Close

FUJI

2018年10月19日

(The SL was) just so shocking! /FUJI SL1 remix

はい、というわけで目にも眩しいショッキング★ピンクが鮮烈なremixオーダーカラーのFUJI-SL1をご紹介!!

ブランド&バイクロゴと、単色のベースカラーのみシンプルな塗り分け”Straight”パターン

そうなんです。当初の3パターン(エリート・スペシャルエディション・グラデーション)に加えていつの間にか登場していたのがこの【ストレート】。その名の通り、ストレートにフレームカラー単色×ロゴカラー単色のド直球な組み合わせが楽しめます。

ほんで今回は人気の高いピンク!それも蛍光のショッキングなヤツでキメッキメですよしかし。
アイムアイムオーケーよ!って感じですよ。もう目立つこと、目立つこと!

ほんで例の如く、他の部分はモノクロで締めてフレームのアウトラインを強調してます。ココで更にカラーとか乗せちゃうともうあのアレなカンジですが、良い具合にまとまってホっと一息な感じです。ヤッタネ!

ショッキングでビビットでフローでネオンなピンクが強烈

モノトーンの渋いコンポーネント類がフレームのアウトラインを引き立てる

バーエンドのピンクも良いアクセント

テキトーに写真撮ってたので色が強くて飛びまくってしまいましたが、実際はこの20倍くらいショッキングでフロウかつピンキーキレイピンクですよショック大

まさにショッキング

弱点を探せ!ねーよそんなモン:アルテDi2

今までも散々ご紹介してきましたが、トップボタンが着いて片側3ボタン式になったスーパーデューパーフレキシブルステキレーシングコンポと言えばそう。【シマノ / アルテグラR8050 / Di2】!

ただでさえ評判の良かった電動アルテが【Rシリーズ】として更にイイカンジに進化したこのモデル。

  • 電動ならではの確実で素早い変速
  • 軽量化&小型化された前後ディレイラー
  • 様々な追加ボタンに対応する高い汎用性
  • 小さくて持ちやすいブラケットサイズ
  • 引きやすく軽い操作感のブレーキレバー
  • 押し感が更にわかりやすくなった変速スイッチ
  • 選択肢が増えた前後の対応ギアサイズ

と、簡単に挙げても良い事いっぱいですマジで。

無理してネガティブな点を挙げるとすれば

  • 最軽量モデルでは無い(デュラか、SRAM e-Tap買ってください)
  • 最高級モデルでも無い(デュラか、SRAM e-Tap買ってください)
  • 電池切れたらめんどい(いやまあ電動ですし)
  • 充電するのがめんどい(夜間にケーブル繋いで放置でOKスよ?)

くらい?

・・・うーん

ステムとハンドルは剛性高めなエアロなアロイ【DEDA/SUPER ZERO】

レバーの形状が変わった小振りなSTIは手の小さい人でも操作しやすい安心設計。カラーもドンピシャのバーテープは【SUPACAZ/SUPER STCKY KUSH GALAXY】を。

ステム下には充電口も兼ねたDi2ジャンクションA、そしてサイコンとの連携やスマホでのセッティング時にBluetooth接続を可能にするワイヤレスキットを装着

ちっちゃくなったのに変速スピードが上がったFD-R8050さん

SSショートケージでも11-30Tまでと、ワイドなギア比に対応するRD-R8050さん

ゴッツいアームが男前なクランクFC-R8000さん。リングは52-36Tで色々都合の良い感じに

BBはもちろん【WISHBONE / PF3024】、この辺はワンパターンで良いんですよフィットデータも貯まるし。ただの独立圧入式や謎の製品入れるよりメリットいっぱいですよ

