Close

βtitanium

2017年1月6日

ノコンとかチタントップキャップがステキの巻!

TTポジションでやる気満々だ!

はい、フルームも真っ青のガチポジションでスヌープさんが跨がってるのはスコットの戦闘機『フォイル』ですね!

軽くて反応も良く、メッチャ走る【超絶ステキレーシングフレーム】をカスタム!

ついでに、1個だけ気になる仕様【内装ブレーキワイヤーの引込口がヘッドチューブ前方に有るタイプのフレームにありがちな事ですが、小さなサイズのフレームや、ハンドルをベタ付けしたりすると、アウターワイヤーの遊びが無い・・・ハンドルを90°ひねると引き込み部根元が折れるため、輪行の度にクセが付きどんどんブレーキが渋くなる事がありますマジカンベン。】という問題を無かった事に。

まあ、ガチのレーシングマシンなので、走行に関する効率以外は二の次。「細けえこた良いんだよ」と言える漢らしい諸兄には関係無い話ですが、一般ユーザーとしては普段使いの利便性も欲しいところ。

しかし心配はご無用!そんな場合こそ超フレキシブルワイヤー【NOKON】で、カスタム&性能アップ!

カッコイイだけじゃないんですね〜^^

ノコたん

ノコたん(前

アウターがメタルピースで数珠繋ぎなため千切れづらく良く曲がる、そして、アールのキツい部分でもインナーの抵抗が少ないので、こういう所で大活躍します。
(内装フレームで無理に通す事の多い”TTマシン”等にも実はオススメです。電動変速が一般的になる前は散々使いました・・見えないし、合わせがスーパー面倒ですが!)

ノコたん(後

ノコたんポーン(後

あと何よりカッコイイ!ヤバい!渋い!

ノコたん

シブ派手フォイ

*なんか階段に七五三の垂れ幕があるような気がしますが、気のせいです。

 

バーテープはチネールのトリコロールロゴテープでバッチリ決め決め。チネリ

バーテープはチネールのトリコロールロゴテープでバッチリキメキメ

合わせて、バーテープにはCinelliのLOGO VELVET RIBBONのマルチカラーをチョイス!
ブラック基調の落ち着いたマシンにストリートテイストをブッコミますヤバー!!!!

そして、トップには螺旋王から授かった、Wネーム商品第一弾
【βチタニウム×ラモーンバイクス 64チタントップキャップ】を装着!

トップキャップ

最強(物理)トップキャップが!

TC2

錆びない!!強い!まあココは強度要らんけどカッコイイので万事OK!

さらにさらに!ステムのボルトもβに交換して、ハンドル周りの剛性を大幅アップ!!!

ヤバー!カッコイイだけじゃ無い!!

しかも錆びない!

コラムもβでキャッチ!

コラムもβでキャッチ!

βちゃんでハンドルもキャッチ!

ハンドルもβでキャッチ!

専用のボルトも同色の陽極酸化処理済み!

専用のボルトも同色の陽極酸化処理済み

着色は被膜形成によって行われるので、均一且つ美しい

着色は被膜形成によって行われるので、均一且つ美しい


やり方しだいでドレスアップと性能アップは両立するんです!

さらに、こんなステキバイクも紹介しちゃうぜ!カッコイイんだぜ!

緑のアレこと、ウィリエールのウノさん

緑のアレこと、ウィリエールのウノさん

りっちゃん(主役)を引き立てるチタントップキャップの勇姿

りっちゃん(主役)を引き立てるチタントップキャップの勇姿。なんか機械もいっぱいでガチっぽい。ステキ

更にコイツには、昨今種類が増えている楕円リングの中でもひときわ異彩を放つリーサルウエポン【アブソリュートブラック】のチェーンリングを装着。

このチェーンリング、見た目のインパクトとは裏腹に、しっかりした作りと綺麗な仕上げで、実際はかなり質感の高いパーツです。背面の変速レーンの削りとかマジ芸術的!ヤバい。

