Close

DURA-ACE

2018年6月6日

黒の衝撃!MBK クラブレーサー with 9100 DURA-ACE!!【STAFF BIKE】

(2018/6/6 NEWホイールを導入したので写真の差し替えと追記をしました)

遂にRAMONBIKESに

あの「人気自転車漫画」の!

主人公のライバルのクライマー」が駆る!

フランスブランド」のあのバイクがやって来ました!

ここまで言ったらもうお分かりですよね?

そう!「シャカリキ!」の「ハリス・リボルバー」が駆る「MBK」です!

MBKというブランドを説明しますと、 1923年創業のモトベカンというオートバイの製造をする会社が起源になります。1960年代から自転車の製造を開始しオートバイで培った二輪車製造のノウハウを活かしたバイクは瞬く間にヨーロッパのレースシーンで活躍するようになり、以後母国ツールドフランスでも数多くの勝利を重ねフランスを代表するスポーツバイクメーカーとなりました。現在では母体のモトベカンはヤマハに資本合併されMBKのスポーツバイクは日本の代理店であるサイクルラインズさんが主導となって製造を取り仕切っています。

MBK CLUB-RACER

MBK CLUB-RACER

今回組んだバイクはMBKがヨーロッパを席巻した1980〜1990年代に活躍したクロモリバイク「クラブレーサー」の復刻モデルです。MBKのクロモリに関しては実は完全にMADE IN JAPANで京都のフレームビルダーのもとで設計・製造されておりパイプから製法・ジオメトリーまでとにかくこだわりにこだわり抜いて作られた逸品です。「スチールだから」「復刻版だから」といったノスタルジーで乗るのではなく、現代的な解釈で作られた「戦える」クロモリバイクになっています。正直なところ、これ以上によく走るスチールバイクを他に知りません。

ということで今回のMBKクラブレーサーはデリバリーされたばかりの9100系DURA-ACEを搭載しバリバリの「戦闘機」として組み上げました!
MBKのクロモリは全て下地にメッキ処理された上に塗装がされますが、今回は通常のカラーラインナップにはないブラッククロムでのメッキを依頼。パーツ類も全て黒でまとめてとにかく戦闘機らしい「ブッ殺す」感を演出しました!

9100デュラエースは別の記事でじっくりと紹介したいと思うので、そこ以外の所を見ていきましょう。

ハンドル・ステム・シートポストは全てTHOMSON(トムソン)!軽量・高精度・高剛性で安くはないけど性能を考えたら決して高くない、むしろ安い!アルミ削り出しのボディは所有欲も満たされて非常にコストパフォーマンスに優れたパーツです。自分の私物の自転車にはだいたいトムソンがインストールされているほど常用しています。

ヘッドパーツには当然のCHRIS KING(クリスキング)。BBも合わせてクリスキングにしたいところでしたが、9100デュラエース純正がどんなもんか試してみたいということもあってまずはヘッドだけ。そのうち(たぶん近いうち)BBもクリスキングのなってるような気がします。

バイク自体の特性としては抜群の乗り心地の良さとしっかりとした剛性を持つ加速の良さ、ややクイックさを残しながらもイメージしたライン取りのできる素直なハンドリング、とにかく全てがスムーズで自然な挙動を取るのが特徴の自転車です。スチールバイクとしては軽量に仕上がっていますが、持った重さよりも乗った時の軽快さがインパクト抜群で一踏み目から変な笑いがこみ上げてきます。本当に上質なバイクに乗った時、人は笑ってしまうのだ・・・!

MBKクラブレーサーは基本価格が¥355,000。これにオーダーする内容によってオプション価格が乗っかる形になります。今回の内容ではフォークをMAXフォークに変更、オーバーサイズのパイプを使用し各所に刻印入れ、ブラッククロムのメッキを行い最終的に¥450,000ほどとなりました。これを高いと思うか安いと思うかは人によると思いますが、過去に某イタリアンブランドのスチールバイクを同じような値段で買ったはいいもののそのフレームが全然走らなくて後悔した身の自分としては絶対に走りを重視したMBKを買う方が後悔しないと断言できます。「ホントにそんなに走るの〜?」と思ったそこのあなた!バッチリ試乗もできる状態にしてあるので乗ってみてください。クロモリバイクに対する固定概念が吹き飛びますから!

そんなわけで発売されたばかりの9100系デュラエースと究極のクロモリを体感できるラモーンズスペシャル試乗車が完成しました!これはマジでヤバイぜ!

