Close

Monthly Archives: 2月 2017

2017年2月28日

こりゃ赤い! SURLY PACER

今回はSURLYのロードフレームのPACER(ペーサー)を組み立てました。

このフレーム、鮮やかな赤の塗装にラメが入っていてこの値段のクロモリフレームとしては結構手が込んでいてオススメの代物です。

しばらくフレームのままお店に吊るしていたんですが下から見るとそういう所にあんまり目が届かないようでなかなか嫁ぎ先が決まらなかったので、じゃあ組んだるか!と相成りました。

在りし日のRAMON BIKES ペーサーくんを探せ!

在りし日のRAMON BIKES
ペーサーくんを探せ!

PACERはロードフレームなんですが、そこはやっぱりSURLYなんで如何様にもカスタム出来るようになってます。とは言えジオメトリーなんかはドロップハンドル向けに設計されてる節もあるので今回は素直にロードバイクとして組んでみます。素材の持ち味を活かすってやつです。

出来上がり。

赤の塗装にラメがピカピカと存在感を放っております。ハンドル周りをあまりワイヤー類でゴチャゴチャさせたくなかったので変速はダブルレバーにしました。手元で変速できないのは不便でもありますが、車のマニュアル操作みたいにむしろこの不便さも楽しさの一つでもあります。この辺りからこの自転車はクラシック路線でいこうと決まりました。

ハンドルは日東の丸ハンにしました。シンプルなブレーキレバーも相まってクラシカルな見た目です。

 

ホイールはシマノの完組WH-R501-30です。銀リムのステッカーを剥がすとグッと落ち着いた雰囲気になります。タイヤはリーベンデールのRUFFYTUFFY。ここはもうサイドスキンのタイヤ一択でしょう!

クランクはシマノの最近の4アームのロードクランクはちょっと似合わないかなあと思ってシクロクロスモデルのFC-CX50にしました。速く走るっていう自転車じゃないんでチェーンリングはほどほどの大きさの46Tで!

そんな感じで速く走るばかりがロードバイクじゃない良い感じに肩の力を抜いたロードバイクが出来上がりました。
しかしここで残念なお知らせがあります。
実はこのPACER、今年度からSURLYのラインナップから無くなってしまいました(何故だSURLY!)。SURLYでシンプルなロードバイクが欲しい人にとっては良い選択肢のひとつだったのでこのディスコンはかなり残念です。。。なので新品のPACERが欲しいと思った人にはこれが割と最後のチャンスになるので絶滅危惧種入りしたこの子を保護してプリーズ!