Close

FUJI

2018年4月21日

ゴールデンウィークはサーリーとジェイミスの試乗会だぜぃ

2018年のゴーーーールデーンウィークは、ラモーンズでオールラウンドバイクの試乗会!

4月28日(土曜日)、29日(日曜日)にはサーリーの新型を。
5月3日(木曜日)、4日(金曜日)には、サーリーに加えてジェイミスも試乗できます!

ともに12:00~16:00くらいまで。
※当日の混雑具合、状況で変更する場合が有ります。お店優先

コースはおなじみ

ラモーンズ→妻恋坂のぼる→サッカーミュージアム△サンクスで左折→湯島聖堂前をくだる→なんかメイドカフェとココスのある十字路を左折→ラモーンズ

神田明神様の周りをグルっと1周の【1マイル明神トライライド】

登りあり、下りあり、平坦あり、参道ありと、ロードバイクテストの必要要素がこの1マイルには全て詰まっています多分きっと。高低差16m、全長1.6km(1マイル)の三角形テストライドにGO!!

さて、乗れる車種は以下の2車種!

試乗車ラインナップ(予定)

SURLY

サーリーからは新型のエントリーツーリングバイク【ブリッジクラブ、Eスルー&フラットマウント構成の新型アドベンチャーロードミッドナイトスペシャル】、Boost規格の29erを装備したリジッドMTB【クランパス】の3種が登場!

・ミッドナイトスペシャル(SRAM RIVAL22完成車 / 50 size / TOP540mm )

・クランパス(SRAM NXフロントシングル完成車 / M size )

・ブリッジクラブ(SRAM GX 2×10完成車 / size M )

アメリカン★クロモリ専門ゆるふわブランド、なんか今年は新型ラッシュのサーリーさんがラモーンズ Try rideに登場!

まずは2月に登場したばかりの新作アドベンチャーロード【ミッドナイトスペシャル】。前後ホイール支持方式をディスクロードトレンドの12mmスルーアクスル×フラットマウントのブレーキキャリパーを採用。ホイール径は650B (27.5inch)とし、タイヤは最初からWTBのHORIZONを装着した豪華仕様!タイヤキャパシティは650×60もしくは700×42までと、フレームのクリアランスも充分!!クロモリのアドベンチャーならコレ!

続いてこちらも新作、4月に登場したツーリングMTB【ブリッジクラブ】が登場!サーリー初のエントリー向け完成車として登場したこのモデル。ホイール支持は10mmQR専用専用ですが、650B+(27.5inch)のタイヤ、各部のキャリア受けダボ穴と、旅仕様のベースとしては十分なスペックを持ったステキバイク!

最後に、サーリーのMTBというと「カラテモンキー」という方も多いと思いますが、ラモーンズがオススメしたいのはこちら【クランパス】。サーリーで一番アグレッシブなホットモデルです。足回りはブースト規格の29erで、キャパは3inchのセミファットまでOK!コンポーネントもSRAMのフロントシングルとトレンドど真ん中構成が光る!フレームは反応性重視の剛性バランスで「乗ってて面白いじゃじゃ馬」さんだぜマジ行くしか・・・・

橋大好き野郎御用達! / SURLY Bridge-Culb

JAMIS

ほんでジェイミスからはおなじみのアドベンチャーロード『レネゲイド』シリーズを色々。

エントリーグレードとしてアルミフレーム【エクスプロールと、クロモリフレームエクスパット、さらにはカーボンフレームで105油圧ブレーキ構成の【エキスパート】の3種をご用意!

・RENEGADE EXPERT(105油圧完成車 / size51 / トップ532mm)

・RENEGADE EXPAT(ティアグラ完成車 / size54 / トップ551mm)

・RENEGADE EXPLORE(SORA完成車 / size48 / トップ517mm)

※エクスプロールのカスタム例はこちら

The EXPLORER*8020 / JAMIS RENEGADE EXPLORE 650B

こちらもアメちゃんのアドベンチャーブランド「ジャミさん」ことジェイミス。ゆるキャンよろしくキャンプツーリングや、ゆったりまったりロングのアドベンチャーライド街乗りまで全部まとめて楽しむのならばココのレネゲイドシリーズは外せません。

今回はアルミの【エクスプロール】と、クロモリの【エクスパット】。どちらも10万円台前半の完成車ながら完成度が高く、私服で乗っても浮かないデザインなので、コスパの良い通勤車をお探しの方にもオススメ!

