオーナーさんのもと、2~3年ほど荷物を積んでのロングライドメインに活躍。
さすがにイイ感じにヤレてきたトコロで、今回のオーバーホールと相成りました。

良いヤレっぷりの作業前

丈夫なフルシマノ構成ですが、やはり各部にヤレが・・・

思い出も思い入れもいっぱい詰まった大事な愛車なので、どうせなら一番良い部品をガッツリ使って、乗り換えするくらいの気持ちでフルオーバーホールだ!」というオーナーさんの熱いお言葉を受け、構成部品は一気に天辺までグレードアップします。

まずは、ハイエンドコンポを活かすためには絶対に手を抜けない【下ごしらえ】から・・・

スライドショーには JavaScript が必要です。

BB部受け部は錆びが浮いていたので、軽ーく削って水平面出し。スレッド部も、滑りが少々渋かったのでタップを当ててネジ山を整えます。さらに、汚れが食い込み、一部が波打っていた塗装面は、マル秘ケミカルを使用して汚れを落としつつ艶を出し、デカいキズにはホワイト補修!

まあサーリーの場合は、ある程度ヤレてきてからが味が出てカッコイイんですよね、なので、塗り直しは今回は無し。錆が拡がらない程度の処理に抑えました。

がらんどう

リフレッシュ作業を待つスッピンさんサーリー。やるぞ〜!

使用するコンポは、前述の通りシマノの旗艦『デュラエースR9100』!!

このデュラですが、そのハイスペックな仕様から【レーシングユース一辺倒】もしくは【盆栽用】だと思われがちです。たしかに、基本的には『レーシングパーツ』というものは軽量化や、性能の尖鋭化によって耐久製が犠牲になりがちな傾向にありますが、シマノの【デュラエース シリーズ】に関しては、その例はそのままは当てはまりません。

Nothing can hold us back during DURA-ACE media camp in Calpe #R9100series #rideshimano #rainyday 📸 @irmokeizer

Shimanoさん(@rideshimano)が投稿した写真 –

なぜなら現在、デュラエースを使用する状況は『ロードレース』だけでなく、『トライアスロン』から『シクロクロス』にまで及び、しかも世界中のシビアなレース最前線の状況は千差万別。

雨風は勿論、極寒の雪国から、砂まみれの砂漠に通った一本道、跳ねるまわるのが前提の石畳など、過酷な使用状況にはいとまがありません。

雪国でのシクロや!(東京)

雪国でのシクロとかマジカンベン!(おダイバー)

まあそんなわけで、トップクラスの選手やチームが1分1秒を争う勝負の世界では「トラブルが起きにくい」というのは正義なんですね。つまり、レース機材でも特にコンポーネントにおける【耐久製】はとても重要なファクターで、デュラエースの開発に関しても強く意識されているという事です。

しかも毎回、その上で前のモデルの性能を超えなきゃいけないとか、開発さんもムチャクチャ大変そうなシリーズですね、デュラ。(※前のデュラSTIの、仕様変更という名の作り直しもその辺がという噂・・・。)

スライドショーには JavaScript が必要です。

コンポがステキになったもんで、ホイールもアップグレード!!

スライドショーには JavaScript が必要です。

耐久製と回転の良さに定評の有るカンパニョーロ【ユーラス】をチョイス。

なぜ「シャマル」では無いのん!?ってお思いの方も居るでしょうが、このバイクはロングライドメインなので、「良い性能を長持ちさせる」という方向に重点を置いての選択です。ハブベアリングはたしかにセラミック球は回転が良いのですが、メンテナンススパンを考えるとスチール球の利点が活きてきます。

というかビックリするほど回るし進む・・・何より、サーリーのスチールフレームには「メタルハブボディ」に「メタルタマ」でイカツくキメッキメの【ユーラス】が似合うと思うんですよね〜

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

麗しく再誕したクロスチェックさん。レーシーに生まれ変わった走りでみんなビックリ!

更に、タイヤには【コンチネンタルGP4000SⅡ】、シートポストとステムは【トムソンX4/ELITE】を、バーテープには【ノグチのアレ】を使用し、完成しました。

組み上げ後のチェックで軽くテストライドした感触ですが・・・・正直ゼンゼン違います!
元々は、全体的にダルめな反応と、ユルい雰囲気がステキな「ロングが楽仕様」でしたが、全ての反応が数段シャープに、カッチリした「ロングでビュンビュン仕様」な感じに変身!!

・・・うん、アバウトですいません

オーナーさんも愛車のその変貌ぶりにビックリしたようで、オーバーホール&アップグレードは大成功だったと仰っていただきました。

曰く、先ず驚いたのは小ぶりで滑りにくい新形状のSTI。【グリップの握りやすさ】から始まり、【超リニアなFDの変速】、そして【Vブレーキの効きが劇的に改善された】との事。(思ったよりもブレーキが効いてしまい、最初はエッジ820Jの事故検出機能が異常と勘違いして作動してしまったようです。)また、ホイールの剛性アップにより、ハンドリングにしっかり感が出て、挙動がわかりやすくなったとの事。

完成!!オーラが違いますw

オーラが違います!

ガッツリ走り出す春が待ち遠しいですね〜^^

さて、この様な「お気に入りの愛車復活作戦」大歓迎です!!
是非ご相談くださ〜い!