禍々しいオーラを放つ極黒の使役されし常闇の極炎のあわわわなんかそんなっぽいアレ

禍々しいオーラを放つ逸品・・・極黒を司りし常闇の極炎があわわわなんかそんなっぽいアレ

あわわわ

あわわわ

変わった形のSTI

なんか、変わった形のSTIがついてる。しかもこのSTIメッチャ握りやすい(気付いていないフリ

※シマ★ョローは基本やってません

さて、いかがでしたでしょうか。

まあ色々やり方はありますが、こういった感じでかっこよくバイクが仕上がると、走りに行きたくなるってもんですね。年が明けても寒い日が続きますが、だからこそ暖かい春に向けて愛車をカスタマイズしましょう!

カスタム・整備もご依頼お待ちしております!!


2016年12月6日

βチタニウムリローデッド!

全国1000万人のチタン愛好家・通称ティターンズのみなさまお待たせいたしました。日本特殊螺旋工業のβ(ベータ)チタニウムの各種パーツが続々と着弾しました!

まず紹介したいのがコレ!

DTスイスRWS専用チタンシャフトです。

まずRWSがどういう製品かというのを説明すると、アーレンキーいらずで手でガッツリと締め込むことのできるスキュワーです。通常のクイックリリースだと締め込むことのできないようなトルクでホイールをフレーム・フォークに強力に固定することができます。ホイールの固定力が上がることで力を逃しにくくなりダンシング時の反応の良さや下りのコーナーリング時にハブの踏ん張り感などを体感できるレベルで性能が向上します。

今回はそのRWSのシャフト部分をβチタニウム製のものを作りました。あらかじめ言っておきたいのがこのβチタニウムのシャフトに変えることで元のDTスイス純正シャフトから劇的に剛性が上がるということはないです。それはRWSでもたらされる性能向上はシャフト剛性ではなく締結力アップに依るものだからです。じゃあなんでわざわざβチタニウムのシャフトを作ったのかというと、DTスイス純正シャフトは

折れます。

RWSのシャフトはスチールとチタンのラインナップがあるのですが、このいずれも破断報告が多数あります。これは決して元のシャフトが粗悪品というわけではなくて通常使用なら問題ないのですが、固定力が上がるほどに剛性感も上がるので、ついユーザーが締め込みすぎて起こしてしまう現象です。(ちなみに取扱説明書に書いてある推奨トルクは15N・m、この細さで15N・m。。。マジか。。。)なのでその破断対策品として今回のβチタニウム製RWSシャフトを作った次第です。
お馴染みの陽極酸化処理に加えてβチタニウムとRAMON BIKESのダブルネームでレーザー刻印も入れました。ぶっちゃけホイールに装着したら見えなくなる部分なので大した意味は無いんですがそれがいいんです!所有感とか自己満足とかマジ大事。
価格は税込みでシャフト交換済みのRWS本体セットが25,000円、シャフト部分のみ前後セットで10,800円です。DTスイス純正のチタンシャフトRWSが21,000円なのでこの価格差でβチタニウムの信頼性が手に入るのなら全然お高くないと思います。

βチタニウムのボルトが如何に破断に強いかテストしたので以下の動画をご覧ください。

ステムボルトなんかの場合はボルト自体が剛性が高いということもありますが、それよりもステムとハンドルをより強固に固定することで剛性が向上します。加えて引っ張り強度も高いわけですからハンドルをこじるような動きをしても踏ん張りが効きます。βチタニウムのボルトの特性を最大限に活かせる箇所なわけです。推奨トルク以上の数値で締めても破断することはありませんが、締めすぎると受けのネジ山を攫ったりカーボンハンドルを割ったりするのでくれぐれもご注意ください。

破断対策といえばこんなアイテムも以前作りました。

チネリスーパーコルサのシートピンです。中心のナット部分に対して両側からボルトを締めることでシートポストを固定する造りをしていて、ボルトの締め込みが緩いとシートポストは動くし、強く締めるとボルトが折れるという悪夢のような構造をした代物でしたがこれをβチタニウム製のものに変えることで完璧に解消しました。