更に軽さと走行性能を求めるなら、カーボンフレームの【エキスパート】も有ります。メッチャ走るぞ。かっこよく街中を走って、週末はキャンプとか郊外散策とか・・最高じゃないですかヤダー!

 

気になったアナタは下記の注意事項を確認のうえ、週末へGO!

ラモ

注意事項

・荒天の場合は中止いたします。

身分証明書の提示と誓約書の記載をお願いするため、免許証、パスポート、写真付き社員証または学生証などの公的な身分証明書をお持ちください。(必須)

・試乗資格は高校生以上の年齢の方に限らせていただきます。(あわせて、身長160cm未満の方は乗れるサイズの自転車をご用意出来かねますのでご容赦ください)また、高校生もしくは18歳以下の方の試乗には、保護者の同伴と誓約書への記載が必要です。

ライディングスキルによって試乗車種を限定させていただく場合があります。
(過去にサイクル★ードなどで、全くロードバイク経験の無い方が無理をして最高級モデルを大破させた事例が唸るほどあります。先ず、都心でのテストライドですので、周りに目を配る余裕と自制心が求められる事を自覚願います。当店は資金の潤沢な大手メーカー様や量販店様ではありませんので、こぎ出しで明らかにフラつく、スムーズに漕ぎ出せないなど、危険と判断した場合は乗車をご遠慮いただく事にしております。何卒ご了承ください。

・営業時間に平行して行いますので、作業を優先いたします。状況によっては時間をお待ちいただいたく場合もございますのでご了承ください。

・スカートなどスポーツバイクの試乗に適さない格好の方や、酔っている方試乗時にバッグなどをお預けいただく事に同意出来ない方など、試乗をスタッフの判断でお断りする場合もございますので、ご了承ください。

・バニーホップ・ウイリー・フローティングターンなどアクションライドはその全てを禁止いたします。マジでカンベンして。あと信号無視やめて、お願いだから。

・誓約書にも記載いたしますが、万一、盗難や自損事故などが起き、車両に破損があった場合、車両が無くなった場合は、その全額をご請求させていただきます。また、完全に相手側の過失が原因での事故であった場合は、問題の解決までご協力をお願いいたします。面倒だと思う方は試乗をご遠慮ください。

・貸出ヘルメットは用意しますが、できれば持参してください。

・ペダルはフラットペダル/シマノ / クランクブラザーズの3種類。
他のブランドを愛用の方は持参でお願いします。

・細かいセッティングなどのご注文は受けかねます。

以上、宜しくお願いいたします。


2018年3月14日

今週末3/17(土)と18(日)に FUJI とJAMIS の試乗会やるよます

今週末2018年、3月17日(土曜日)12:00~16:00、18日(にち曜日)13:00~17:00くらいまで ※当日の状況で変更する場合が有ります

外神田のラモーンズでFUJIとJAMISの試乗会やります

今回はエントリー 〜 ミッドクラスのバイクが中心。

FUJIからはエアロロード「トランソニック2.5」と、スタンダードロード「SL3.1」クロモリミニベロード「ヘリオンR」

JAMISからはアドベンチャーロード「レネゲード」シリーズのクロモリ「エクスパット」と、アルミの「エクスプロール」が試乗できちゃうよ!

コースはおなじみ

ラモーンズ→妻恋坂のぼる→サッカーミュージアム△サンクスで左折→湯島聖堂前をくだる→なんかメイドカフェとココスのある十字路を左折→ラモーンズ

神田明神様の周りをグルっと1周の【1マイル明神トライライド】

登りあり、下りあり、平坦あり、参道ありと、ロードバイクテストの必要要素がこの1マイルには全て詰まっています多分きっと。高低差16m、全長1.6km(1マイル)の三角形テストライドにGO!!

さて、乗れる車種は以下の2車種!