2017年1月6日

ノコンとかチタントップキャップがステキの巻!

TTポジションでやる気満々だ!

はい、フルームも真っ青のガチポジションでスヌープさんが跨がってるのはスコットの戦闘機『フォイル』ですね!

軽くて反応も良く、メッチャ走る【超絶ステキレーシングフレーム】をカスタム!

ついでに、1個だけ気になる仕様【内装ブレーキワイヤーの引込口がヘッドチューブ前方に有るタイプのフレームにありがちな事ですが、小さなサイズのフレームや、ハンドルをベタ付けしたりすると、アウターワイヤーの遊びが無い・・・ハンドルを90°ひねると引き込み部根元が折れるため、輪行の度にクセが付きどんどんブレーキが渋くなる事がありますマジカンベン。】という問題を無かった事に。

まあ、ガチのレーシングマシンなので、走行に関する効率以外は二の次。「細けえこた良いんだよ」と言える漢らしい諸兄には関係無い話ですが、一般ユーザーとしては普段使いの利便性も欲しいところ。

しかし心配はご無用!そんな場合こそ超フレキシブルワイヤー【NOKON】で、カスタム&性能アップ!

カッコイイだけじゃないんですね〜^^

ノコたん

ノコたん(前

アウターがメタルピースで数珠繋ぎなため千切れづらく良く曲がる、そして、アールのキツい部分でもインナーの抵抗が少ないので、こういう所で大活躍します。
(内装フレームで無理に通す事の多い”TTマシン”等にも実はオススメです。電動変速が一般的になる前は散々使いました・・見えないし、合わせがスーパー面倒ですが!)

ノコたん(後

ノコたんポーン(後

あと何よりカッコイイ!ヤバい!渋い!

ノコたん

シブ派手フォイ

*なんか階段に七五三の垂れ幕があるような気がしますが、気のせいです。

 

バーテープはチネールのトリコロールロゴテープでバッチリ決め決め。チネリ

バーテープはチネールのトリコロールロゴテープでバッチリキメキメ

合わせて、バーテープにはCinelliのLOGO VELVET RIBBONのマルチカラーをチョイス!
ブラック基調の落ち着いたマシンにストリートテイストをブッコミますヤバー!!!!

そして、トップには螺旋王から授かった、Wネーム商品第一弾
【βチタニウム×ラモーンバイクス 64チタントップキャップ】を装着!

トップキャップ

最強(物理)トップキャップが!

TC2

錆びない!!強い!まあココは強度要らんけどカッコイイので万事OK!

さらにさらに!ステムのボルトもβに交換して、ハンドル周りの剛性を大幅アップ!!!

ヤバー!カッコイイだけじゃ無い!!

しかも錆びない!

コラムもβでキャッチ!

コラムもβでキャッチ!

βちゃんでハンドルもキャッチ!

ハンドルもβでキャッチ!

専用のボルトも同色の陽極酸化処理済み!

専用のボルトも同色の陽極酸化処理済み

着色は被膜形成によって行われるので、均一且つ美しい

着色は被膜形成によって行われるので、均一且つ美しい


やり方しだいでドレスアップと性能アップは両立するんです!

さらに、こんなステキバイクも紹介しちゃうぜ!カッコイイんだぜ!

緑のアレこと、ウィリエールのウノさん

緑のアレこと、ウィリエールのウノさん

りっちゃん(主役)を引き立てるチタントップキャップの勇姿

りっちゃん(主役)を引き立てるチタントップキャップの勇姿。なんか機械もいっぱいでガチっぽい。ステキ

更にコイツには、昨今種類が増えている楕円リングの中でもひときわ異彩を放つリーサルウエポン【アブソリュートブラック】のチェーンリングを装着。

このチェーンリング、見た目のインパクトとは裏腹に、しっかりした作りと綺麗な仕上げで、実際はかなり質感の高いパーツです。背面の変速レーンの削りとかマジ芸術的!ヤバい。

禍々しいオーラを放つ極黒の使役されし常闇の極炎のあわわわなんかそんなっぽいアレ

禍々しいオーラを放つ逸品・・・極黒を司りし常闇の極炎があわわわなんかそんなっぽいアレ

あわわわ

あわわわ

変わった形のSTI

なんか、変わった形のSTIがついてる。しかもこのSTIメッチャ握りやすい(気付いていないフリ

※シマ★ョローは基本やってません

さて、いかがでしたでしょうか。

まあ色々やり方はありますが、こういった感じでかっこよくバイクが仕上がると、走りに行きたくなるってもんですね。年が明けても寒い日が続きますが、だからこそ暖かい春に向けて愛車をカスタマイズしましょう!

カスタム・整備もご依頼お待ちしております!!


2017年1月5日

SURLY CROSS-CHECK

 

DESCRIPTION

サーリーのクロスチェックをアルテグラで組みました。
ツーリング向けロードバイク仕様でタイヤは抜群の耐パンク性能を誇るシュワルベのマラソンプラス。
ロードバイクのスピードとタフな走破性を兼ね備えた1台になりました。

SPECIFICATION

FRAME:SURLY CROSS-CHECK
TIRE:SCHWALBE MARATHON PLUS
COMPONENTS:SHIMANO ULTEGRA 6800
HUNDLE:NITTO M106 SSB
STEM:NITTO UI-21