↓2018/6/6追記↓

RolfのARES3を導入しました。
目的としてはとにかくシチュエーションを選ばずこれさえ履いておけばOKというホイールが欲しくてカンパのBORA ONE35クリンチャーあたりとも悩んだのですが、ARES3がモデルチェンジしてチューブレス対応になったのが決め手となりました。

スペックとしては32mmハイトの前後重量が1365g、ホワイトインダストリーのセラミックハブ仕様でワイドリムのチューブレス対応です。
タイヤはもちろんIRCのフォーミュラープロRBCCの25mmを選択。というかこのタイヤを使うためにホイールを探していました。

で、このARES3とフォーミュラープロの組み合わせがバッチリ決まってとにかく快適そのものの仕上がりとなりました。
まず上りではホイール重量の軽さが活きますし、下りではタイヤのグリップは抜群ですしセラミックベアリングも効果を発揮して足を止めていてもスルスルとスピードが伸びます。転がりの軽やかさとちょっとした悪路でもショックを吸収して跳ね上がりが少ないのでタイヤが地面を蹴り続けてくれて進むので平坦でも速かったです。
全力スプリントという場面では他の高リムハイトのカッチカチホイールには一歩譲るものの、ほぼ全ての場面でパフォーマンスを活かすことのできる高性能ホイールですのでこれはマジで超オススメです。

MBKのクラブレーサーもRolfのARES3もスタッフバイクですので、ご来店前に連絡いただければ店頭に用意して見たり触ったり乗ったりもできるので気になっている方はぜひ!


2018年6月1日

“remix” the Rising Sun:FUJI SL1 × R9150 Di2

今週末には試乗会もやるよのFUJI”SL”!

てなわけで、”remix”で作ったオリジナルカラーの超軽量クライムアタッカー『SL1』をご紹介。

今回のメインカラーは、登りゆく陽光『オレンジ』

ベタ塗りでは無く、薄くパールを散らした塗料を使用しているので、見る角度によって表情が違うとかマジステキ。力強く登っていく太陽のイメージもクライマーにぴったりでイイカンジね。当然、メインカラーを立たせるためにはパーツ群はできる限りモノトーンで締めるのが吉。今回もデュラコンポのブラックが良い仕事してます。性能が良いだけじゃないんですよ、DURA-ACE。コンパクト且つ高品質、各部の仕上げが良いので、ルックス面での性能アップにも役立つって訳ですね。

メインカラーのオレンジが映える事映えること・・

少し角度をつけるとカモラインが効いてきますね

ホイールはレイノルズのATTACK。軽量なフルカーボンでクライマーに人気の逸品

ラインには都市迷彩ライクなモノトーンの幾何学模様を。抜群の発色を誇る明るいメインカラーに対して、力の流れを追うストライプラインが勢いを演出します。てか、カモっぽい柄がオレンジと相まって締まる、ヤバかっこいい。

トップチューブにはSL1の抜き文字

サイドにはホワイトロゴ

フォーク先端にもワンポイント

メインのメーカーロゴもホワイトで落ち着いた印象に

性能面も抜かりなし

コンポーネントはR9150 DURA-ACE Di2。電動シフト+機械式(ワイヤー引き)ブレーキの組み合わせで、レースの世界では一番使われている組み合わせですね。各部品は最高の素材を高精度に組み合わせて作られており、先述の通り高品質・高剛性・軽量かつコンパクトでユースフルと、まあハイエンドと呼ぶにふさわしい性能です。

もう何度も書いていますが、とにかく使いやすくて優しくて 正確で使いやすくて使いやすい電動コンポ。今回はリア変速用のサテライトスイッチを増設しましたが、まだまだいけます。スプリンタースイッチやバーエンドシフターや左右別体サテライトスイッチなど、周辺機器もいっぱいあるので、選び放題ですね。まあ現実的な話だと『DHバーをハンドル上部に増設したとしても、コネクタを空きポートに差し込めばそちらでの変速も即可能』といった感じ。1台で色々やる方なんかは電動のメリットありすぎて困っちゃうんじゃないかな。まあ困りはしないか。

あと軽い。動きが良い。コンパクト。
つまり、握力に自信の無い方、手の小さい方、女性にもオススメって事ですね。

あと、繋ぎ部分はカーボンで統一しました。これ軽いだけじゃないんですよ、振動が和らぐのね、主に硬質な微振動ね。まあ乗り心地が良くなるって感じですね、細かい事はググってください。