ホイールは【Rolfprima/VIGOR】。足元から引き締めるために、カラーは敢えてのブラックリム×ブラックハブ×ホワイトロゴ。渋い

ペアスポーク組み専用設計の、特徴的な構造を持つWhiteIndustryロルフ別注ハブ。組み合わせるカセットは11-28T

タイヤも北米限定の【Continental/Grand Prix 4-Season BLACK EDITION】でブラックアウト。きっちりグリップ×パンクに強い

オーソドックスなセンター留めのリムブレーキながら、デュラ譲りのストッピングパワーと操作性の良さが光る【BR-R8000】

人を選ぶがフィットしたときの安定感は抜群!コンセプトは医療用品に近い【Selle SMP】社のラインナップから、ナロー系で一番クッションの厚いモデル【glider】

US航空産業からの刺客【THOMSON】の高精度切削アルミシートポスト【Masterpiece】。折れてる訳では無くて、途中で曲げる事でセットバック量を稼いでるんですねコレが

イイネこれ!

ってなわけで、今回もFUJI remixでオーナーの個性が大爆発したSLさんでした!

したっけ、イメージが沸いたらremix特設サイトでシミュレーションだー↓

https://jp-fujiremix.com/home/

ほんでラモーンズで注文。あとは待つのです、だいたい一ヶ月くらいかな。気長にね。

今の愛車から乗せ替えでも一からの製作でもご相談のりまっせ。


2018年8月31日

JAMIS : RENEGADE EXpat (2018 完成車)

DESCRIPTION

レイノルズ520クロモリパイプで組まれたメインフレームに、上位グレード(カーボンレネゲイドシリーズ)譲りの12mmスルーアクスルカーボンフォークを備えたアドベンチャーロード。

前後ディスクブレーキはTRPの両押しキャリパー、コンポーネントはシマノTIAGRAで固めた堅実な内容。細身のパイプフレームはストリートにも映えるので、通勤や通学などにも最適。

完成車価格¥145,000 + TAX

SPECIFICATION

FRAME:Reynolds 520 double-butted chromoly main tubes
FRONT FORK:Jamis Adventure ECO monocoque carbon composite
WHEEL: STD (WTB i23 STP disc rims  Tubeless Compliant , 32H, Formula 12mm front and QR rear)
TIRE: STD (Clement X Plor MSO, 700 x 36c, 30TPI with protection belt)
CRANK:STD (FSA Gossamer MegaExo, 50/34T)
PEDAL: N/A 
HUNDLE:STD (Ritchey Evomax Comp, 6061 aluminum, 73 reach, 120 drop with 12° flare)
STEM: STD (Ritchey 4-Axis 3D forged 6061 alloy, 6°)
SUDDLE:STD (Selle Royal Seta S1 with integrated clip system)
SEATPOST: STD (Ritchey Road, 27.2 x 300mm with cromo seat pin)


2018年7月28日

R8000仕様も出たぞ / ’19 FUJI ROUBAIX 1.1 & 1.5

マットブラックのボディにクロームシルバーのラインとロゴがかっこよすぎる

ラモーンズでも人気の【ルーベ】、2019年ラインナップは以下の3種。

ルーベ1.1  アルテグラ完成車   (マットブラック/クローム ) ¥215,000 + TAX
ルーベ1.3  105完成車       (シルバー/レッド )     ¥159,000 + TAX
ルーベ       フレームセット        (Remixオーダーのみ)     ¥110,000~ + TAX  (*カラー内容でUP有り)

ROUBAIX 1.1  (Matte Black / Chrome)

アルテグラ完成車   (マットブラック/クローム ) ¥215,000 + TAX

ルーベシリーズのハイエンドコンプリートバイク【1.1】

SLシリーズの設計を受け継ぎ、56サイズで約1080g(未塗装)というカーボンバイク並みに軽量に作られたフレームに、FUJIのミッドグレードカーボンバイクに使用されるC10レシオカーボンで形成されたフォークを装備。快適性に加え、反応性も向上したアルミレーサーが【ルーベ】シリーズだ。

