Close

SURLY

2018年1月16日

ファットバイクカスタムが楽しいの巻/Surly WEDNESDAY

はい、というわけで今回はサーリーのファットバイク【ウェンズデイ】にフォーカス

同じ車種でもジャンルが違う!? 「自分仕様」のススメ

ノーマルでもアクの強いファットバイクですが、オーナーの個性に合わせてカスタマイズする事で更に格好良く、更に使いやすく、そしてやたら目立つ仕様になります。今回は2台の【サーリー/ウェンズデイ】を、違うベクトルでカスタマイズしたら双方かっこよかったので良い例としてご紹介しちゃおうって魂胆ですよまったく。

先に紹介するのは、フロントフォークをにROCKSHOXのサスに換装、走破性を爆アゲして「何処でも、どんな状況でもさらに楽しく走れる」が特徴の、ダートアタッカー風味

フロントサスと幅広ハンドルが「かかってこい感」バリバリでイカツい、けど実は優しい。昭和のヤンキーのような侠気あふれる仕様ね。惚れる

そして、前後キャリアに防水ツーリングバッグを5つ装備したほかは信頼性を重視してノーマル構成とした「悪路をものともせず、長い旅を快適に走る」ためのツアラー仕様。

もう「バッグが走ってる」と言われても仕方ないほど余裕の積載力。しかしその実、安定感抜群でスイスイ進むラリートラック的なパフォーマンスマシン。でも雰囲気はポップな感じなのがイイ

ベースは同じバイクですが、違う目的のためのパーツチョイスで、全く異なる印象になっているのが面白いですね。やりたい事が見つかったら「まずは見た目から」ってのも全然有りでしょ。てか、それっぽいルックスにしたらけっきょく本来の使い方してみたくなりますよ、だって、もうモノがあるんだから 🙂

カスタムを楽しむのが先でも、ライドを楽しむのが先でも、どっちでも大丈夫。
とりあえずやってみたら良いです。部品選びからもう全部、楽しんだもん勝ちってことで。


★サーリーウェンズデイ/ダートアタック仕様

元はリジッドのフロントフォークをROCKSHOXサスペンションフォークに変更

ブルーアルマイトが映えるアルミテーパードハンドルはコントロール性重視。で、エンドカットは最小限に、ステムも極端に短いゴツいヤツを装備

Blackburnのリアキャリアで荷物を積んでのツーリングにも対応しちゃったりする。ハードに攻める時は外しちゃえば良いわけで

フォークはROCKSHOXのFATBIKE専用フォーク【bluto】。余裕のある120mmストロークは路面追従性が高く、また広いタイヤと相まって乗り心地も最高!

15mmスルー×150mmのハブに加え、鍛造アルミのクラウンやマグネシウムロアチューブで剛性を確保。ファットにありがちなフォークのよじれを抑制する

工具無しで調整できるコンプレッションアジャスターが嬉しい

ダウンチューブ下には大型ボトルケージを装備。ベルト留め方式なのでボトル以外にも色々固定できるます、寝袋とか輪行バッグとかそのへん?まあダート走るときはやめといた方がいいかもしれんけど、ついてるだけで良い雰囲気なのでセーフ

荷台にゴムベルトは必需品、バタくさいのが逆にかっこいい。ビールケースとか乗せてもカッコイイ。日常感を出すのがポイント。シレッとね、テキトーなカンジでね

トップキャップはβ×ラモーンズ、ペダルはなんかキラキラしたアレ。広い座面と、滑り止めネジがスニーカーのソールに食い込んで良い感じ。踏み外した時のスネのダメージもイイカンジ

JR貨物。国鉄では無い、もはやダンボーでもない。あと反射板。流行ってるらしい。主に幡ヶ谷あたりで、グギギギ・・・

DHコースとかでも極端なステップダウンとかジャンプとか気をつければ他はかなり安心、無敵モード突入ですよ。ワダチとか気にしないで良いしメッチャ遊べます。

トレイルライドとかもいいですね。登りは少々キツいけど、軽ーいギアでくるくる回していきましょう。もとからホイールベースも長くて安定感があり、足元をあまり気にしないで良いので突然のバンプとかでも対処しやすい。ってか気づいたら乗り越えてるカンジ。らくちん

フットいタイヤなんで雪や砂にも強いから、砂丘や砂浜、雪山と一年中遊べるってわけです。イイネ!

