Close

Monthly Archives: 12月 2017

2017年12月20日

“remix” ネオレトロ配色のススメ:FUJI SL Elite(1)

はい、というわけで今回のリミックスは淡いブルーをメインに、水色のラインとピンク〜パープルのアクセントが眩しいSLができました!

アースカラーとか良いんちゃう?

自然的な優しい色合いはアグレッシブ過ぎるハイエンドロードバイクの雰囲気を一変させてくれます。中身はSUPERアグレッシブなのにね、なんか優しい雰囲気。油断してると噛まれますよ。

まあ、せっかく自由にカラーリング出来るんだから、ハイセンスに配色して目立っちゃおうって感じですね。

*このアースカラーってのは70年代に流行った色とか配色パターン。水や土などをモチーフにした淡い色合いがメイン。数年前にUSモトクロスウェアなどでも大流行しましたが、2017から18春夏にはファッショントレンドカラー入り、女性にもオススメやね。良い雰囲気ね

各部のアクセント、ピンクが効いてます

しかしよく見ると部品構成が・・・

見た目ポップ×中身ハード

しかし構成はかなり本気(。・ω・。)ノ

コンポは軽量で小気味の良い変速が特徴のダブルタップ、スラム『フォース22』。ハンドルとステムはデッドストックの、トムソンロードカーボン&イーストンec90SL。ホイールはロルフプリマの『エランアルファ』、常用OKなワイドアルミリムながら重量1335g台と軽量で、ロルフならではの”速度の伸び”も特徴。合わせるタイヤはIRCの『フォーミュラプロ』をチューブレスで装着。レーシングユースでも申し分無いグリップと軽量さ、転がり抵抗の低さは某プロコンチームのお墨付き。BBはもちろん『ウィッシュボーン』、クイックは質実剛健な『RWSチタンカスタム』と、軽量でカッコイイ『フィルウッド・アルミクイック』を併用。

ちなみに、コレでデュラペダルつけて7kgでした。ヤバ軽!

ハンドルは惜しまれつつも生産を終了したUSトムソンのカーボン、バーテープにはMASHのブルーをチョイス

ステムはごっついイーストンのEC90SLカーボン、デュラルコントロールレバーはSRAM-FORCEダブルタップでキメ!!

軽量かつ確かな制動力を発揮するSRAM FORCEブレーキキャリパー。形状も超絶カッコイイ

シートポストはトムソンのアルミ削り出し、飛行機で有名な某ーイング社の下請けだけあって、精度の高さと剛性は折り紙付き。サドルはアステュートのカーボンレールモデルSKYLITE VT FLUO、ピンクのサドルベースに注目

ブレーキはスタンダードなセンター留め式のリムキャリパー。っつーか話は変わるけど、こういったアングル、曲面の多い部分のカットだと色の綺麗さが良くわかります。深みの有るIceblueが見せる表情の変化がたのしい

クランクはFORCE22の50×34【登り頑張っちゃうぞ仕様】。アウターリングの切り方はスラムならではの面で魅せるデザイン。ペダルはシマノデュラエース、まあコレに関しては鉄板中の鉄板ですね

RDもFORCE。バッチンばっちん入る感覚はダブルタップならではのモノ。つい変速したくなるカンジな

ヨーテクノロジーと言われる特殊な動きをするFD。チェーンを横から押す羽根がヨーイングをする事で、引き量は小さく、しかし確実な変速とチェーンタッチの少なさを両立したシステム。まあ簡単に言うとメッチャイイヨって感じ

スーパーカッコイイRolf PRIMAの軽量アルミホイールELAN α、ステッカーもブルーに変更してやる気バッチリ!

もう何度も何度も言ったけどまだ言います。BBはウイッシュボーンちゃん。安心すぎる

Rolf PRIMAのリアハブは信頼のアルミ削り出し。軽量高剛性なのは当たり前で、一番大事な精度がバッチリ。左右のベアリングをしっかりと保持し、センターも出ているから回る回る!あと注目はノンドライブ側のフランジ。ワイドにするのではなく、ナローながらも高さを出す事で、空力を活かしながらも剛性と左右テンションバランスを適正に保つ

リアにはフィルウッドのオサレ軽量クイック、フロントにはβ Titanium×ラモーンズのスペシャルRWSを装備。シャフト素材を64チタンとし、径も太くした事で、フロントまわりのカッチリ感を大幅アップ。下りコーナーでの安心感が違います

タイヤはIRCのFormula PROをチューブレスで装着!チューブが無いので、ホイール外周の軽量化による回転効率と乗り心地が向上。特にシルキーな走行フィーリングは特筆モノ、パンク時の面倒さはあるものの、一旦使っちゃうと戻れない人多数

サイド後方上よりからのショット。全体のまとまりも良く、オーナーさんの狙った感じが良く出ている印象的なデザインとなりました

ってなわけで、次はアナタの番ですよ。

好きなイメージをカタチにしましょう!

