Close

FUJI

2017年10月13日

遷音速の極彩色スリケン/ FUJI TRANSONIC x RIMIX

FUJIのカスタム・カラーオーダー・システム『リミックス』で、ブルーグラデーションに彩られたトランソニック

はい、というわけで、今回はまさかの創立118年を迎えるジャメリカン・ニンジャ・バイクブランド『FUJI』のオールマイティなエアロロード『トランソニック』さん。2018モデルは各部をブラッシュアップ、外見は変わらないようでいて実はマイナーチェンジした2018年モデル登場!って感じですね。しかもカラーオーダーシステム『リミックス』が復活したとあって、派手なデモ車を借りたのでご紹介します。

※注 デモバイクはすぐに返しちゃいました。ラモーンズでデモ用に発注したヤツは・・・まぁそのうち来ます。

フジのオールマイティ・エアロロード『トランソニック』

トランソニック、日本語で【遷音速/せんおんそく】。辞書で調べると「飛行中の航空機において、機体表面の空気の流れが音速に達している部分と、いまだ達していない亜音速の部分とが混在する速度域」との事。うん、なんかカオスですが「おおよそマッハ1前後」ってなかんじの曖昧な速度域っぽいです。どーゆーこっちゃ?

まあ名前に関しては実にフジっぽいカオスな言い回しですね。

理由?いーんだよ細けーこた「なんか速そうな響き」コレですね 実際速いし!

レースではスペインの強豪プロコンチネンタルチーム「カハ ルーラル」が使用。デビューイヤーの 【2015ブエルタ ア エスパーニャ】で山岳賞を獲得した山登りも得意な謎のオールマイティさが光るエアロロードなんですね。反応の良さと素直なハンドリングが好評で、スプリントライクなショート系トライスロンでも人気の高いモデルです。

『rimix』カラーオーダーで好みのカラーリングに

さて、2018復活の【リミックス】は「トランソニック1.1」の他、「SL1」「SL3」と、アルミロードの「ルーベ 」の4車種が対応(フレームセットのみ)。まずはFUJIのリミックス用特設サイト※11月スタート)にて、車種とカラーリングパターンを選択。そこからサイズや色を選んでシミュレートし、決定した内容を元に店頭で確認と注文が行えるシステムなのですが・・・

塗り分けパターン自体は3種類からの選択になるものの、乗せる色にはスタンダードな色の他に、特殊なカラー(メタリック系やパール、レインボーやパターン。更にはバッテリーでロゴが光るギミックまで多数)が使えるので、選択肢がムチャクチャ多い。相当いろいろできます。ラスタとか、あとラスタとか。
(※日本版は11月スタートですが、ラモーンズでは先に開始している英語版をベースにフライング受付開始してます。ふはー)

あとオプションでロゴも光ります。もうね、ピカピカ

ボトルケージ下に専用のバッテリーを搭載し、点滅で10時間くらいピカピカするらしいです。安全に考慮した素晴らしいアイデアですね。ナイトクリテや夜間練習、ブルベなどで活躍することうけあい。コレが純正で搭載可能、しかもレースユースモデル、カラーオーダーのフレームセットのみのオプションとか、もうね、企画会議中にクサでもキメてたんじゃないかと。最高にフジっぽいセーフティかつファッショナブルなあのアレですね。意味わからんけど面白いのでオススメ!

※実際に夜間走行時に光らせたら安全性高いだろうし、アホっぽいけどコレで速かったらマジでカッコイイちゃうんかと。剛脚のアナタにこそ!

水色から深い青へのグラデーションが目を引くカラーリング。エアロなボディシェイプとも相性抜群

ほぼホリゾンタルなトップチューブと、タイヤを避けるように這うシートステーが個性的

このデモバイクはスラムコンポe-Tap×REDの駆動系にシマノブレーキキャリパーで構成。まあSRAMさんがダイレクトマウントブレーキ出してないからってだけなんですけどね。軽量な無線変速システムとか最高ですね

トップチューブ上面とFUJIロゴは蛍光イエローでがっつり主張

フロントもダイレクトマウント

BBはPF30規格を採用、ドライブ側上面にはチェーンキャッチャーを標準装備する。大きい開口部でワイヤリングや整備などはしやすいが、剛性面やメンテ性のさらなる向上のためにも使用するBBはWishboneなどの合体型が絶対オススメ!