街乗りからエクストリームライドまで、何でも来いって感じですね。

何でも来い!かかってこい!なサス付きファット。最高です


★サーリーウェンズデイ/ワールドツーリング仕様

バッグは全てドイツの防水バッグメーカー【オルトリーブ】で統一。中に空気を入れて口を締めれば浮き袋にもなる驚愕レベルの信頼性が特徴で、ツーリングライダーには圧倒的な支持を受ける鉄板マストアイテム。ガチ旅するなら一択。価格もそんなに高い訳では無いので、マジオススメ

操縦性への悪影響を避けるためフロントバッグは一回り小降りなモノ、カラーは視認性を考え鮮やかなブルーを選択。車との衝突事故は命に関わるので絶対に避けたいが、海外の交通事情は日本ほど甘くはないので「シックに」とか言ってらんない。マジで

必要な荷物は全部積載。写真のオルトリーブバッグ(5個)で総容量73.5ℓとかなりの大容量だが、本番仕様ではこれ以外にもフレームバッグを装着するほか、前後キャリアにテントやシュラフ等のキャンプ用具一式を載せるので、更に荷物マシマシ。全部入り

フロントバッグはワイヤーロック式で様々な形状のステム&ハンドルまわりにしっかりと固定、バックの着脱自体は鍵穴前部の割りから上に引き抜くことで簡単に取り外しが可能。型崩れしないハードケースなので、クッションを入れてカメラやスマホなんか放り込んでも良いかも

不意には開かないマグネット方式の蓋は、走行中にも片手でも簡単オープン。内部にはジッパー付きポケットとカギフックを備えるほか、開口部が大きく開くので使いやすい。すぐに外せるので、貴重品を入れて休憩中は持ち運ぶなどの使用方法がオススメ。こちらも専用の肩紐付きで、ハードケース式カメラバッグの様な使い方も可能

H30xW25xD14cm / 25L(ペア)と十分な容量を持つフロントバッグ【スポーツローラークラシック】。ラインナップの中でも一番シンプルで、頑丈。用途を選ばず長旅に耐える。付属の肩紐も装着でき、バイクを降りても様々な用途で活躍するヘビーデューティさが特徴

リアには更に大型の【バックローラークラシック】H42xW23/32xD17cm 40L(ペア)を装備。片方でも並のバックパックを凌ぐ余裕の収納力が特徴。空の状態ならフロントのバッグがすっぽり入るので、収納時は重ねてしまうとコンパクトに収まる。※各個別に肩紐付属

フロント・リア共に自由度が高く、どんなバイクにも合わせやすいBlackburnのキャリアを装備。※尚、とにかく頑丈なキャリアが必要な場合はNITTOもオススメ

キャリアへのバッグ固定金具/固定→解放 *バッグの取っ手を引っ張るだけでフック下部の金具が開くしくみ。片手で特別な操作を必要とせず脱着出来る。フック内側の樹脂スペーサー(付属)を変える事で、様々なキャリアのパイプ径に合わせる事が可能。スーパーユースフル、マーベラス!的な

ちなみに、ラモーンズではタイタン(代表)がオルトリーブ製品のヘビーユーザーなのですが、7~8年ほど使い倒して未だに現役です。

2013年モンサンミシェルと、荷物満載(約40kg)のタイタン号

7年以上つかってもこんな感じ。ヤベーツヨスギル

とまあ、半端ないコスパですね。旅メインのサイクリストに支持される理由がわかります。中途半端に安いバッグを買うくらいなら、結局はオルトリーブの方が安く済むので絶対オススメ。もうこれだけ有れば良いんじゃないかな