1.1は、FD/RD/STI/ブレーキセットをアルテグラR8000。クランクにオーバルコンセプツの上位グレード500(M30・プラクシス規格の30mmスピンドル規格)を装備、BBはプラクシスワークスのPF30 to M30のコンバーターを、チェーンリングもプラクシスの冷間鍛造リングで固めた本気仕様。

エントリーの枠を超えた、戦うアルミフレームロードバイクといった感じ。長く使える高級コンポを装備しているので、ちょっと奮発してロードバイク最初の一台ってのにも良いかも。

ちなみに、FUJI完成車に仕様されるオーバルコンセプツのアルミリムホイール(327/324Disc/527/524Disc)はどれもチューブレスレディなので、チューブレス化で手っ取り早く走行性能をアップさせるってのも超アリ!

マットなブラックのボディと、渋く輝くクロームのラインが好対照でイケてる

コンパクトなR8000のSTI

バンド式のFDもR8000。軽く引けて変速スピードも◎

素早く確実な変速が特徴のRD-R8000。スプロケットはR7000だが、11-30Tとワイドな歯数選択が好印象

カッチリ効くぞBR-R8000。あとゴツい

軸系30mmかつ幅の広いM30規格のクランクOVAL Concepts 500。チェーンリングもプラクシスワークス、剛性バッチリ

ゴッツい合体式BBはプラクシスワークス製。規格はM30

サドルとポストはシャープな形状のOVAL Concepts

クロームシルバーに輝くFUJIロゴ

ホイールはOVAL Conceptsの527

ROUBAIX 1.3 (Silver/Red)

105完成車   (シルバー/レッド ) ¥159,000 + TAX

1.1と共通のフレームにnewシマノ105を装備した【ルーベ1.3】

1.3は、FD/RD/STI/ブレーキセットをついこないだのフルモデルチェンジした105 / R7000に。クランクにオーバルコンセプツのスタンダードグレード300(GXPっぽい感じのアレ・24mmスピンドル規格)を装備、BBはプラクシスワークスのPF30コンバーターを、チェーンリングもプラクシスの冷間鍛造リングで固めたけっこう本気仕様。

105構成で重量8.5kgのアルミロードがこのプライス。ワイヤーの引き込み口の位置とか取り回しとか、各部品の規格とか、イイカンジにクセが無いチョイスでカスタムの幅も広い優等生。走行性能、特性も何でもそつなくこなすタイプなので、幅広くオススメ出来るロードですね。

クローム系のシルバーをベースにレッドのライン。バーテープはエンドが赤の専用品

形状変更で更に使いやすくなった105、ST-R7000

バンド式のFD-R7000

シャドータイプでワイドギアに対応したRD-R7000。カセットは11-30T

上位グレードの形状を継承したブレーキBR-R7000

オーバルコンセプツの300クランク×プラクシスの52-36Tリング

ワイヤー引き込み口の位置もスタンダードでイイカンジ

ウルトラ的なサムシング

ってなわけで、定番のエントリーモデル【ルーベ】ですよ。

ティアグラ仕様が無くなっちゃったので、2019モデルの完成車は105とアルテグラの2車種に。双方プライスに対して装備が豪華、ほんでそこからのカスタマイズもやりやすい構成なので、お好きに選んでねって感じです。Remixでフレームセットからいっちゃうのもアリかもね〜


2018年7月27日

19年のSLは全4種展開 / ’19 FUJI SLシリーズ

ヒルクライム特化と思われがちだが実はオールマイティな特性で人気の高いSLシリーズ。

2019年のラインナップは以下の4種類。

SL 1   リムブレーキ仕様 フレームセット  (マットブラック/レッド *Remix設定有り )
SL 1 disc ディスク仕様 フレームセット   (マットブラック/レッド *Remix未対応 )
SL 2.5     リムブレーキ仕様 105完成車     (マットグレー        *Remix未対応)
SL 3   リムブレーキ仕様 フレームセット (既定カラー無し       *Remix カラーオーダーのみ)

シリーズを通してシェイプは共通、SL1 → C15・SL2 → C10・SL3 → C5と使用するカーボンのミキシングレシオを変えて特性とコストに変化をつけている感じです。(SL1は反応性と軽さ重視、SL3は快適性と頑丈さ重視、SL2はその間)

さて、Rimixはこれまでもさんざん紹介してきた(これからも載せますよ)ので、ココではカラーが固定となるモデル2種をご紹介!