試乗車ラインナップ(予定)

FUJI

・TRANSONIC 2.5(105完成車 / 52 size / トップ530mm)

FUJIのエアロロード「トランソニック」のミッドグレード2.5。 最初のカーボンバイクにもオススメ

・SL 3.1(アルテグラR8000完成車 / size52 / トップ530mm)

弱点の無いニュートラルさが特徴。クランクがOVALながら、BBとチェーンリングはプラクシスワークスとなにげに豪華な「SL1.3」。それでいてまさかのプライス27万+TAXとかヤバいよね、カスタムベースとしてもオススメ

“remix” シンプルで効果的!グラデってイイよね:FUJI SL3

 

・ヘリオンR(CLARIS完成車 / size52 / トップ505mm)

ちっちゃいクロモリフレームがステキな「ヘリオンR」くん

はい、おなじみとなったフジですね。

[トランニック2.5]は、ミッドグレードの105完成車。ニュートラルな軽量カーボンロード[SL3.1]は、なんとこのプライスR8000アルテ組みとかコスパ最高な感じですね。

あと、なんとなくミニベロ「ヘリオンR」さんを加えてみました。街乗りの足にどーぞん。

JAMIS

・RENEGADE EXPAT(ティアグラ完成車 / 54 size / トップ551mm)

レネゲイドシリーズのクロモリ完成車「エクスパット」。フロントフォークは上位グレードと共通のカーボンを採用、各部にダボ穴もしっかり装備してキャンプツーリングとかもイケる

・RENEGADE EXPLORE(ソラ完成車 / 51 size / トップ534mm)

レネゲイドシリーズのアルミ完成車「エクスプロール」。こちらもフォークは上位共通のカーボン。タイヤクリアランスも大きく、カスタムベースとしても人気◎。頑丈でよく走るので、通勤や通学、キャンプツーリングまで万能

アメちゃんのアドベンチャーブランド「ジャミさん」ことジェイミス。

ゆるキャンよろしくキャンプツーリングや、アドベンチャーライドを楽しむのならばココのレネゲイドシリーズは外せません。

今回はアルミの「エクスプロール」と、クロモリの「エクスパット」をご用意。
どちらも10万円台前半の完成車ながら完成度が高く、私服で乗っても浮かないデザインなので、コスパの良い通勤車をお探しの方にもオススメ。

かっこよく街中を走って、週末はキャンプとか郊外散策とか・・最高じゃないですかヤダー!

 

気になったアナタは下記の注意事項を確認のうえ、週末へGO!

ラモ

注意事項

・荒天の場合は中止いたします。

身分証明書の提示と誓約書の記載をお願いするため、免許証、パスポート、写真付き社員証または学生証などの公的な身分証明書をお持ちください。(必須)

・試乗資格は高校生以上の年齢の方に限らせていただきます。(あわせて、身長160cm未満の方は乗れるサイズの自転車をご用意出来かねますのでご容赦ください)また、高校生もしくは18歳以下の方の試乗には、保護者の同伴と誓約書への記載が必要です。

ライディングスキルによって試乗車種を限定させていただく場合があります。
(過去にサイクル★ードなどで、全くロードバイク経験の無い方が無理をして最高級モデルを大破させた事例が唸るほどあります。先ず、都心でのテストライドですので、周りに目を配る余裕と自制心が求められる事を自覚願います。当店は資金の潤沢な大手メーカー様や量販店様ではありませんので、こぎ出しで明らかにフラつく、スムーズに漕ぎ出せないなど、危険と判断した場合は乗車をご遠慮いただく事にしております。何卒ご了承ください。

・営業時間に平行して行いますので、作業を優先いたします。状況によっては時間をお待ちいただいたく場合もございますのでご了承ください。

・スカートなどスポーツバイクの試乗に適さない格好の方や、酔っている方試乗時にバッグなどをお預けいただく事に同意出来ない方など、試乗をスタッフの判断でお断りする場合もございますので、ご了承ください。

・バニーホップ・ウイリー・フローティングターンなどアクションライドはその全てを禁止いたします。マジでカンベンして。あと信号無視やめて、お願いだから。

・誓約書にも記載いたしますが、万一、盗難や自損事故などが起き、車両に破損があった場合、車両が無くなった場合は、その全額をご請求させていただきます。また、完全に相手側の過失が原因での事故であった場合は、問題の解決までご協力をお願いいたします。面倒だと思う方は試乗をご遠慮ください。

・貸出ヘルメットは用意しますが、できれば持参してください。

・ペダルはフラットペダル/シマノ / クランクブラザーズの3種類。
他のブランドを愛用の方は持参でお願いします。

・細かいセッティングなどのご注文は受けかねます。

以上、宜しくお願いいたします。


2018年3月2日

“remix” シンプルで効果的!グラデってイイよね:FUJI SL3

大胆な色使いが特徴的なSL3、グラデーションも出来ちゃうぜremixハッハー 🙂

絶対カッコイイ鉄板カラー【BLACK × RED】でカラーリング!