バッグを外すしたリアキャリアの図。スッキリ

最終目標「ファットバイクで大陸横断したい」というオーナーさんの以降に沿って、とりあえずの下地作りとして製作しました。

ファットをベースにするメリットは高い積載性能と走破性、安定感、快適性など。もとより超悪路・悪条件での運用を考えて作られたファットバイクは、そういうの大得意!
まあ少々重かったり、チューブやタイヤなど補修パーツが旅先では少々手に入りづらい事くらいでしょうか。【ウェンズデイ】は、ファットバイクの中では軽い車体なので、重量増に関しては大量の積載荷物の前では誤差みたいなもんですね。ほんで補修パーツもある程度持っていけば良いってカンジですかね。

まあやってみないとわかんないですしね!

ちなみに、メッチャ軽いギアもついてるので、登坂能力は思いのほか高いです。タイヤのグリップの良さもポイント。

ともあれ、まずは一年国内で乗り倒して、慣らしながら問題点を探しつつ出発に向けての準備を開始。前例の少ないファットベースでのロングトリップ、大変なことも多いとは思いますが、頑張って実現してもらいたいですね!


ってなわけで、こちらの2台。どっちもカッコイイでしょ?
本気感のにじみ出るチョイスで迫力が増すんですよね。説得力というか・・

ちなみに双方、相変わらず街乗りも得意ですし、面白さは一切スポイルされていません。目立って走ってかっこいい、しっかり本気のファットバイクならサーリーっしょ。

水色は残念ながらフレームセット少量を残して販売終了しちゃいましたが、アズキとクロの2色で完成車がありますので是非!


2017年12月6日

テッテレ走るぜ街乗りサーリーとかステキの巻 / Surly cross*check

はい、というわけで今回はカゴ付きサーリーちゃん

ラモーンズでは”旅バイク”として紹介する事が多い「サーリー/クロスチェック」ですが、カゴつけてセンタースタンドつけて、街乗り仕様にしたらアラかっこいい!良い感じにできました。

肩の力を抜いて街乗りから気楽にバイクライフを初めてもらおうと、イニシャルコストにもランニングコストにも、当然性能にも気をつけて部品を選んで組んだので、結構満足な感じです。

ロード一辺倒なアナタにもオススメ!アップライトな体勢でゆっくり自転車に乗ると、同じ道でも視野が広がりますよ。いっぱい道草しましょう!ほんで近所の買い物にも大活躍!奥様からの評価もアップ間違いなし!かどうかはわかりませんが、とにかくオススメ!

ていうか奥様にどうですか?色もカワイイし、一緒にお出かけしましょ〜ぅ

フレームは小柄な方向けに46サイズ(Top515)

オレンジ色のポップな車体とブラック系パーツの相性は抜群やね

何処に置いても画になります

でっかくて頑丈なカゴ!

シマノSORAで9段変速。街中スイスイ楽ちん仕様

革っぽいステキサドル

ツートーンカラーのスギノが渋いフロントシングル仕様。ペダルは安心の三ヶ島

ロード入門者にも使用されるSORAディレイラーで確実にギアをチェンジ

ブレーキはきっちりしっかり止まるシマノのV

はい、と言うわけで街乗りに最適なクロスチェックさんでした。
まあ、まず壊れませんし、その気になればロードコンポで組み直しても良いので長ーく付き合えます。

今回の仕様、フレームサイズ違いでも色違いでも大体17万くらいで組めますので、気になった方は相談してください。

というか展示と撮影用に組んだこの「46サイズのオレンジちゃん」、現車限り税込み15万円ジャストで販売してます!お早めにどうぞ〜^^


2017年10月27日

悪天候でも大丈夫!(自転車はね) / SURLY WEDNESDAY

というわけで、サーリーのWEDNESDAYだす

あたらしいカラーはアズキ色と黒、どっちも渋い・・
と言いたいところですが、ぶっといタイヤのおかげでポップでド迫力な外観は変わらずステキですね。

詳細は前のエントリを見てね!
(まあ、サドルのWTBロゴが入ったり、細かいところは違うけどほぼ構成はかわってません。)