続けてβチタニウム×RAMON BIKESのダブルネームオリジナルアイテムがこちら

ステムキャップ&トップキャップボルトです。
トップキャップボルトは汗などが溜まりやすく自転車のボルトの中でも最も錆びやすい箇所でもあります。この部分に関しては強度が云々ではなくサビ対策としてここのボルト交換をオススメしています。そしてこのトップキャップボルトに合わせてツライチでハマるステムキャップも作りました。陽極酸化処理した上でβチタニウムとRAMON BIKESのロゴをレーザー刻印しためちゃめちゃカッコイイステムキャップが出来ました。自転車に乗っている時手元にふと目線を落とすとこのステムキャップが目に入るわけです。所有感とか自己満足とかマジ大事。
価格はセットで9,720円(税込み)。

最後にこんなのも


βチタニウム製ピアスです。チタンは金属アレルギーを起こしにくく骨折した時の補強のボルトなどにも使われています。なのでピアスなどの肌に触れる部分のアクセサリーにもよく利用されており、今回は陽極酸化の色合いが美しいβチタニウムでも作ってみました。もはや自転車関係無いけどいいんです。所有感とか自己満足とかマジ大事。

そんなわけで再充填したβチタニウムの諸々のアイテムのご紹介でした。ティターンズの諸兄に於かれましてはこの機会に是非ともお試しあれ!


2016年7月15日

オリンピアン降臨とβチタニウムの螺旋力

日本全国1000万のチタン愛好家・通称ティターンズの皆様お待たせいたしました。マニア垂涎のカスタムパーツ、βチタニウムの6-4チタンパーツをご紹介!

…の前に実は先日、2015年のロードレース全日本チャンプで2016年リオ五輪オムニアム代表・NIPPOヴィーニファンティーニの窪木一茂選手が来店しました。なんで秋葉原のこんなよく分からんカオスな自転車屋にオリンピアンが来たのかというとβチタニウムを作っている日本特殊螺旋工業の木内社長とオリンピックで使う機材についての打ち合わせに来たのです。

窪木選手が愛用しているのがこのβチタニウムのスピードプレイ用6-4チタンシャフト!昨年全日本を獲った時にも使用していた機材なんですが、これをロードレースだけでなく今年一番の勝負どころになるオリンピックのトラックレースでも使いたいと言わしめるほどの逸品です。スピートプレイには純正のチタンシャフトもラインナップにありますが、βチタニウムの物はそれよりも遥かに強度も精度も高く、シリアスなレーサーにほど評価の高いカスタムパーツです。

そして打ち合わせもそこそこに窪木ワールドが開幕。この日は朝から方々で挨拶回りや出国の準備をしていたらしく今日の分のトレーニングができていないそうで「ローラー台やっていいですか?」とご所望だったので日本代表選手にそう言われちゃ日本国民として応えないわけにはいかん!ということでローラー台を展開。木内社長と雑談しながら1時間ばかりロラってました。


その後BONTのシューズの熱成形をしたいということで三ノ輪のイルクオーレさんにお出かけしたり、アキバに戻ってきてメイドさんに元気を分けてもらったり、神田明神で必勝祈願をして颯爽と帰って行きました。

そんなナイスガイな窪木一茂選手のオリンピックのレースは男子オムニアムで8月14日~15日で行われます。オムニアムがどんな競技かというと二日間で6種目をやって獲得ポイントを競う体操の個人総合みたいな競技です。みんなで地球の裏側へ念とか元気とかサイコミュ的な何かを送って超超超応援しましょう!