というわけで今回は「発色の良いを前面に押し出し、センターから徐々に黒く染まっていく」グラデーションならではの動きと勢いの有るカラーリングパターンを選択。

「目立たせたい部分以外は抑える」という基本原則に則って、フレーム以外の部品はブラックで統一。マットブラックメインの5800/105コンポや、モノトーンのZONDAホイール、またシックな外観のFIZIKで中継部品を揃える事で、フレーム前半分のグロスレッドがこれでもかと自己主張してイイカンジですね。

色は強いのに下品さが無く、シックなのに迫力有り!ヤバー!!

SL1とジオメトリを共有するフレームは、それでも900g台と軽量だぜー

スローピングしたシャープなトップチューブのおかげでシートチューブは短め。ポストもガッツリ出せます

厚く塗られたグロスクリアの光沢が艶めかしい。エロい!

トップチューブ上部のラインもグラデーションしていく仕様、メーカーロゴもブラックアウトで迫力重視に!

コンポ載せ替え&FDをアップグレード

さて、今回のバイクは乗り換えと言うことで前バイクから5800の105をまるっと載せ替えたのですが、フロンディレイラーは構造が変わった[FD-5801]に変更しています。

元がバンド式だったので直付けを買い足す必要があって変えたのですが、動きが全然良くてオススメです。ロングアーチ構造のFD5800からフルモデルチェンジしてるのですが、あんま目立たなくてもったいないよね。あ、新規格のRシリーズクランクにも当然対応しているので、アップグレードにどうぞ!

バーテープは、クッション性高めで長持ちなKABUTO/BT-08の赤ステッチ

真っ黒ボディーがステキな5800ブレーキ

ブラックアウトされたクランク。デザイン上はココが締まらないと全体の輪郭がぼやけるので注意

早くて引きの軽い、新構造のステキFDさん

おなじみの5800RD、11-28Tで使いやすく変速もバッチリ

FIZIKの「スパインコンセプトEVO」

「脊椎の柔軟性」と「骨盤の回転具合い」、そして「体重」と「パワー(出力)」を加味することにより、オススメのサドル形状、座面の大きさを決定するフィッティングシステムです!(ほぼ引用

また、コレによってFIZIKのサドル以外の製品も簡単に選べるって寸法ですよフヘヘ。
ってかまあ各製品の「ライダーの柔軟性の度合いに対応するための目安」が、「スネーク(身体柔い)」「カメレオン(ニュートラル)」「ブル(身体カタい)」の3種類でおおまかに別けられているので、サドルが決まればハンドルもってカンジになるんだなコレが。

調べ方は簡単!【スマホのアプリダウンロードして起動して持ってお辞儀する】だけ。
あとは体重やら平均走行速度やらを入力するとオススメが出てきます。
ココで見栄張ってサバ読むと大変なことになりますので注意!人間、正直が一番ですね。

正直、結局は使ってみないとわからないのですが、製品のオススメ理由がハッキリしているので目安にするにはアリだと思います。まあ製品の詳細は最終的にはお店で聞いてねん。

※ハンドルは同じ製品名でも形状が違うのでわかりやすいですねん、例えばスネークはシャロータイプでブルはコンパクトタイプみたいな。

ステム・ハンドル・ポスト・サドルとFIZIKで統一。ライダーの柔軟性で三種類から 選べる構成が特徴

サドルはFIZIKのVERSUS EVO。センターの凹みラインが特徴的

今回は使いやすいニュートラルな特性を目指してのパーツセレクト。ホイールはカンパニョーロの鉄板「ゾンダ」ちゃん。よく回って頑丈で過度な剛性も無く、万人にお勧めの逸品ですね。BBはプラクシスワークスの合体式BBを選択。ベアリングはステンレススチールで耐久性を重視した仕様に。とは言っても、同じBBでマリノが全日本U23勝ってるので性能はバッチリです。

3×7の21本スポークがカンパの証、G3組さま

フロントはスタンダードにラジアル組。ステッカーがモノトーンになって合わせやすくて良いネ

BBはプラクシスワークスのPF30→シマノコンバーターを使用

はい、というわけで完成しましたFUJI/SL3/remix/BLACK & REDスペシャル!