シマノのSTIで最もコンパクトな形状。軽く、カッチリとした操作感が特徴のST-R9150。バーテープはSALSAのゲル入りでモッチリポン

中央部近くにはサテライトスイッチを装備、リラックスポジションでもリア変速が可能。最高。ステムとハンドルは、軽く丈夫で振動吸収性にも優れたRITCHEYのカーボンでキメ!無骨なのに優しいとか、あざとい

タッチ最高、効き最高、引き驚軽のステキデュラブレーキ様

ゴッツい見た目に反して軽量デュラクランク

どんどん小さくなっていく電動デュラFDさん。79シリーズとかと比べるとびっくりするよマジで

驚異の変速スピードがウリ、最大30T対応のデュラRD。カセットは地味に人気の高いジュニアギアをチョイス。

サドルもRITCHEYのカーボンレールを採用。シートポストはEASTONのEC90、ココってバットとかも有名ですよね、カーボンバット

ペダルは4面どこでもつかむぞCRANK Brosのエッグビーター3さん。ココのクリートですが、『ニュルッ』と入って、外すときも『ニュルッ』と取れます。タッチが柔らかなので、ロングライドユースや女性にもオススメですよ

「だからこれ以外は入れないって言ってるじゃないですか」のウィッシュボーン様。大好き

クライムパラノイアの皆様に是非オススメ

ってなわけで、登って上ってノボりまくりなかっこよく軽く速くてほんでドヤれるバイクができました。

近年、参加人数が増加の一途を辿っているヒルクライムイベントも、どうせ出るなら目立って楽しんじゃいましょうよ。
貴方だけの一台、FUJI remixのオリジナルカラーバイクでイクシカ!

もーなんつーかステキ


2018年5月18日

“remix” The Platinum Arrow:FUJI TRANSONIC × R9150 Di2

今回のFUJI ”remix”カラーオーダープロダクトは、ホワイトをメインにしたカラーリング。イメージは白金の弓矢、希少性・熟成された特性・そして主張しすぎない美しさから。シンプルにまとまったカラー、正確無比な電動シフト、そしてサイクリストのパフォーマンスを最大限に引き出す落ち着いた操作性と疲れにくいペダリング特性など、成熟した性能と落ち着いた雰囲気が特徴の逸品となりました。

ゴールドライン以外の装飾や、各種ロゴを極力廃した、落ち着いた雰囲気が特徴

各種構成部品をモノトーンで統一した事より引き立つゴールドのライン

クリーンで渋いカラーリングとパーツチョイスに、オーナーのセンスが光る

驚異の信頼性を誇るmade in JAPAN コンビ『SHIMANO R9150 × Pioneer パワーメーター』

コンポには、性格無比な変速を約束する電動変速ユニットと、軽量高剛性な駆動系を組み合わせたシマノのハイエンドグループセットR9150 DURA-ACEを採用。過去のエントリでも散々触れてきたシマノ製品ですのであまり細かくは書きませんが、名実ともにコンポーネントの頂点と言って良いでしょう。軽さ・剛性の高さ・耐久性・操作性・正確性・動作の良さ・精度の高さ・仕上げの良さ等々・・全てが高次元でバランスした傑作。

組み合わせるのはPioneerのパワーメーターと専用サイクルコンピュータからなるペダリングモニターシステム。同システムのウリは「リアルタイムにペダリングを観測・及び記録する」という独自の視点にありますが、個人的に最も注目すべきは「そのデータを記録・解析し、ユーザーにわかりやすく数値化、トレーニングの指標として纏めてくれるソフトウェア」コレの充実度合いにあると思います。最近では各社用意するようになったスマホ向けアプリも公開されており、メニューはもちろん日本語に対応。UCIプロツアーチームも使用していますが、実は日本人サンデーレーサーに優しい仕様と言えるでしょう。

ハンドル・ステムは質実剛健なDEDAの定番Zero100。シャロータイプのハンドルは下ハンを握る深いポジションで本領を発揮

電動シフトにより極限まで贅肉を削った小振りなSTI。トップボタン付きの片方3ボタンシステムは持ち手の位置にかかわらず直感的な操作が可能

ハンドル下にはDi2のBluetoothユニットとジャンクションがスッキリと収まる。ボタンを増やすなどの、構成の変更にも柔軟に対応

軽量(約75g)コンパクトなサイコンはSGX-CA500。リアルタイムでのモニタリングに加え、GPS・Wi-Fi・ANT+を用いて各種センサーとリンク、また左右センサーとサイコンのセット間では大容量の独自規格通信を用いており、混線のリスクも極めて低い