SL2.5 (Gray)

105 (R7000) 完成車 ¥240,000 + TAX

シリーズベストバランスのミッドグレード”SL2″の完成車が登場。
シレッとチューブレスレディホイールだったり、新型になったR7000+プラクシスの構成で変速周りも過不足無く、性格はとにかくニュートラル。使い方を限定しないので、最初のカーボンバイクにもオススメ。カスタムベースとしても有りです、コスパ高いよコレ。

SLシリーズのミッドグレード”2″の完成車が登場

トップチューブ上面にはSLロゴ。シックなグレーカラーにブラックラインが戦闘機チック

BBはプラクシスワークスの合体式PF30コンバートキット、たぶんGXP

クランクはオーバルの300、チェーンリングはプラクシスワークスの冷間鍛造さん52-36T

上位グレード譲りの形状で、剛性が大幅にアップしたR7000ブレーキちゃん。効く

RDも基本構造から一新したシャドータイプに。RD-R7000

位置による引き抵抗の変動を抑え、スライド幅を増やしたFD-R7000さん

STIも握りやすいぞ。新型のST-R7000の助

SL1 DISC (matte BLACK / RED)

ディスクブレーキ専用フレームセット ¥260,000 + TAX

最軽量モデル”SL1″のディスク仕様。前後12mmスルー+フラットマウントディスクと、好評な素性をそのままにトレンドの構成を取り入れた堅実な作りが特徴。
『無理に構成イジって良いとこ無くなった』みたいな落とし穴をうま〜く回避しているのがイイいよね。

そのうちまた試乗会やりたいな〜

あと軽いです。ライトウエイト、ステキ!

基本カラーはリム仕様もディスク仕様もコレ

フロントブレーキホースはフォーク上部から内装

キャリパーが無いのと、剛性バランスの調整のために取っ払われたシートステー上部のブリッジ。スッキリしてカッコイイ

ブレーキは前後共にフラットマウント、ホイール支持方式は12mmのスルーアクスル

いやーFUJI関係無いけどREDのキャリパーイイヨネ。バンジョー式ホースジョイントはスペースの少ない自転車にこそ合ってると思うんだけどな〜もうないんだよな〜

ハイドロ式 e-TAP 最高!! クッソカッコイイ


2018年7月27日

小柄なアナタのための本気エアロロード / FUJI SUPREME 2.3 & 2.5

はいそんなわけで、今年日本デビューの最新モデル【シュープリーム】の登場です

すでに北米のレースシーンでは『チームTIBCOシリコンバレーバンク』ウーマンズ・プロサイクリングチームが使用し活躍しているので、めざといFUJIファンの方は見たことあるのではないでしょうか?

ちなみに僕も注目してましたよ!だって、FUJIのバイクとedcoホイールの組み合わせって言ったら、西園選手が過去に所属していたアジア初のプロコン『チャンピオンシステム プロサイクリング』を彷彿させるじゃないですかヤダー!

2019は2グレードの完成車を用意

さてこの【シュープリーム】ですが、完全新作のエアロシェイプなフルカーボンディスクロード。小柄なライダーに特化したピュアレースマシンといった感じ。

アルテグラのヒモ変速×油圧ブレーキな【シュープリーム2.3】と、105のヒモ変速ヒモブレーキな【シュープリーム2.5】の2車種展開。(同フレームでコンポ違い、カラーリングもそれぞれ専用カラー・フレームセット販売無し)

サイズは3種類で、最小でトップ水平490/リーチ365mmからご用意!