SLシリーズの特性を一言で表すと「ニュートラル」。構成部品で特性が大きく変わるフレームってカンジですかね?今回は105×ZONDAで組んだため、優しいオールマイティ系バイクになりましたが、軽量部品でヒルクライム特化させても良いし、ハイト高めのホイールで巡航性能上げても良し。剛性の高いハンドルやレースコンポにカーボンチューブラーとかで合わせてアタック用にしても良いかも?

・・・「まあ好きにやろうぜ」って感じですね!

最初のカラーリングシミュレーションはコチラ!

Index

大体決まったらラモーンズに来てください
カラーパッチ見ながら答え合わせ、相談もOK。

いらはーい!


2018年1月28日

Thee Metallic Green Sonic / FUJI TRANSONIC 1.1 remix × R8000

FUJIのカラーオーダーシステム”remix”でオーダーペイントした【トランソニック】デモバイク

メインカラーは”ダークグリーンメタリック”

悪(あく)いカンジね、TMGE最高ですね

ショップのデモバイクと言うことで、今回のテーマは『強い色を使って渋くイカツくキメる』コレです。

ベースとなるのはトランソニック。トラックベースの設計らしい踏み込みにダイレクトに反応する強さを持つエアロロードながら、過去にブエルタで山岳賞カチコんだ実績持ち、それでいて速度の伸び感がわかりやすい謎のオールマイティウエポン。

いくしか!

濃く深いグリーンと艶やかなクリアー層の質感が相まって、トランソニック独特の曲線を強調。目を引く色合いながらも渋く妖しい雰囲気を演出する。まあようするにエロい

FUJIトランソニックはカラーオーダー【remix】対応。好きな色でオーダー出来るよ。

オリジナルカラーフレームで、部品構成に左右されないインパクトを

というわけでベースは【トランソニック】、ベーシックな塗り分けパターンは4種類野中から【SE *】を選択(*Special Edition)。ほんでこのパターン、ストライプラインがガッツリ入ったレーシーなカラーリングで、2018のチーム右京さんのカラーパターンってわけです。*チーム右京さんはヨコハマタイヤがメインスポンサーなので、アドバンカラーですねヤベー!!

まあデモバイクで同じモノ作っても仕方ないので、ラモーンズではスペインの「カハ ルーラル」のチームカラー、「グリーン×ホワイト×ブラック」をイメージして配色する事に。ついでにメインカラーを『ダークグリーンメタリック』にアレンジしたことで、レーシーな【SE】パターンながらも、どこかストリート感を醸すデキになったってわけです。イイカンジやん!

低く構えたスタイルが特徴的。カラーリングは緑以外はモノクロで統一しているので、ガチャついた五月蠅さも無く、シックな雰囲気と迫力を醸す

コンポーネントはシマノのR8000アルテ。尚、写真のホイールはトライアスロンなどで有効な巡航特化のバトンホイール【ゼンティスMARK1】ですが、ロードレースユースなら【コリマ/32S+】とか【SACRA38】あたりを、ロングやトライアスロンに使うなら【ロルフプリマ】とか入れたら最高ですね

最近のエアロロードのセオリーとかガン無視のシルエットが漢らしさ満点。アウトラインだけでトランソニックだとわかるカタチが最高にロックンロール。スリケン!