ブレーキはカッチリとしたタッチが特徴のダイレクトマウント式。受け部の精度も高く、センターが出しやすい印象

Rシリーズのダイレクトマウントブレーキは縦の寸法が大きくなったため、フレームエンドのエアロフィン(通称シッポ)は形状が作り直されている

重厚な見た目に反して軽量なクランクには、パイオニアの踏力センサー(歪み計)が装着される。漆塗りをモチーフに漆黒からグラデーションのかかる外観は一目でソレとわかる高級感を醸す

ヒンジ形状の変更とローアジャストボルトの廃止で、更に軽量に薄く、そして高剛性となったFD。羽根形状にも変更が加えられ、変速動作自体も高速化

構造がシャドータイプとなり、完全に生まれ変わったRD。プーリーケージのロング化により、スタンダードで11-30Tのワイドギアにも対応

専用の翼断面形状を持つカーボンシートポストには、Di2バッテリーを内装。担ぐサドルには万能系軽量レーシングサドルの代名詞、セライタリアのSLRをチョイス

純正チェーンガードとWISHBONEが目立つBB周り。本来、シマノクランクの幅に対してベアリングスタンスの狭いBB30やPF30は剛性面で不利な設計だが、フレーム外側にベアリングを配置できてしかもコア部分の大きな空洞をアルミブロックで埋められるWISHBONEなら逆にメリットとなる。もはやBBと言うよりも「軸受けベアリングを装備した精度の高いサブフレーム」ですね

広い踏み面に太いシャフトと高性能なベアリングで、軽量ながら踏力を逃がさないペダルはもちろんDURA-ACE。鉄板

大人のカスタムバイク

緩やかな曲線は弓を、直線は放たれる矢の軌道の様に。優雅な佇まいの中にも確かな強さを秘めた仕上がりとなりました。

カラーリングに関しては、ゴールドという一歩間違えると品を損なう恐れがある強い色を大胆にセンターに配置しながらも、他を徹底的にモノトーンとする事で綺麗に収めています。目の覚めるようなホワイトメインのフレームが良い意味で目を引き、高級なコンポ構成も含めても嫌みの無い、シンプルな高級感を醸し出したアダルトテイストなフィニッシュ。カッコイイの一言ですね。

自分で選んだ好みのカラーリングで、仲間とは一線を画したスペシャルな一台を・・・

できますよ、FUJIのカラーリングオーダーシステム”remix”ならね。

Home


2017年5月31日

NEILPRYDE / NAZARE ltd R9150

 

DESCRIPTION

シリーズ中最もコンフォートなナザーレ、「リミテッド」をR9150でアッセンブル。
ハンドルには特徴的な外観のENVYカーボンエアロハンドル、ブレーキワイヤーにはNOKONとパワーコーズの組み合わせなど、エッジの効いた部品チョイスでカブらない一台に。軽量×高剛性で乗りやすく高速巡航の得意なバイクとなっています。

SPECIFICATION

FRAME:NEILPRYDE NAZARE ltd
COMPONENTS:SHIMANO R-9170 DURA-ACE Di2 fullset
WHEEL:Campagnolo EURUS
HUNDLE:SES AERO ROAD BAR
SADDLE:FIZIK ARIONE

STEM:PRO VIBE 7s
BRAKE-CABLE:NOKON + POWER CORDZ 


2017年3月25日

同調する意思 / SCOTT FOIL vs R9150 Di2

ホワイトを軸に、胴周りのブルーそしてポイントにレッドを加えた『国内限定カラー』の配色がスーパーかっこいいスコット家の2015フォイルさんに、新デュラDi2が装備されたステキムテキ仕様が完成!イメージキャラは当然『今泉くん』。フォイルで40km/hから更に加速するスカしたあんちゃんですねステキ!

ラモーン的には無骨なエアロ形状と上記のカラーから、どうしてもガン★ムを連想してしまうのですがウチのボスは「絶対に違う」と譲らないので正直うzすいませんガ★ダム関係無いです。そう思っただけなんですすいませんすいませんごめs

※ラモーンズはスコットの車両販売はやってません。

 

さて、気を取り直して。

今回はカスタム依頼で最新コンポをセットアップしました!
ラモーンズが用意したのは登場したばかりの新型デュラエースDi2【R9150】、対するはJAPAN LIMITEDカラーに彩られたスコットのエアロロード【FOIL】。

