Close

Monthly Archives: 10月 2018

2018年10月19日

(The SL was) just so shocking! /FUJI SL1 remix

はい、というわけで目にも眩しいショッキング★ピンクが鮮烈なremixオーダーカラーのFUJI-SL1をご紹介!!

ブランド&バイクロゴと、単色のベースカラーのみシンプルな塗り分け”Straight”パターン

そうなんです。当初の3パターン(エリート・スペシャルエディション・グラデーション)に加えていつの間にか登場していたのがこの【ストレート】。その名の通り、ストレートにフレームカラー単色×ロゴカラー単色のド直球な組み合わせが楽しめます。

ほんで今回は人気の高いピンク!それも蛍光のショッキングなヤツでキメッキメですよしかし。
アイムアイムオーケーよ!って感じですよ。もう目立つこと、目立つこと!

ほんで例の如く、他の部分はモノクロで締めてフレームのアウトラインを強調してます。ココで更にカラーとか乗せちゃうともうあのアレなカンジですが、良い具合にまとまってホっと一息な感じです。ヤッタネ!

ショッキングでビビットでフローでネオンなピンクが強烈

モノトーンの渋いコンポーネント類がフレームのアウトラインを引き立てる

バーエンドのピンクも良いアクセント

テキトーに写真撮ってたので色が強くて飛びまくってしまいましたが、実際はこの20倍くらいショッキングでフロウかつピンキーキレイピンクですよショック大

まさにショッキング

弱点を探せ!ねーよそんなモン:アルテDi2

今までも散々ご紹介してきましたが、トップボタンが着いて片側3ボタン式になったスーパーデューパーフレキシブルステキレーシングコンポと言えばそう。【シマノ / アルテグラR8050 / Di2】!

ただでさえ評判の良かった電動アルテが【Rシリーズ】として更にイイカンジに進化したこのモデル。

  • 電動ならではの確実で素早い変速
  • 軽量化&小型化された前後ディレイラー
  • 様々な追加ボタンに対応する高い汎用性
  • 小さくて持ちやすいブラケットサイズ
  • 引きやすく軽い操作感のブレーキレバー
  • 押し感が更にわかりやすくなった変速スイッチ
  • 選択肢が増えた前後の対応ギアサイズ

と、簡単に挙げても良い事いっぱいですマジで。

無理してネガティブな点を挙げるとすれば

  • 最軽量モデルでは無い(デュラか、SRAM e-Tap買ってください)
  • 最高級モデルでも無い(デュラか、SRAM e-Tap買ってください)
  • 電池切れたらめんどい(いやまあ電動ですし)
  • 充電するのがめんどい(夜間にケーブル繋いで放置でOKスよ?)

くらい?

・・・うーん

ステムとハンドルは剛性高めなエアロなアロイ【DEDA/SUPER ZERO】

レバーの形状が変わった小振りなSTIは手の小さい人でも操作しやすい安心設計。カラーもドンピシャのバーテープは【SUPACAZ/SUPER STCKY KUSH GALAXY】を。

ステム下には充電口も兼ねたDi2ジャンクションA、そしてサイコンとの連携やスマホでのセッティング時にBluetooth接続を可能にするワイヤレスキットを装着

ちっちゃくなったのに変速スピードが上がったFD-R8050さん

SSショートケージでも11-30Tまでと、ワイドなギア比に対応するRD-R8050さん

ゴッツいアームが男前なクランクFC-R8000さん。リングは52-36Tで色々都合の良い感じに

BBはもちろん【WISHBONE / PF3024】、この辺はワンパターンで良いんですよフィットデータも貯まるし。ただの独立圧入式や謎の製品入れるよりメリットいっぱいですよ

ホイールは【Rolfprima/VIGOR】。足元から引き締めるために、カラーは敢えてのブラックリム×ブラックハブ×ホワイトロゴ。渋い

ペアスポーク組み専用設計の、特徴的な構造を持つWhiteIndustryロルフ別注ハブ。組み合わせるカセットは11-28T

タイヤも北米限定の【Continental/Grand Prix 4-Season BLACK EDITION】でブラックアウト。きっちりグリップ×パンクに強い

オーソドックスなセンター留めのリムブレーキながら、デュラ譲りのストッピングパワーと操作性の良さが光る【BR-R8000】

人を選ぶがフィットしたときの安定感は抜群!コンセプトは医療用品に近い【Selle SMP】社のラインナップから、ナロー系で一番クッションの厚いモデル【glider】

US航空産業からの刺客【THOMSON】の高精度切削アルミシートポスト【Masterpiece】。折れてる訳では無くて、途中で曲げる事でセットバック量を稼いでるんですねコレが

イイネこれ!