トップチューブ上面には勢いの有るラインデザイン。一箇所だけバーのカタチが違うのはご愛敬

SEパターンではダウンチューブ下にラインとロゴが。各部に入るストレートなラインのデザインが勢いとスピード感を演出してカッコイイ

性能お墨付き!鉄板の部品構成は、実用メリット目白押し

現状、各社ヒモコンポラインナップのベストバイはこれでしょ、の【Shimano R8000 ULTEGRA】

レーシングロードバイクコンポのリーディングカンパニー「シマノ」の、ハイエンドモデル【デュラエース】シリーズの特徴をほぼ完璧に継承し、使いやすく・トラブルが少なく外観もスマート変速スピードも速くしかも確実、ほんでコストを抑えて、更にはシクロクロッサーや一般ユーザーに嬉しい超低速ギアも用意するなど汎用性も高いと、死角の無い内容はマジで死角が無い。そう、なんか死角が無い

唯一のデメリットは『みんな使ってる』事くらい、まあ単純に性能とコストの比率で選ぶなら残念ながら一択です。ってなわけでインパクト重視の構成にしたい人はフルセットはやめときましょう、カブるから。

え、ウチの試乗車?これは『コストの高騰を抑えつつオールマイティでニュートラルな特性を実現し、誰が乗っても気持ちいい仕様』の提案なんだからいいのです。足元のスリケンはシャレです、ラモジョークね。乗るときは変えます。だって高くて怖いじゃん

6800系から形状変更が加わったSTI。基本構造だけでなく、ブラケットカバーも滑り止め加工がされていたりと色々進化

ゴッツいクランクさんと、変速最高なFD

スタンダードケージでも11-30Tに対応するステキRDさん。ロングケージなら11-34Tまでイケちゃう

しっかり効くぞ!のブレーキ様。剛性アップばっかり言われるけど、実はワイドリムの流行りに合わせてシレッとキャパシティも広がってたりする。先回りして対処とか、有能な会社員のような誠実さ

コンポ以外も堅実なチョイス

ステムとハンドルは【DEDA SUPER-ZERO】をチョイス。その硬さでスプリンターから支持され続けているzero100をエアロにしたような構造のコイツらですが、まずステムは逆台形の様な上面が平らに近いカタチで両端がリブ状に張っており、なんか縦だけじゃ無くネジレにも強くなっています。
ハンドルは翼断面に・・・と言いたいところですが、ガッツリ楕円で薄くなっている場所が無いためか、これまたとんでもない硬さに・・・。

ゴッツいハンドル周りが欲しいスプリンターさんやパワー自慢の方にはオススメのセットですね。まあ見ての通りクッソカッコイイので、エアロロードにはとりあえずオススメのハンドルちゃんです。

シートポストは【OVAL】の専用カーボンポストがついてきます。流行りの1本ボルト固定式では無いので、しっかりサドルが固定出来て安心ですね

ブッコロ感あふれるハンドル周り。気を抜くとやられるスリルに満ちたヤンチャ仕様。でもムチャクチャ頼りになるから結局選んじゃう、ジゴロ風味

オーバル良い仕事してます

BBはいつものアレ

たまには違うのも装着してみようかとも思っちゃう事も希にありますが、BBは結局常にコレ
他社も類似品をどんどんリリースしていますが、精度が悪かったり、ラインナップが少なかったり、値段が高かったり、分解不可だったりとどれも今ひとつ。結局はWISHBONEに戻ってきちゃう感じです。

もう各メーカー純正採用してくれたら良いのに・・・

BBはいつものアレ。フレームにはチェーンキャッチャー標準装備ですが、どうもPF30幅のクランクに位置を合わせているようなので、86.5mm幅のシマノクランクをつける場合は置変えがいるかも

はい、というわけでトランソニックできました。メッチャイイカンジ!

こんな感じで自分だけの1台を作りましょう!まずはカラーリングシミュレーションから。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://www.fujibikes.jp/remix/

色が決まったらラモーンズで答え合わせ。

やはり画面で見たり印刷した色だと、モニターの設定やインクの仕様や紙の質感などで色の風合いが違って見える可能性があるので、実際に塗ったカラーパッチを確認しましょう。

まあ気になったら一度相談に来てください!

答え合わせはラモーンズでカラーパッチを確認しましょう

スリケン!アイエエエ

ちなみにこのデモ車、ホイール抜きで販売します。気になる方はご連絡ください。


2018年1月24日

来週末2/3-4(土・日)に FUJI TEST RIDE TOUR試乗会やるよ

来週末2018年、2月3日-4日(土・日曜日)の両日、12:00~16:00くらいまで外神田のラモーンズでFUJI試乗会やります

エアロロード「トランソニック2.5」と、スーパー軽いヒルクライム「SL1.1」、アルミロード「ルーベ1.3」、アーバンコミューター「ナオミ」が試乗できちゃうよ!