ホワイトを基調としたフレームに漆黒のデュラDi2コンポが絶妙にマッチかっこいい

もう見るからに【走るオーラ全開】のシルエットがステキ不敵かっこいい

こちらのフォイルは電動対応フレームではありませんが、シマノ汎用グロメットとDi2ワイヤー固定テープ、そしてBB下のガイドを”ちょいちょいっ”と加工する事でバッチリスッキリ収まります。

コンパクトで握りやすく、手の小さな方や女性にもオススメなSTI。滑り止めメッシュパターンが入ったブラケットカバーは、一度使うとヤミツキなレベル。

ところで新型のSTI「なんも変わってないやんけ」とお思いのアナタ!実はメッチャ進化してます。

まずは、更に使い易くなったブラケットとレバー形状、そしてブラケットカバーには機械式でお先に登場した『滑り止めのメッシュライン』が。そして、何よりシフトレバーのタッチが全然ちがうものに変化。コレは、変速はスイッチ式ですが、レバーのヒンジ位置を「ブラケット内部・ブレーキレバーの付け根付近」から「ブレーキレバー裏の見えるとこ」まで下げ、更にストロークの調整が入った事でカッチリとしたタッチを実現!芸が細かい!

ヒンジからスイッチまでの距離が近くなりレバーの”たわみ”が少なくなった事で、ダイレクト感がアップ。また、コレによってレバー部の必要剛性が下がって軽量化にも良い影響が出たのではないかと推測されます。シマノすげー!

正確、且つスピーディに変速を行うフロントディレイラー。各部の仕上げの美しさと変速の速さはデュラグレードの特権

シャドー化されて完全に構造が変わったリアディレイラー。スタンダードのプーリーケージが長く、11-30という絶妙なカセットが使えるステキ仕様。当然変速は速く、しかもチェーンの暴れにも強い『特徴全部入り』とかヤバー!

Di2の目的は、レバーを引く「変速アクションという操作動作」を楽にし、「体力消耗時でもしっかりと適切なギア比を選択できるようにサポートする」という事。しかも満を持して投入された『シンクロシフト』機能によって更に操作を単純化!無意識下での負荷までも軽減する超ステキ仕様なのですねマジカ

※ちなみにシンクロとは、「設定時に入力された前後のギア比から、適切なフロント変速タイミングがシステム側で管理され、アップ・ダウン共にリアディレイラーだけを操作していれば、設定ギア比に至った時点で自動でフロント変速(同時に適切なリア変速のフォローも入る)が行われる」システム。つまりは、フロント変速を勝手にやってくれるので、意識しなくても有効なギアを使い切れる訳です。

しかもコレ、ブルートゥースユニットを介してDi2の新しい機能「ワイヤレスセッティング」ができます。つまりは、AndroidもしくはiOSを詰んだスマホかタブレットが有れば、ホイール変更などに伴う使用カセットのギア比設定変更など、出先でいつでもシンクロシフトのセッティングが可能。更には、コースの試走などでフロント変速タイミングの悪い状況があったとしても、その場で変速タイミングを任意で変更出来る!しかも5つまでセッティングデータを端末に補完しておけるオマケ付き!死角がない!!

さらにね、コレ↑を最大限に活かすため、DTIの上部ボタン(デュラのみ)はRDの変速スイッチに割り当てました。ブラケット上部先端のボタンで全ての変速操作が完了してしまうので、ヒルクライムとかには最高過ぎてもう大変ですよマジで。

バッテリーを探せ!総北ステッカーの貼られたゼッケンプレートはCDJのドライカーボン製をチョイス。ちーばくんラバーは珍しい正面からの・・・誰!?

総北高校の校章をあしらったエンドキャップが鎮座。こういうアイテムは気分をアゲるので実はメッチャ大事

ほんで忘れちゃいけない精神チューン。オーナーさんの大好きな作品「弱虫ペダル」のステッカーを貼ったゼッケンプレートや、校章入りエンドキャップなどもしっかり装着!

こういうのメッチャ大事。
だって趣味だもん、好きなモンはのっけられるだけ乗っけたら最高ですよね〜

結構ヒルクライム等のイベントに出ると言う事で、チェーンリングはコンパクトをチョイス。併せてアーム長が長かったので体格に合った長さに変更、回転重視としました。

そんなこんなでヒルクライム&おーちゃくライド仕様のできあがり。
全力で楽しんでくださいね^^

少々コストがかかりますが、デュラエース、そしてDi2の各機能は初心者からレーサーまで、全ての方にオススメです!

一度その恩恵にあずかちゃうと、もう戻れない効果の高さ。新型バッテリーの在庫もありますので、Di2が気になった方、シンクロが気になった電動ユーザーさんは是非ご相談ください!