まずは下のサイトにアクセスして、色遊びからスタート。

①トランソニック1 / SL1 / SL3 / ルーベ の4車種中から1台を選ぶ
②エリート/SE/グラデ の3パターンから塗り分けパターンを選ぶ
③適当なサイズをクリックしたら、「BUILD YOUR OWN」というボタンが出てくるので、そこをクリック
④頑張って配色考える
⑤内容が決まったら「ADD TO CART」→「カートを見る」とクリックすると選んだ内容が表示されるので、メモるか、スクショ撮るか、携帯で写真撮るか、まあなんかしてラモーンズにGO!
⑥カラーサンプルで答え合わせ
⑦OKなら注文!
⑧5週間くらいでフレーム届く
⑨最高!

といった流れになります。

Home

あ、ちなみにカスタムカラーペイントはワンオフでの一品モノで、塗る面も曲面の多い自転車フレームですので、画面やカラーパッチとは若干違って見える事が有ります。

また、ペイントフレームは組む前準備として、グロメットや各部品の合わせ面など、塗装を削ったり均したりする繊細で面倒な下処理が絶対に必要ですが、ずいぶん前からカスタムペイントフレームをやってきたラモーンズなら大丈夫!組み上げまで任せていただけるのがベストです。

シーズンオフ中に仕上げるなら今、冬が良いタイミングですよ〜。是非!


2017年12月11日

今週末16〜17(土・日)ラモーンズで トランソニックとルーベ乗れます

はいはいこんばんは

今週末2017年、12月16日(土)、17日(日)の12:00~16:00くらいまで外神田のラモーンズで試乗会やるよ!

今回はこの青×黄色のトランソニック(Mサイズ)あります

フジのエアロロード「トランソニック1.1」と、ミッドグレードエアロロード完成車「トランソニック2.5」が試乗できます。あと、軽量アルミフレームに105を搭載した「ルーベ1.3」もね!

コースはおなじみ

ラモーンズ→妻恋坂のぼる→サッカーミュージアム△サンクスで左折→湯島聖堂前をくだる→なんかメイドカフェとココスのある十字路を左折→ラモーンズ

神田明神様の周りをグルっと1周の【1マイル明神トライライド】

登りあり、下りあり、平坦あり、参道ありと、ロードバイクテストの必要要素がこの1マイルには全て詰まっています多分きっと。高低差16m、全長1.6km(1マイル)の三角形テストライドにGO!!

さて、乗れる車種は以下のとーり

試乗車

FUJI

・TRANSONIC 1.1 / Remix カラーオーダーフレーム/Mサイズ・トップ545mm/e-Tap/OVAL カーボンホイール

・TRANSONIC 2.5 / 完成車/Sサイズ・トップ530mm/105 + OVAL × Plaxis works/OVALアルミホイール

・Roueix 1.3 / 完成車/Sサイズ・トップ530mm/105 + OVAL × Plaxis works/OVALアルミホイール

展示車

FUJI

・TRANSONIC 1.1 / Remix カラーオーダーフレーム/Sサイズ・トップ530mm/アルテグラ × wishbone /Xentis MARK 1 TT カーボンバトンホイール

・SL 1.1 / Remix カラーオーダーフレーム/XSサイズ・トップ515mm / フレームセット

・Roueix 1.3 / 完成車
XXSサイズ・トップ505mm/105 + OVAL × Plaxis works/OVALアルミホイール

・Feather CX+ / 完成車
Sサイズ・トップ540mm/sora + SUGINO

遷音速の極彩色スリケン/ FUJI TRANSONIC x RIMIX

北の地獄から来たわけではない / FUJI ROUBAIX1.3

スマート系シクロ通勤クロス / FUJI Feather CX+

フジ!そう、119周年を間近に燃え上がっているブランドFUJI

来年は【TEAM UKYO】でUCIアジアツアーを戦うSLとTRANSONICですが、今回はなんか色々と大人の事情で、「トランソニック」と「ルーベ」をメインにお届けする謎の試乗会「FUJI TEST RIDE TOUR 2017-2018っぽいアレ」をちょいとやります。

カラーサンプルで色選びも完璧!

なんかもうsl/transonic/roubeixは成約の特典もあるっぽいので是非!

気になったアナタは下記の注意事項を確認のうえ、週末にラモーンズにお越しください!