シートステー、チェーンステーはエアロな翼断面形状。リアエンドはスタンダードな構成。あとe-Tapカッコイイ。デンチいい

シートポストはOVALの専用形状カーボンポストを採用

ドライブ側BB上部にチェーンキャッチャーを標準装備

後ブレーキもダイレクトマウント、ブレーキアーチ上部には覆い被さるように尻尾状のフィンが配置される。18モデルは形状が変更され、シマノRシリーズ(9150/8000)でも干渉しなくなった

さてトランソニックですが、前述の通り軽量かつ空力にも優れたオールマイティなレースマシン・・・コレです。Cyclistさんのインプレはこちら

パーツ構成は前後ダイレクトマウントブレーキに、コラムもステムも通常の規格品を採用しているので豊富なアフターマーケットパーツからチョイス出来るのがポイント。あと、個人的に嬉しかったのは、BB上部に標準で装備されたチェーンキャッチャー。コレ、フレーム固定なので、結構強くチェーンに押されてもよくある「固定軸起点に動いちゃってチェーンキャッチ出来ず」って事が起こりにくい。イイネ!

まあそんなわけで、見た目よりずっとユーザーフレンドリーな作り、且つ今回のシマノの最新ブレーキ形状に合わせたマイナーチェンジなど、しっかりと現在のレースパーツトレンドに合わせて進化しているステキバイクなんですね〜。ほんでね、そのうえハイエンドフレームなのに他社のミッドクラスくらいのプライスなうえ、メーカーカラーオーダー対応とか、超絶高コストパフォーマンス。マジ日米富士ヤベーヨヤベーヨ

なんかFUJIってストリートバイクのイメージが強いブランドですが、実はレースバイクも一級品だよてことですね。尚、カラーオーダーは内容確定から1ヶ月ちょいかかるっぽいので、「来期のマシンをお探しの方」は是非。シーズンオフに色遊びして来期はFUJIっちゃいましょう!

好き放題にやらかしたろうじゃないかね!


2017年9月22日

北の地獄から来たわけではない / FUJI ROUBAIX1.3

FUJIのアルミロードバイク『ROUBAIX(ルーベ)』2018モデルがめっちゃ良い感じ!

富士山と石畳(写真はイメージです(雑

名前の由来は石畳の地獄レース「パリ〜ルーベ」

はい、てなわけでルーベですが、名前の由来は『クラシックの女王』とも言われるブッ跳びワンデイレース「パリ〜ルーベ」。石畳区間や未舗装路区間が「これでもか!」と含まれた強烈にサバイバルな内容は、

★晴れると『砂×石畳で、滑って跳ねて壊れてホコリまみれ地獄
★雨だと『泥×石畳で、滑って跳ねて壊れてドロまみれ地獄

という、どっちに転んでもドMにステキなサムシング的何かなんですね。

お賽銭を投げるも近距離から外してはにかむホアキンさん

まあ、ホアキン・ロドリゲス選手も来日時、鎌倉の寺で石畳を見て「ここのは背が低くてずいぶん走りやすそうだな!」とかのたまっていらしたので、向こうのやつは違うんでしょう、サイズとかなんか色々。ね。

さて話は戻りますが、見てる側は盛り上がるので、世界的にもトップクラスの人気レースな訳で知名度は抜群。ほんで、ライダーにも機材にもめっちゃキツいため、ここでのレースで使用する、もしくはこの名(フランスの地名ルーベ)を商品に冠するという事はすなわち『頑丈さ』とか『乗り心地の良さ』に自信のある商品ですよって事になります。そう、少なくとも自転車業界では。たぶん

シマノ105×軽量アルミフレームで超絶コスパな構成

と、いうわけで、15年の長きにわたりFUJIのロードバイク「最初の一台」として、快適な乗り味で人気を博してきた「ルーベさん」ですが、昨年のフルモデルチェンジでフレームのジオメトリを「SL」ベースに変更。フレーム単体重量はカーボンに迫る1080gと超軽量になり、剛性アップと相まって快適性だけでなく、ダッシュ力や転回性も引き上げたわけです。やるやんけ。