太いタイヤは伊達じゃないゼ / SURLY WEDNESDAY

なんかね、上のエントリあげてから、問い合わせが増えたんですよ。ウェンズデイの実車が観たいとおっしゃる。
じゃあいきましょって事で、このアズキ色ちゃんラモーンズに有ります。
とりあえず売れるまでは置いてあるので、気になる方は見に来てください!ウェルカムね。

スライドショーには JavaScript が必要です。

はい、てなわけで無骨さが更に際立つブラックもラインナップしてます。(店には置いてないですごめんなさい)

季節も天候も関係無く遊び倒すならコイツでいくしか!!


2017年7月31日

太いタイヤは伊達じゃないゼ / SURLY WEDNESDAY

アバー!

というわけで、今回はステキムテキなぶっといタイヤで高い走破性を発揮する本気の悪ふざけジャンルFAT BIKEからラモーンズのオススメ車種、

サーリー「ウェンズデイ」をご紹介!

砂浜や雪上をガンガン進むバルーンタイヤとか、なんかノスタルジックなルックスとのアンバランスさとか・・なんかもうウニモグみたいな感じ。キモ可愛カッコイイですね〜。

さて、なんかファットバイクってそのポップな外観からか、ただのおふざけだと思われがちですがよく走ります、ダートでその真価を発揮します。砂浜とかでは実際ムテキですし、ダウンヒルコースとかでも急なステップダウンとか大きすぎるギャップなんかが無ければ大体はイケます。てかオモシロイです。マジで

重心が低くてホイールベースが長いので、安定感抜群!そしてブットいタイヤは、ちょっとくらいの轍(わだち)なら無かった事に!

ちょー楽しいです。ヤバー!

迫力のサイドビュー。26インチホイールですが、タイヤ外周は700Cよりデカい

極太タイヤとシンプルなフレームは相性抜群!

バックビューもインパクト最高!目立ちたいならコレしか!

フロントタイヤが轍を拾っても、広ーいハンドルがなんとかしてくれます

ブラックバーンのペットボトルホルダーで清涼飲料水をそのままホールド!(写真はイメージです。あくまでイメージです)

DMRレーシングのカッコイイペダル。靴底にガッツリ食いつきます

コンポーネントはマウンテンバイクで圧倒的なシェアと支持を誇るSRAMで統一

冗談みたいな構造のリムにまさかのフレンチバルブがステキ過ぎる

細かい説明とかいらんでしょ、観たらわかる典型みたいなバイクですね

以上、ファットバイクはイイゾって事で。

あと、サーリーはちゃんとクロモリ鋼なので軽くて丈夫!
サスペンションはついてないけど、補って余り有る走破性が魅力です。

まあ細かい事はいいから乗りましょう。おすすめです


2017年5月26日

RATROAD “the GREASER” / SURLY STRAGGLER

色々と凝ってたために完成が遅れに遅れ、こないだやっと完成したストラグラーですマジかっこいい(セルフ

ホットロッド・カルチャーへのオマージュ

はい、愛車自慢です。
今回は兼ショップデモバイクとしてカスタムの見本になるべく、気の向くままに製作したストラグラーを紹介します!

ソルトレイクフラッツのボンネビルスピードウィークにてシュートされた、クソかっこいいホットロッド

 

カスタムイメージのベースにしたのはHOTROD(ホットロッド)。
その中でも「外装がサビてボロい車体」をベースに、足回りやエンジン等を綺麗なパーツでカスタムした『ラット』スタイルのホットロッドをイメージ。

元よりラットロッドが大好きなのもありますが、題名にもあるグリーサー(グリースガンやメカニックの事ですが、スラングでは”カークラブのメンバー”ってか不良の事。ポマードで髪型をオールバックにぴっしりキメてのも由来とか)が乗りたがってくれるくらいカッコ良くしたいとか思ってしまったのが始まり。「だったら本気っぽいけど微妙な足回りやビレットパーツ、あとヤレた雰囲気を入れよう。」って感じ。