ラモ

注意事項

・荒天の場合は中止いたします。

身分証明書の提示と誓約書の記載をお願いするため、免許証、パスポート、写真付き社員証または学生証などの公的な身分証明書をお持ちください。(必須)

・試乗資格は高校生以上の年齢の方に限らせていただきます。(あわせて、身長160cm未満の方は乗れるサイズの自転車をご用意出来かねますのでご容赦ください)また、高校生もしくは18歳以下の方の試乗には、保護者の同伴と誓約書への記載が必要です。

ライディングスキルによって試乗車種を限定させていただく場合があります。
(過去にサイクル★ードなどで、全くロードバイク経験の無い方が無理をして最高級モデルを大破させた事例が唸るほどあります。先ず、都心でのテストライドですので、周りに目を配る余裕と自制心が求められる事を自覚願います。当店は資金の潤沢な大手メーカー様や量販店様ではありませんので、こぎ出しで明らかにフラつく、スムーズに漕ぎ出せないなど、危険と判断した場合は乗車をご遠慮いただく事にしております。何卒ご了承ください。

・営業時間に平行して行いますので、作業を優先いたします。状況によっては時間をお待ちいただいたく場合もございますのでご了承ください。

・スカートなどスポーツバイクの試乗に適さない格好の方や、酔っている方試乗時にバッグなどをお預けいただく事に同意出来ない方など、試乗をスタッフの判断でお断りする場合もございますので、ご了承ください。

・バニーホップ・ウイリー・フローティングターンなどアクションライドはその全てを禁止いたします。マジでカンベンして。あと信号無視やめて、お願いだから。

・誓約書にも記載いたしますが、万一、盗難や自損事故などが起き、車両に破損があった場合、車両が無くなった場合は、その全額をご請求させていただきます。また、完全に相手側の過失が原因での事故であった場合は、問題の解決までご協力をお願いいたします。面倒だと思う方は試乗をご遠慮ください。

・貸出ヘルメットは用意しますが、できれば持参してください。

・ペダルはフラットペダル/シマノ / クランクブラザーズの3種類。
他のブランドを愛用の方は持参でお願いします。

・細かいセッティングなどのご注文は受けかねます。

以上、宜しくお願いいたします。


2017年12月8日

“remix” サーチ&デストロイソニック!:FUJI TRANSONIC

注目のカラーオーダーシステム [remix] でオーダーした、フジのトランソニックさんをご紹介!
バックショットが渋すぎる!!

今回、塗り分けのモチーフとしたのは二次大戦時のドイツの戦闘機メッサーシュミット。コレをアイデアのベースとしながらも、カラーアレンジやラインを工夫し、戦闘機然とした空気を演出しながらもオリジナリティの強いカラーリングになりました。

お空を飛ぶメッサーシュミットさんの勇姿、ステキ

代々のメッサーシュミットさん的(斑グレー×フラッシュイエロー)な、グレーベースの「渋いボディカラー」に「鮮やかな暖色系蛍光ライン」の塗り分けという大胆な組み合わせを採用し、渋くて派手なカラーリングを実現。バーテープは迷彩に加え、ボディのストライプラインはアバンギャルドな幾何学柄を加える事で、都市迷彩っぽい感じとかヒネりも加えて完成。うん、良いわコレ。

ボディシェイプはモダンなエアロロードながら、サイドスキンのタイヤやフレームカラーがトラディショナルな雰囲気をも醸す

ベタっとした重い印象になりがちなグレーベースながら、大胆にあしらった発色の良いオレンジの塗り分け部が軽快さを演出する

フロントフォーク内側には塗り分けでFUJIのロゴを、ダウンチューブ下には幾何学模様が入り、どの角度から見ても特徴的

最近のどのエアロロードとも違う、オリジナルな曲線を描くマッシブなボディ

塗り上がったフレームに組み合わせるのは、最新のシマノテクノロジーがガッツリみっちり詰まったレーシングコンポ「アルテグラR8000」シリーズ一式。R9100で大きく基本構造を変更したシマノロードコンポの新基準を完璧に内包して生まれ変わった、新世代のアルテグラでコントロール関連の性能はバッチリ!