というわけで、今回はシマノの105コンポを搭載した完成車上位グレード「ルーベ1.3」。

シンプルなルックス、スタンダードな構成でメンテナンス性◎

スムースウェルディングされた美しいアルミフレームとカーボンフォーク、スッキリシルエット

配色とブラックアウトが上手く、強い色なのに派手すぎない

フレームはチタンを混ぜたアルミ合金『A6-SL』製で軽くてつよーいのが特徴。八角形断面のダウンチューブや扁平形状のトップチューブ&チェーンステーなど、トップモデルで培った技術がしっかりと継承されています。

あと、ワイヤーは内装式ながらも変に引っかかったり、引きが重くなったりしづらい無理のない取り回しになってるのもポイント高。ここの設計がテキトーだと、すぐにワイヤーのアウターが割れたり折れたりして問題を起こします。が、ルーベさんは大丈夫。ステキ

ステム、ハンドルはOVAL。105のSTIは握りやすい形状で、確実な変速とブレーキ操作をサポーツする

OVALのクランク×Praxis worksのBB&チェーンリング(まさかの52-36)で、剛性も変速性能もバッチリ

カセットは11-28T、リアディレイラーは105のショートケージとやる気十分

前後ともにスタンダードなキャリパー式リムブレーキを採用。銘柄はShimano 105

コンポーネントは基本構成が105のセットで、2×11速のレーシンググレード。ちなみに、BBとクランクはシマノでは無いものの、プラクシスのBBとチェーンリングが最初からついてくるので性能面は申し分無く、見た目もゴツくて良い感じ。

今後のカスタムやグレードアップもしやすいので、まずは乗ってみて使い方は後から決めるってのもアリなんじゃないかと。レース一辺倒じゃなくてもロードバイクって面白いですから。

サドルとポストもOVALのアルミで統一

ホイールはOVALの『327』コレ、まさかのチューブレスレディ。少々重いけど遊べそう

タイヤはヴィットリアザフィーロ

さて、こんな感じでオールマイティな『FUJI ROUBAIX1.3』。

カラーはこのレッドの他、同じパターンで「マットブラック×赤ロゴ×赤ライン」と「マットブラック×灰ロゴ×黄ライン」の計3種類。また、カラーオーダー対応のフレームセット販売も有ります。

「105の11速構成でロード始めたい!コスパ良いやつくれ」って方は是非、ご相談ください 🙂

上から。イエローのワンポイントがメチャ効いてる

速くて丈夫で快適なアルミロード。通勤快速としても良いかも?


2017年7月13日

ステルスアタック・オブ・アメリカンニンジャ / FUJI SL-ELITE

…日本発祥の伝統的メーカながら、アメリカに渡り独自の進化を遂げた謎のスーパーステキネームド『フジ』ブランドからのワンマン・クロフネ。得も言われぬ迫力と高い性能を秘めたこのハイエンドロードフレームは、まさに里帰り系アメリカンニンジャだ。

登り坂で背後に忍び寄る影、ニンジャナンデ!?アイエエエエエ!!
それはステルス・アタッカー『フジ エスエルエリート 』であった!

真横からのビューではチェーンとスプロケ以外ほぼ全てをブラックアウト

カラーネームの「アヴァンギャルド」を象徴するモザイク模様がキュビっててステキズム

衝撃を分散しつつ強度を保つ楕円断面シートステーと、パイプ内に強化リブを持つ日の字断面構造(RIB)のフロントフォーク

と、いうわけで、今回は『FUJI SL-ELITE』を新デュラ×レーゼロナイトで組んだのでご紹介。

こちら、2011年のブエルタ・ア・エスパーニャを制した名車『アルタミラ』をご先祖に持つ、メーカー公称値695g(付属品除くフレームのみ)の超軽量フレームなんですが、

軽いだけじゃなくて反応性抜群、でカッチリシャープに仕上がっているピュアレーシングスタイルが特徴なんですよマジで。

CAJA RURAL – SEGUROS RGA のチームカラーにペイントされたSL。てかサイズがやたらデカい!緑もステキ!

ちなみに、アルタミラ比で重量は19%とか削減しているのにもかかわらず、各部の剛性は9~18%アップ。そんなん言われても実感湧きませんが兎に角、軽いだけじゃない、勝つためのコンペモデルとしてカッチリ仕上げてきたって事です。高反応に割り切った潔い作りが好印象!