特徴をいくつか挙げると

①ディスクブレーキ専用形状

②女性を主眼に開発された小さなサイズでこそ真価を発揮する設計

③CFD(コンピューターによる流動解析)と風洞実験の併用による空力設計

こんなとこでしょうか?

翼断面形状のシッポ部分をすっぱり切ったような形状『カムテイル』

『優しい』とか一言も言わない当たりがひねくれててイイカンジ。実際に、軽量高剛性な作りは『レースで勝たせるために作った』というシリアスな内容。

しかし、じゃあ使いづらいかというとそんな事は無く。握力の少ない女性でも安心のディスクブレーキ、小柄なサイクリストが操作に専念できるリーチの設定、推進力を殺さず省エネで最大の効率を求めたカムテール形状のエアロシェイプなど。中々に凝った作りとなっています。

あとね、コスパヤバい。

 

シュープリーム2.3(Matte Storm/Silver)

油圧アルテグラ完成車 ¥380,000 + TAX

トレンドの直線基調でリアトライアングルが小さいフレームワーク。マット仕上げの濃いブルーグレーをベースにピンクのラインが柔らかな落ち着いた印象

STIは小振りで握りやすい新型アルテグラ油圧ディスク用

サイドから見ても一時期のトーテムポール感が無いステキシェイプ。この中にマスターシリンダーとか入ってるんだからスゴイよね

ブレーキシステムもR8000系アルテグラで統一。キャリパーはダイレクトマウント、ディスクもロード用で前後140mm系を採用。ホイール支持は前後12mmスルーアクスル

フェード(熱ダレ)やフルード加熱による気泡発生を防ぐ放熱フィンがイカツカッコイイ

リブ(角)が目立つBB受け周り、ネジレに強そう。フレームはPF30規格で、BBはプラクシスワークスのM30コンバートを使用

って事はこのオーバルのクランクは30mm芯でシマノ幅のM30規格っぽい。リングはおなじみのプラクシス冷間鍛造52-36Tの5アーム、変速もバッチリ決まる

RDは機械式アルテグラRD-R8000のSS。カセットは11−28T

すっぱりと後端を切り落とした大胆なカムテール形状が特徴的。シートチューブはタイヤラインに沿ったシェイプで空力を追求している

トップ上面にはピンクのライン、ダウンチューブ上面にはオレンジラインが流れる

ちょっと厚めのサドルが『っぽい』感じ

シュープリーム2.5 (Carbon/Blue)

機械式ディスクブレーキ105完成車 ¥275,000 + TAX

グロスブラックベースで締まった印象の2.5

小振りになり、握りやすくなった新型105のSTI(ST-R7000)

ブラケットカバーには滑り止めの溝が掘られ、レバーも形状変更で握りやすくなっている。バーテープエンドのイエローが鮮烈

ディスクブレーキに対応して間隔が広がったチェーンリングに対応するFD

上位グレードと同じくシャドー方式を採用したRD

形状からしてPF30から24mmに変換するプラクシスBB。ルーベでも採用してたクランク(オーバル300)なので、24スピンドルのGXPエンドであろうと思われる

FUJIユーザーには【ルーベ】シリーズでおなじみのOVAL300クランクとプラクシスチェーンリングの組み合わせ。ギアは52-36T

キャリパーはTRPの機械式両押しタイプ。ローターは6ボルト式で、50サイズのフレームがF/R160、44と47はF160/R140の組み合わせ。ホイール支持は前後12mmスルーアクスル

2.5はブラックフレームにスカイブルーのライン。トップのサイドロゴと各種パーツにはイエローがポイントで入る

 

ってなわけで、アジア人に優しい小柄な方専用本気エアロロードですよ。

『女性を主眼に開発された』って事ですが、言うなればボディサイズで最適なエアロロードが2車種(トランソニック*remixフレームセットのみリムブレーキ・シュープリーム*完成車のみディスクブレーキ)が選べるってわけだから、お好きに選んでねって感じです。よしなに