コンパクトなブラケット形状でコントローラブルなST-R8000アルテグラSTI。ハンドルとステムはニュートラルな特性のフィジークをチョイス

カッチリ止まると評判のR8000ブレーキ。ダイレクトマウントでさらにストッピングパワー↑

専用のOVALカーボンポストに組み合わされるサドルはフィジークの名作アリオネ

ポストの留めボルトには、高精度で錆びず軽量で引っ張りにも強いβTitaniumの64チタンボルト

新形状なのはアームだけじゃ無い!チェーンリング間のクリアランスなども変更となったR8000アルテクランク。FDもフルモデルチェンジして動きは軽快そのもの。正直ヤバい、良い。

ホイールはラモーンズオススメのROLF PRIMAから、32mmハイトの万能アルミホイール「ヴィガー」をチョイス。Rolf別注のホワイトインダストリー社製ハブとオリジナルのアルミリムを、sapimのCX-Rayでペアスポーク組み。ロルフのホイールは全てが、注文した後にアメリカはオレゴン州のファクトリーで1セットずつ手組されるスペシャルワンです。しっかりとした剛性感を確保しながらも、乗り味はマイルド且つ伸びの良い独特のモノで、高い巡航性能と風の抜けの良さ、そして脚への負担の少なさが特徴。カッチリ系のトランソニックとのマッチングも良好で、巡航が楽しい仕様に!

独自の「ペアスポーク組」が美しいロルフプリマホイール「Vigor」

11-30Tまで対応となったRD-R8000。シャドー化で横への出っ張りが少なく、転倒時にも損傷を最小限に抑える構造

シマノの新型キャリパーシリーズに最適化し、形状の変わったエアロフィン、通称「シッポ」がカワイイテールまわり

アメリカのホワイトインダストリーが高精度に削り出して作るスペシャルハブ。ハイトの高いノンドライブ側フランジと、全く形状の異なるドライブ側フランジがペアスポーク組みの長所を伸ばし、必要強度とホイール剛性を出す工夫のキモとなる

コンパウンドに新炭素素材「グラフェン」を採用して生まれ変わったヴィットリア「コルサ」タイヤ。軽量なだけでなく、雨天でもハイグリップです。柔らかもちもち系が好きな人にもオススメです

BBは当然ウィッシュボーン。似た構造のBBは最近多いですが、精度の高さや交換用ベアリングの用意など、メリットの多さでラモーンズではWishboneの首位は変わらずといった感じ。最高デス

ペダルもアルテ。レースペダルとしては各ファクターのバランスが飛び抜けてますね

冬の間に乗り換えをご検討の方、自分だけのオリジナルカラーでバイクを作るなら自由度の高いFUJIでイキましょう!

ペイントフレームは、組む前の合わせ作業・グロメット受け部などの下処理が肝心!!
今までも散々カスタムペイントをやってきたラモーンズにバッチリお任せください。

あと、FUJI remixは基本的にブラウザでシミュレーションが出来ますが、実際のサンプルでの色合わせもポイント。ラモーンバイクスにはFUJIの特別什器とカラーパッチ(ペイント色見本)が揃ってますので、合わせもしっかり出来て安心です。

まあ気になった方はラモーンズにお越しください。
トランソニックとSL1のカラーオーダーサンプルも用意してお待ちしってまーす!


2017年12月6日

テッテレ走るぜ街乗りサーリーとかステキの巻 / Surly cross*check

はい、というわけで今回はカゴ付きサーリーちゃん

ラモーンズでは”旅バイク”として紹介する事が多い「サーリー/クロスチェック」ですが、カゴつけてセンタースタンドつけて、街乗り仕様にしたらアラかっこいい!良い感じにできました。

肩の力を抜いて街乗りから気楽にバイクライフを初めてもらおうと、イニシャルコストにもランニングコストにも、当然性能にも気をつけて部品を選んで組んだので、結構満足な感じです。

ロード一辺倒なアナタにもオススメ!アップライトな体勢でゆっくり自転車に乗ると、同じ道でも視野が広がりますよ。いっぱい道草しましょう!ほんで近所の買い物にも大活躍!奥様からの評価もアップ間違いなし!かどうかはわかりませんが、とにかくオススメ!

ていうか奥様にどうですか?色もカワイイし、一緒にお出かけしましょ〜ぅ

フレームは小柄な方向けに46サイズ(Top515)

オレンジ色のポップな車体とブラック系パーツの相性は抜群やね

何処に置いても画になります

でっかくて頑丈なカゴ!

シマノSORAで9段変速。街中スイスイ楽ちん仕様

革っぽいステキサドル

ツートーンカラーのスギノが渋いフロントシングル仕様。ペダルは安心の三ヶ島

ロード入門者にも使用されるSORAディレイラーで確実にギアをチェンジ

ブレーキはきっちりしっかり止まるシマノのV

はい、と言うわけで街乗りに最適なクロスチェックさんでした。
まあ、まず壊れませんし、その気になればロードコンポで組み直しても良いので長ーく付き合えます。

今回の仕様、フレームサイズ違いでも色違いでも大体17万くらいで組めますので、気になった方は相談してください。

というか展示と撮影用に組んだこの「46サイズのオレンジちゃん」、現車限り税込み15万円ジャストで販売してます!お早めにどうぞ〜^^