実際、スペインの強豪プロコンチネンタルチーム『カハルラル・セグロスエレヘアー』が使用して世界各地で大暴れ。ハイレベルなレース現場、最前線でのデータ収集ができているので、走行性能に関しては折り紙付きってとこですかね。

個人的には来年モデルでカハルラルチームカラーが出る事を本気で祈ってます。塗料分重くなってもいいので、マジでカッコイイので。イヤホントオネガイシマス フジ=サン

ホイールはフルクラム・レーシングゼロNITE でカッチリ

さらに βチタニウム × DT swiss RWS で剛性アップ。フタもシャフト同色のマジョーラをBOMB

足まわりもシャキーン!っと高剛性に、反応性を重視

これでもか!と剛性アップです。
回転と反応の良さに定評の有るフルクラムのミッレ「レーシングゼロ ナイト」。固定するのはDTスイスの「RWS」にβチタニウムのシャフトを組み込んだスペシャル。ただでさえカッチリリム×アルミスポークでマッシブなレーゼロを、βRWSで更に堅めてセット。※写真のタイヤはとりあえずですね、とりあえず。本番はコンチ「GP4000S2」とか、IRC「Formulaチューブレス」辺りを入れたいところ・・・もしくはヒルクライム会場でムチャクチャ人気のコンチのスーパーソニ子で軽量化とか・・悩みます

ワイヤー式としては異次元のシフトフィールを体感出来るST-R9100。バーテープはグリップ力の高いフィジーク

引きのフィーリングが絶妙なキャリパー。シューのフネを留めるボルト&ナットもβチタニウム

チェーンステー付け根とクランクアームの太さがほぼツライチっぽく見える・・・まさにゴンブト

軽いのに各部の幅が広くて高剛性、トルク変動の少ない動きが感動モノのFD

シャドー化でチェーン暴れを抑えつつ11-30Tまで対応のデュラエースRD-R9100

何度も言うけどワイヤー引きコンポの最高峰、『R9100』で死角無し

もうクドいから詳細はココで!!

BBはもう1択でしょ。WISHBONEのPF3024でフレームコア部の剛性と回転効率を底上げ。全て合体式にしましょう。あわせて、左クランクの留めボルトもβチタニウムで強化&軽量化&ドレスアップ!

ステム、ハンドルもフィジークで統一。トルクスのボルトはβチタニウムに変更して軽量×高剛性にブーストをかけた感じ

BBはお馴染み合体式、クランクボルトなど各部にβチタニウムボルトを採用

最近の軽量フレームのトレンドに従ってか、このSL ELITEもBB受けの口径が大きく、そして腹下にワイヤーを通しガイド受けを設置するための大穴が開いている「お口大きめ構造」。そのためBBの選択如何でフレーム剛性自体が大きく変わります。まあ、ここはWISHBONE一択でしょう。フレームに対して左右から加わる力をBB自体で受けてくれるアルミ削り出しの合体構造は、このフレームのベストチョイスだと思います。わりと真剣にね。

あとはβチタニウムもいっぱい投入!トップキャップを始め、ステムボルトとか左クランクボルトとかキャリパーシューのフネを留めるボルトとか。特にステム周りは剛性アップの他にドレスアップとしてもわかりやすく、またトルクスネジを使ってる場合には整備性も上がります。左クランクの留めボルト(ヘッドサイズが特殊)は最近出た新商品ですが、コレはJPTの選手からの「ネジへの負荷でピッチが変わって受け部をナメるから対策がしたい」という要望に答えて作ったモノです。変形限界が高く弾性の有る「転造64チタンボルト」ならではの変形の少なさで、受け側(クランク側ナット部)にも優しいステキグッズですね。

パワーメーターは、付け替え簡単で左右独立計測が可能なガーミンちゃん。シマノシャフトにも対応

最近は一般的になってきたものの、「取り扱いの難しい製品」という印象がぬぐい切れないパワーメーター。取り付けの手間が極端に楽なのが、このガーミン 「ベクター2J」ですね。ペダルとしてつけるだけ。左右の踏力比も出るので、たいていの事はできます。スゴイネ!