 

外装のヤレ具合と足周りの美しさのギャップがヤバすぎる1935フォード。もう言葉が出ない、完璧すぎる

ベースフレームはサーリーのディスクロードフレーム「ストラグラー」

ホットロッドと言えばやはりベースはアメ車。
んで、中でもアウトラインにクラシックテイストがしっかり残っていて作り的にも頑丈一辺倒なサーリーから、車種はメカメカしい外観が特徴のディスクブレーキを搭載した「ストラグラー」に決定。

47Cのぶっといタイヤで「サスペンションでもついてんのか!?」って乗り味の超フワフワマッタリ仕様。当然、性能部品も妥協せず選択し、シッティングでトルクを掛けていくとグイグイ進む巡航快適タイプに。お散歩からちょっと長いお散歩、更には悪路を含んだルーティングのエクストリームお散歩までバッチリ対応としました。「つい出かけたくなる感じ」ってヤツね。

 

フレームは深いグリーンをベースにラスティな感じで全塗装

バーテープ・サドル・タイヤサイドをブラウンで統一。メインカラーのグリーンと相性バッチリ

ゴツイ鉄フレームとぶっといタイヤで重そうに見えるが、よく走るのでほぼ気にならない感じ

ダウンチューブにはレタリングでRAMON BIKES(フレームバッグを着けても見えるように、位置は下側にオフセット)

カスタムペイントと部品カラーのチョイスで統一感を

フレームは錆湧いてる田舎のトラックっぽい感じでオーダーペイント。基本緑とオレンジが大好きなので、今回もそんな感じで纏めました。

オレンジが暖色で黄色と赤の間なので、ちょっと色合いがズレても気にしない!って事で、オレンジの他に色入れたい部品はゴールドとブラウンで纏めたらイイ感じになったとさ。

さて、そんなわけで部品選びですが、コンポはなんか知らんけど手元にあったアルテグラと決まっていますので、まずはしなびたSTIブラケットカバー「鮭握り」に変更。もう完全に定番ですが、良いんだから仕方無いでしょ。色は当然オレンジで、バージョンはタッチの良さでソフト。尚、ブラケットを強く握る人やその状態でひねる事が多い人にはハードがお勧めです。合わせるバーテープはSALSAの唐辛子ブラウン。コルク系テープなので握りも良く、タイヤのサイドウォールにバッチリマッチ!

ヘッドセットはクリキンをBBと合わせたゴールドをチョイス。このヘッドセット、弊社代表が大陸横断の旅に出た時に使っていた逸品で、「現地でOHできないから」と、ノーメンテで二大陸横断してノートラブル。「どこまでいけんの?」と、現在もまだバリバリノーメンテで使っているのに動きに問題が無いヤバいヤツです。ちょい高いけどイイヨ!

CinelliのフルカーボンワンピースドロップRAM3もアルテグラSTIもイイ感じ。絶望的に浮くか?と思いきやそんな事は無い

ブラケットカバーは定番の「鮭の握り」、カラーは焼鮭色/バーテープは唐辛子マークがカッコイイSalsaのブラウン

ヘッドパーツはクリキンのゴールド、ライトはバレットを選択。ベルはシンバル型がシブすぎるので採用!ヘッドバッジはナナメにズラしてBOM!ステッカーはキズ防止にもなるんだな〜

ぶっといタイヤ、てかグラベルロードマジでオススメ!