話は戻ってβチタニウムです。モーターバイクの世界では鈴鹿8耐などで様々なチームの様々なパーツに使われていて知名度も高いβチタニウムのチタンボルト。最近ではそれこそ窪木選手が愛用するなどで自転車の世界でも少しずつ知れ渡るようになってきました。
しかし!自転車業界にはどうやら「チタンボルトは折れやすい」という迷信があるようです。この迷信の出処はステムなどに使われているチタンボルトをある程度のトルクをかけるとポキっと逝ってしまい折れたボルトがステムに埋まってしまうという現象が頻発したためだと思われます。実はこれらのチタンボルトは他のチタン部品を作るために出た切り子、いわゆる削りカスを集めて溶かしてまた固めたものを流用して作られています。なのでその過程で不純物が混じってしまい本来のチタンの特性を活かせないチタンボルトが作られてしまうのです。

対してβチタニウムのチタンボルトはちゃんとした素性の6-4チタンのインゴットを使用して鍛造(押し潰して)して転造(変形させて)して作られているのでその強度も精度も圧倒的に優れています。その引っ張り強度は一般的な鉄のボルトと比べて優に2倍以上!なのでβチタニウムのボルトをステムのハンドルクランプ部分に使用することでより強固にハンドルとステムを一体化できるようになり力が逃げにくいようになります。その他にもブレーキの杭頭ナットや舟のボルト、ペダルのシャフトやクリートの取り付けボルトなど、様々な箇所で6-4チタンの特性を活かしたカスタムがあります。

カンパブレーキシューホルダー用ナット

チタンボルトというと「軽量化」や「カラーパーツ」としての側面のイメージがありますが、βチタニウムに関してはもっとシンプルに「繋ぐ」というボルト本来の役目に特化して本当に実用的で信頼性の高いパーツを作っています。

トップキャップ用M6ボルト

βチタニウムのもう一つの特徴として陽極酸化処理があります。これは溶液中にいれた金属に電気を通して表面に酸化皮膜を作る技術で、不純物が多いチタン製品でやろうとすると色ムラが多くなってしまうなど素材の良し悪しがハッキリと出てしまう技術ですが、βチタニウムの物は非常に美しい発色になります。チタンなので錆びることもなく美しい色合いを使い続けることができるので、汗などで錆びやすいステムのトップキャップの部分は特にオススメです。

βチタニウムの製品は今回のスピートプレイのシャフトのようなものは基本的に受注生産でワンオフの特殊なパーツなんかはお時間を頂くことが多いのですが、ステムにも使えるような特に需要が多くて汎用性の高いM5のチタンボルトについては少量であってもできるだけ店頭に在庫しておきたいと思ってます。遠方の方からのお問い合わせも少なくないのでWEBSHOPでもストックしてお買い求めいただけるようにしておきましたので、気になっている方はぜひお試しを!
その他特殊なパーツについても大抵の物は作れてしまうので何かこんなパーツあったらいいな的なことがあればまずはご相談ください!


2016年5月27日

風の歌を聴け!ニールプライド NAZARE ラモーンズスペシャル

RAMONBIKESのデモバイクを組み上げたのでそれの自慢ご紹介をします!

まずはNEILPRYDE(ニールプライド)というメーカーについてご説明します。もともとは1970年創業のニュージーランドの企業でウインドサーフィンのセイル(帆)やマスト(柱)を作っていてその分野ではトップシェアを誇っている会社なのですが、創業者のNeil Prydeの息子であるMike Prydeが熱心なサイクリストであったことから自転車の分野に進出しました。ウインドサーフィンのセイルを支えるマストは30年以上前からカーボン素材が主流でさらにめちゃくちゃしならせて使用するのでカーボン素材に関するノウハウが山ほどありました。加えてウインドサーフィンはセーリングスポーツなのでこれにはおもいっきり空気力学が絡んできます。ニールプライドの機材がどれだけタフでエクストリームな環境で使われているかはこの動画を見れば分かると思います。