ってなわけで、今回もFUJI remixでオーナーの個性が大爆発したSLさんでした!

したっけ、イメージが沸いたらremix特設サイトでシミュレーションだー↓

https://jp-fujiremix.com/home/

ほんでラモーンズで注文。あとは待つのです、だいたい一ヶ月くらいかな。気長にね。

今の愛車から乗せ替えでも一からの製作でもご相談のりまっせ。


2018年10月12日

整備しよーよ

秋ですね、だんだん涼しくなってきてメッチャ走りやすいこの時期。ご飯もおいしい!
いっぱい走ったらもうね、すぐに冬になるわけです。そう、冬と言えば整備ですね。
年に一度はガッツリしっかり整備しましょう!せいび!ぴかぴかにね

夏の間にたまってしまった汚れを落として、可動部はグリスアップして劣化した部品は交換。
言うたら車検ですね。

自転車は車検ないのでみんな忘れてると思いますが、

ロードバイクは消耗品の塊です。かたまりね、魂じゃないよ。

★ヤバい例★

もーなんつーかサビがヤバいですね…こうなるとキュラキュラと戦車のような音がしてきます。駆動効率も最悪なので全部変えましょう。

まあ塗装面はサビないのですが、粉吹いて飛んじゃってる感じ。こんなん乗ってたらズボンとかにもつくよ、茶色いアレが。あと引きも最悪です。ブレーキ聞かないとか危な過ぎるよ

サビが塗装やメッキを浮かしちゃうと、ネジ径やピッチも変わって部品がしっかり止まらないし、固着して抜くの大変だから良い事ないです。ハンドル周りは特に汗で錆びやすいからたまにチェックしてあげましょ

原因は色々あるだろうけど、アウターワイヤが折れた状態ではインナーワイヤが引っかかっちゃって危ないっぺよ。交換すると吉

コレも完成車あるある。ただでさえ引きが重いスチールワイヤーセットが更に渋く、しかも常時擦れているのでワイヤー切れの危険もあるトンデモ状態。変えましょ

洗車時に気づきにくい裏側にはヒンジやスプリングなど、重要な可動部がいっぱい。汚れもいっぱい。キレイにするだけでも動きが違いますよマジで

ココはフォーク外さないと見えませんが、汚れがたまりやすいポイント。しっかりグリスアップして動きを良くしましょう。二輪車はセルフステアで曲がるので結構重要やで

プーリーはむき出しで路面にも近く、常にチェーンオイルがついているので汚れがたまりやすいポイント。道路走ってるとなぜか毛を拾うのはロード七不思議的なサムシングですよね

車体前側は汗による塩害が出やすいポイント。外してみたらまっ茶色とかよくあるヤツ。さっさと交換です

この辺も見えないけど実はよくある。軸受けに汚れがたまって良い事なんかありません。チェーンもブッシュやピンが錆びると動きが渋くなって変速にも悪影響。要交換

ずーっと負荷がかかってる前後のギアーの歯も大事な部分。角が取れちゃうとチェーンがしっかりつかめなくて外側に逃げちゃうので駆動力の伝達効率ががた落ちですよ。チェーンも痛めるから交換しましょ

ゴムが残ってりゃ良いってわけじゃないぞタイヤ。ゴムが硬化すると割れるしグリップしないしでもう大変。変えましょう

分解整備、もしくは交換しましょ

チェーン各部ベアリングタイヤチューブワイヤーなんかは新品と交換しましょ。
この辺は無理に延命させようとする方が結局コストがかかりますので。

前後ディレイラー(変速機)やブレーキSTIなんかは洗浄とグリスアップで全然動きが変わります。ってかあんまり放っとくと錆びたり固着したりで、部品の破損を招く可能性も有ります。

ずーっと乗っていると、徐々に劣化していくのに慣れてしまって、どれだけ動きが渋くなっているか気づきづらいもんです。1年メンテやってなかったらとりあえず整備に出してみてください。2年放置だったらもうヤバいです。すぐにチェックしてください。

もはや新車!とまではいきませんが、レバーの引きや変速の速さ、グリップや反応が確実に体感できるくらい変わりますよ。オススメ

バンバンはずします

ケージをバラしてキレイキレイ

ウィッシュボーンはカートリッジベアリングも交換できてステキ

カートリッジベアリングの外にもグリスいっぱい。錆防止ですね ※動きを阻害する場所もあるので、どこにでもギューギューにグリス入れたら良いってモノではないぞ、マジで

どっちが良いかなんて言うまでもないっしょ

あ、ボロボロのバーテープとかも交換ね。
見栄えが悪いとかそんなチャチなもんじゃねー…使い込んだヤツはマジで臭いから。ヤバー