冗談じゃなく「ショボイ段差」とか「道路の継ぎ目」とか無かった事にできます。乗り心地良いだけとちゃう、草むらとかそのまま突っ込んでもオケーな感じ。あと何つーか安心感がスゴイ。コレ重要ね。

ディスクブレーキってのもポイント高いですよね、だって、フレーム規格のキャパシティ内なら、今後700Cのホイールに変えても良いし、650Cでも650Bでも29インチでもイケるってんだから遊びがいが有ります。

レースやヒルクライムとかなら、ニールプライドとか本気ロードの方が絶対速いしむしろ楽ですが、ダラダラ走ったりよくわかんない裏道や脇道にぶっ込んでくのが好きならグラベルロード(GR)が最強でしょ。MTBって選択肢もあるけど、本気ダートを走るってのじゃなければ、で、道中も楽しむなら絶対GRの方が楽です。

シマノXTハブ×DTコンペスポーク×velocityリムの手組ホイール。WTBの650B×47C チューブレスでフワッフワ。チューブレスは入れる時は面倒ですが、走りは最高です。リニア感がスゴイ。フワフワなのによくススムくんヤバー

マウンテンバイク用のXTハブなのでフリーボディはロード11S未対応ですが、キクちゃんとこの削りカセットでまあなんとかなって良かったの巻。変速はスルッスル決まるしマジ純正セット最高

手持ちの部品を上手く使った構成を考える

今回のバイクも緑に塗ってしまいましたが、「よく考えたら前に作ったヤツも緑だったな〜」と思い出し、合わせて見たらピッタリ!ボトルケージとハンドルは昔色塗って作ったヤツをそのまま流用してます。そんな感じで、カスタムを始める際には「自分カラー」を決めておくと、後々何かと得します。というか、部品のチョイスもし易いし、ミックスしても違和感が少なくバランスが取れるんだなコレが。

ちなみに、コンポも余ってたアルテ一式をどう使うかから考えての構成ですので、ブレーキはワイヤー引きのディスクにしました。良いワイヤー使ったから引きも軽いししっかり止まる。安心です。ロードコンポが余ってるかた、グラベルロードがオススメですよ!10sコンポとか、タンスの奥に眠っていたらもったいない!10sとか、チェーンは耐久製あるし、部品は安いし、使い倒すには最適じゃないですかヤダー!!

 

Cinelliのカーボンケージ『HARRY’S』は、メタリックグリーン×オレンジにペイント

クランクブラザーズのクリートペダルが最高過ぎる

先ずなんちゅーかカッコイイ!コレ!
で、他社のSPDと違ってシングルスプリングだから「ヌメッ」っと入る!
MTBをはじめとしたダート系メインのブランドだけあって、丈夫さとクリートをキープする力の強さは折紙付き!クランクブラザーズのペダルはマジ最高です。

まあ僕はダラダライドメインなので片面フラペですが、そっち側も踏み面広くてステキ!初心者にもオススメですよ、コレ。

クランクはアルテグラ、チェーンリングはRIDEAの52-36T楕円リングを装着。±2Tの楕円リングは、ギアの切り替わりもソフトで使い易い。あとペダルが最高!

サドルは絶版になってしまったブラウンのゾンコラン、ポストはNITTOで、キーホルダーはコロナエクストラでキメッキメ

ディスクブレーキはワイヤー引きながら、ワイヤーをデュラのポリマーコートでまとめてイイ感じに!

カセットは11-32Tの楽ちんスーパーワイドで決まり!RDはアルテグラのロングケージ

アルミのビレットボディが美しいテールランプBULLET RIGHTING、夜密は怖いので反対側には安心のファイバーフレアライトの増設も忘れずにね

BBはchriskingさんとこのスレッド24のゴールド、回転も輝きも最高です。てかフレームの錆とのコントラストが良い!

ダウンチューブにお店のなまえ。何処のバイクかよくわからんけど、まあ良いじゃない

よくわかんないけど完成!

そんな感じでなんか出来ました。メッチャお気に入りです。
なんと言っても楽だし、見た目よりよく走るのでダラダラライドに最適ですね。
※ってか、脚のある人が乗れば結構速いんでないかと思う

ちなみに、ストラグラーベースでワイヤーディスク、塗装やカーボンパーツやクリキンなど、高いパーツを避ければ25万くらいでできます。丈夫で楽しくカッコイイ!グラベルロードはスポーツバイク入門から上級者のファンライド用まで、何にでもオススメです!!!

ラモ

オーレンジ!