「カーボン」と「エアロ」。現代のロードバイクを語る上で欠かせない二大要素をニールプライドはストロングポイントとして自転車分野に参入した時点で持っていました。そんなニールプライドが作り出してきた自転車がデビューからいきなり完成度が高かったもんで自転車業界はビックリ。瞬く間にエアロロードバイクのトップランナーに躍り出て、アメリカのコンチネンタルプロチームのユナイテッドヘルスケアに機材を供給したりトライアスロンの各種大会でタイトルを獲得するなど、世界各国の様々なレースシーンで結果を残しています。

そんな「風」を知り尽くしたニールプライドの中核を担うモデルが「NAZARE(ナザレ)」です。風洞実験を繰り返して生まれたこのフレームはそんじょそこらの「エアロっぽい」フレームと違いあらゆる角度からの風を想定して空気抵抗が最小になるように計算され設計されています。ロードレースからTT・トライアスロンまでこなせるオールラウンドなバイクであり、さらに驚きなのはそのお値段がフレームセットで¥229,800!これだけのスペックのバイクでこの高コストパフォーマンスはちょっと他では考えられないです。

今回はそのNAZAREをRAMONBIKESらしさを感じてもらえるようなデモバイクとして組み上げました。

うわー!めちゃくちゃカッコえー!このまま眺めていたいところですが細部を見ていきましょう。

ホイールはROCKBIKESのパーツブランドであるSIXTH COMPONENTSのカーボンホイール「ZEPHYRUS」です。高剛性な50mmハイトのカーボンクリンチャーリムを使用しており高い加速性能を持っています。ハブの回転も軽くスピードも落ちにくいので見た目の重さに反して軽快に走ることができました。マットブラックで精悍なビジュアルも相まって戦闘的なスタイルにピッタリなホイールです。

コンポーネントは電動アルテグラ。NAZAREのBB規格はPF30なのですがここにはプラクシスワークスのコンバージョンBBをインストール。圧入BBの持病とも言える音鳴りを予防するとともにベアリングのセンター位置もフレーム精度に依存しなくなるのでクランクの回転性能もかなり向上します。

NAZAREはバッテリーマウントがチェーンステー下にあるのですが今回はあえてそこを使わずダウンチューブに内装しています。バッテリーを取り外しできなくなるので充電するときは自転車ごとUSBのそばに持っていく必要があります。バッテリーの取り回しを優先するのであれば外装式バッテリーをチェーンステーにマウントするのをオススメしますがここは見た目重視で内装としました。

リアディレイラーにはカーボンドライジャパンのビッグプーリーを導入しています。チェーンの描くRが緩やかになることで抵抗が減少します。特にアウターローのようなテンションが強くかかる状況で著しい効果を発揮します。

こちらのナンバープレートも同じくカーボンドライジャパン製。積層カーボンの板になっており質感も高く痛チャリのドレスアップパーツとしても面白いです。

ブレーキワイヤーにはアルミピースのアウターケーブルNOKONとナイロン製インナーワイヤーのPOWERCORDZを使用しています。この組み合わせで使うことでインナーとアウターの摩擦を極限まで減らすことができブレーキを引いた時に一切の引っ掛かりを感じることのないまるで油圧式ブレーキのような感触になります。ぜひ一度お店まで来て頂いてこの感触を実際に試してみてください。

ステムの固定ボルトにはβチタニウムの6-4チタンボルトを装着。このチタンボルトは通常の鉄ボルトの2倍以上の引っ張り強度を有しており、ステムクランプ部分に使用することでハンドルに対する締結力を上げ、より剛性感の高いハンドル周りとすることができます。また陽極酸化処理がされており雨や汗を浴びて錆びることはなくいつまでも美しい色合いを保つことができます。

ニールプライドNAZAREラモーンズスペシャルいかがだったでしょうか?特殊なパーツも多く使っておりますが、どれもタダのキワモノパーツではなくしっかりと実用できる高性能なものを選んで組み上げたので、自信をもってオススメできる構成になっています。店頭にて展示して実走もできる状態にしてありますのでぜひ来て見て触って乗ってみてください。きっと面白い発見があると思います!