結論 ニンジャステキ

名店の冷やし中華の上に乗ってる水菜並みにシャキシャキで気持ち良い!反応の鋭さが印象的でした。

レーシーなヒルクライムバイクを組みたいならSL ELITEは選択肢に入れるべきでしょう。フレームセットだけの販売ですが、他社のハイエンドフレームに比べて圧倒的にコスパが良いので、その分、部品にコストをかけられるのが特徴ですね。

あとは、フレーム内部などの仕上げが良かったのも好印象。正直、アルタミラは組む際に細部の作りの荒さが気になっていましたが、SLではキッチリ改善されてスムースな内壁がイイ感じ。構成上のジョイント部を減らし、カーボン成形跡のシワやヒダを極力残さないようにする事で、フレーム重量を削り、公差を減らし、剛性の向上にも寄与しているって感じ。

オーナーも少ないしもっと評価されても良いと思うのですよ・・・17モデルはメーカー在庫もすでに極小なので、まずはラモーンズで相談だ!


2017年6月30日

FUJIめました

(FUJIの取り扱いをはじめましたので無理することはないけどイケてるからできればみんな買ってねの略)

なんでFUJIを取り扱うことになったかというと

カッコよかったからです!

FUJIのカタログ! #ramonbikes #fujibikes #日米富士自転車

RAMON BIKESさん(@ramon_bikes)がシェアした投稿 –

FUJIがどんなブランドか説明しますと、1899年創業の日米商店というのが発祥でした。
これはアメリカの商品を輸入販売する会社だったのですが、自転車を輸入するようになり
やがて自転車を製造するようになり、「日米富士自転車」という会社になったり
その後色々ゴタゴタ大人の事情でアメリカの会社となり現在のFUJIブランドになりました。

FUJIといえばピストブームの一翼を担った「フェザー」なんかが有名でしょうか。
安くて丈夫でカッコイイ、これで自転車をはじめたなんて人も多いんじゃないでしょうか。

他にはアルミフレームながらもエアロを取り入れた「バラクーダ」も好きなバイクでした。

やっぱりバラクーダかっこいいなー❗️ #ramonbikes #fujibikes #baracuda #continentaltire

RAMON BIKESさん(@ramon_bikes)がシェアした投稿 –

と、まあこんな感じでFUJIのバイクは中々挑戦的でカッコイイものが多くて以前から好きなブランドだったので、取扱いを始めることにしました。

そんな訳で早速何台かFUJIのバイクが入荷したので見ていきましょう。

クロモリのビンテージスタイルなロードバイク「BALLAD(バラッド) R」です。
FUJIのラインナップは大まかにレーシングコレクションとライススタイルコレクションに分かれていますが、こちらは後者のライフスタイルの方。
Wレバーの変速にクイルステム、シルバーリムにスキンサイドのタイヤとクラシックスタイルど真ん中な街乗りロードバイクです。
価格も¥85,000(税別)でこなれていますし、競技としてガッツリ乗るつもりはないけどかっこいい自転車で移動したい!なんて人にピッタリのバイクです。

もう一台はレーシングコレクションからアルミロードの「ROUBAIX(ルーベ) 1.5」です。
FUJIのルーベシリーズはアルミロードの定番として息の長いモデルだなーと思ってたら今年で15年目で現在のFUJIのラインナップの中では最古参のシリーズになるそうです。
しかし当然ながら長年モデルチェンジを続けてブラッシュアップされていて今年のモデルではフラグシップモデルのSLと同じジオメトリーを採用し、アルミパイプの素材や肉厚も変更してフレームの重量は1080g!アルミフレームの反応の良さにしなやかさを兼ね備えたオールラウンドなモデルになっています。このルーベ1.5はTiagra10速仕様のモデルながらもBBとチェーンリングにPraxisWorksのパーツをアセンブルしてある良心仕様。BBの音鳴り対策やスムーズなフロント変速にかなり寄与してくれています。
この仕様で¥135,000(税別)なのでゆくゆくはレースやイベントに出たいと思っているビギナーの最初の1台にはもってこいのモデルです。

FUJIのバイクはスタイリッシュでストリート向けのブランドと思われがちですが、その一方でレーシングモデルではブエルタも以前に獲っていますし、今だとスペインのプロコンのカハルラルに機材提供していてこっちもかなり調子がいいです。なので見た目だけじゃない、スタイルと走りを両立した良いバイクを送り出すブランドなので「ただカッコイイだけ」「ただ速いだけ」のバイクじゃ物足りない欲張りさんにこそオススメしたいブランドです!あと安いよ!

FUJI Official HP