コースはおなじみ

ラモーンズ→妻恋坂のぼる→サッカーミュージアム△サンクスで左折→湯島聖堂前をくだる→なんかメイドカフェとココスのある十字路を左折→ラモーンズ

神田明神様の周りをグルっと1周の【1マイル明神トライライド】

登りあり、下りあり、平坦あり、参道ありと、ロードバイクテストの必要要素がこの1マイルには全て詰まっています多分きっと。高低差16m、全長1.6km(1マイル)の三角形テストライドにGO!!

さて、乗れる車種は以下の2車種!

試乗車ラインナップ(予定)

FUJI

・TRANSONIC 2.5(105完成車 / 52 size / トップ530mm)

トランソニック2.5 / 105完成車

・SL 1.1(SRAM RED組 / size52 / トップ530mm)

SL1.1 std (red/black)

ステルスアタック・オブ・アメリカンニンジャ / FUJI SL-ELITE

・ルーベ1.3(105組 / size46 / トップ505mm)

ルーベさん

北の地獄から来たわけではない / FUJI ROUBAIX1.3

・NAOMI(SORA組 / size54 / トップ545mm)

ポリッシュがクソかっこいいNAOMI

ハイエンドクライムモデル[SL1.1]メッチャ軽量スペシャル以外にも、[トランニック]のミッドグレード105完成車、優しくてよく走るロード入門や女性にも最適な[ルーベ1.3]、名前の謎さが先行して内容があまり知られていないが実は結構本気で作ってあって更に謎が深まる謎のアーバン謎ロード[ナオミ]を試せるこの機会を逃してはイカンでしょ!

カラーオーダーシステム”remix”もあるしイイカンジに好き勝手できるので、是非ご検討ください。

気になったアナタは下記の注意事項を確認のうえ、週末へGO!

ラモ

注意事項

・荒天の場合は中止いたします。

身分証明書の提示と誓約書の記載をお願いするため、免許証、パスポート、写真付き社員証または学生証などの公的な身分証明書をお持ちください。(必須)

・試乗資格は高校生以上の年齢の方に限らせていただきます。(あわせて、身長160cm未満の方は乗れるサイズの自転車をご用意出来かねますのでご容赦ください)また、高校生もしくは18歳以下の方の試乗には、保護者の同伴と誓約書への記載が必要です。

ライディングスキルによって試乗車種を限定させていただく場合があります。
(過去にサイクル★ードなどで、全くロードバイク経験の無い方が無理をして最高級モデルを大破させた事例が唸るほどあります。先ず、都心でのテストライドですので、周りに目を配る余裕と自制心が求められる事を自覚願います。当店は資金の潤沢な大手メーカー様や量販店様ではありませんので、こぎ出しで明らかにフラつく、スムーズに漕ぎ出せないなど、危険と判断した場合は乗車をご遠慮いただく事にしております。何卒ご了承ください。

・営業時間に平行して行いますので、作業を優先いたします。状況によっては時間をお待ちいただいたく場合もございますのでご了承ください。

・スカートなどスポーツバイクの試乗に適さない格好の方や、酔っている方試乗時にバッグなどをお預けいただく事に同意出来ない方など、試乗をスタッフの判断でお断りする場合もございますので、ご了承ください。

・バニーホップ・ウイリー・フローティングターンなどアクションライドはその全てを禁止いたします。マジでカンベンして。あと信号無視やめて、お願いだから。

・誓約書にも記載いたしますが、万一、盗難や自損事故などが起き、車両に破損があった場合、車両が無くなった場合は、その全額をご請求させていただきます。また、完全に相手側の過失が原因での事故であった場合は、問題の解決までご協力をお願いいたします。面倒だと思う方は試乗をご遠慮ください。

・貸出ヘルメットは用意しますが、できれば持参してください。

・ペダルはフラットペダル/シマノ / クランクブラザーズの3種類。
他のブランドを愛用の方は持参でお願いします。

・細かいセッティングなどのご注文は受けかねます。

以上、宜しくお願いいたします。