Close

MBK

2019年1月18日

素材の本質を活かすという事 / MBK RD400

はい、というわけでラモーンズ2019年の記念すべきトップバッターはこちら【MBK / RD400】!

アルミの持ち味を活かし、極限までクオリティを追求した逸品

アルミニウム合金というと、そのコストパフォーマンスからか自転車業界では『エントリーグレードバイク用の素材』と思われがちですが、当然そんな事はありません。たしかに、カーボンが一般化してからはロードレースの最前線からは退きましたが、例えばMTBのダウンヒル競技などではコメンサルのアルミフレームが現在もワールドカップで勝っていますし、モーターサイクルのレースシーンではホンダ・ヤマハ・スズキなど主要メーカーのフレーム素材もやはりアルミ。軽量で、加工成形の自由度が高く頑丈で長持ちなステキ素材なんですよ。当たり前の事ですが【しっかりと特性を理解したうえで、しかるべき設計を与えれば良い】んですね。まあ、たしかにカーボンはメッチャ良いけど、アルミを貶す理由にはなりません。誤解を生む要因の一つなのでしょう。

てなわけで、誤解されがちなアルミロードフレームですが、精度と品質の権化『MBK』が手掛けるとこうなります

複雑かつ美しい有機的なパイプシェイプ、ビード痕を探す方が大変なほどスーパースムースな溶接部の処理、国内のカスタムペインターが塗るコンクールコンディションの塗装CNC削り出しのRDハンガーや、規格サイズバッチリにセンター出しがされたBB受けなどなど・・・

「エントリーでしょ?などとは口が裂けても言えない内容」ヤバイよ、マジで。

てなわけで、もうはっきりと言いましょう「コレこそがハイエンドアルミフレームです」。無理なワイヤ内装とか謎企画のBBとか、見た目やトレンドを追っかける為だけに用意された謎オプションは一切含まれません。見た目はインパクトがありますが、その実、機械式コンポで組むのを前提とした愚直なまでに基本に忠実な堅実設計のアルミニウムロードレーシングバイク。コレですね。

パイプワークは直線基調ながら、その実、曲線を複雑に組み合わせた有機的なシェイプ
フロントフォークはMBK『R-FORCE』ブランドのフルカーボン。肩の処理や、センターからワイドに広がるアウトラインが美しい
リアは一体形成のモノステー。カーボンバックだった過去のモデルの形状をヒントに、一から強度、負荷の計算をして再設計された逸品。

カラーリングモチーフはYAMAHAのMotoGPマシン『YZR-M1 ヴァレンティーノ・ロッシ』車

さて、MBKのバイクですが、基本全てのモデルがカラーオーダー対応
単色のスタンダードカラー以外は、モチーフをお伝えていただいた内容をもとに、国内でカスタムペインターが一つずつ塗装します

ほんで前にも書きましたがMBKYAMAHAグループの会社、本物のGPマシンカラーも再現できるんです・・・
そりゃもうオーダーしますよね『全体をYAMAHAワークスブルーで塗って、ロゴはロッシのフローイエローで!』ってね。

落ち着いた雰囲気にしたかった事もあって、今回スポンサーロゴ類は入れませんでしたが、ロッシ仕様のヤマハワークスカラーがもうね・・・カッコイイぞ!

※ヤマハの関連会社であるメリットは、権利関係だけの話じゃ無いんですよ。例えば最先端の技術や過去を含めた素材に関しての膨大なデータの共有、多種多様な考え方を持つ多くの技術者とのディスカッションなど。ジャンルは違えど、同じ2輪における最先端のレーシングカンパニーとの深い関わり、そしてそこから得られる圧倒的な情報を持つという状況。フィードバックという意味でこれほどのアドバンテージは中々無いですよね。小さい会社とナメられがちですが、MBKが目立たない理由ってのは『拘り過ぎて大量生産してないからユーザーが少ない』『販促のためのチーム供給をしていない』『あえてトレンドに乗らない』って事がメインであって、技術や情報量も最先端なんです。必要以上に広めない事を良しと見るか悪しと見るかは貴方次第です。

ヘッドマークとブランドロゴは鮮烈なイエロー

特徴的なパイプはハイドロフォーミングで成形

ハイドロフォーミング、つまり内部高圧成形は、アクティブな流体(油中水型乳剤など)を使った成形工程です。中空部品は、チューブ、任意のプロファイル、または2つのブランクから、内部圧力を適用することで成形します。この工程で必要な圧力は、使用する材料、材料の板厚、そして成形する最小半径に大きく依存します。最大で数千バールの内部圧力が必要です。

AutoForm社 ホームページより引用
https://www.autoform.com/jp/glossary/hydroforming/

メッチャ綺麗なこのパイプ、流体圧曲げという特殊技術で作られているんですね。利点としては、複雑な形状を自由に設定できる事や、一本のパイプを成形するので部品点数と要溶接部位が減り、その後の加工時の精度変化などを最小限に抑える事ができるんです。また、スプリングバックと言われる、プレス加工時に出る圧への反動を原因とした、型から外す際の精度変化も最小限に抑えられます。面倒だけど良いこといっぱいってな感じですね。

ヘッドチューブやダウンチューブの造形は必見・・・唯一無二ってのはこういう事を言うんですよ。柔らかな曲線で内側に広がるチェーンステーのボリューム感も、モノステーから分岐するリアエンドのラインもね、実はサイドにリブが入っていたりともうね、どこを見ても注目ポイントだらけ。まあこんな複雑な金型とか、コスト的にも普通はやらないですよ。見てて興奮します。

わたくしラモーンも、過去にモーターサイクルのエキゾーストで高精度にハイドロフォーミングされたステンヘッダーを使った事がありますが、取付作業時にギリギリ他の部品を避けつつマニホールドに流れるラインの美しさとその精度の高さに驚いた覚えがあります。メタル素材ならでは、ですね。

細くストレートな全体のラインに曲線が複雑に混じるトップチューブ
トップチューブに同じく流麗かつマッシブなダウンチューブ
最近はあまり見かけなくなったモノステータイプのリアまわり。カーボンバックだった設計をフルアルミに再構築した力作
BBは堅実で高精度かつ十分な剛性を確保するスレッドタイプ。なんとリタップやフェイシングなどの追加工を『非推奨』とする超絶高精度。他メーカーではまずあり得ないクオリティの徹底ぶり
組み合わされるフルカーボンのフロントフォークはMBKのカーボンプロダクト『R-FORCE』製の専用品。振動吸収性や剛性はもちろん、素直なハンドリング特性を生む絶妙な設計

部品構成も堅実に

本来であればコンポーネントもハイエンドに・・・といきたいトコロではありますが、今回は今後のカスタマイズの楽しみを残して堅い構成に。シマノR7000セットにフィジークのアロイシリーズ、ホイールはマヴィックのキシリウムUSTとまさに鉄板の組み合わせ。

レーシングアルミホイールの代名詞『キシリウムUST』、名前の通りチューブレスに対応
タイヤはハッチンsマヴィックのチューブレス『イクシオンプロUST』。スーパーソフトな乗り心地と高いグリップ力で人気。前後で溝パターンを反転させる謎仕様がステキ謎
ポスト、サドル、ハンドル、ステムからテープまでをFIZIKで統一
ブラケットの小型化と形状の変更によって持ちやすくなったSTI
上位グレードに形状を合わせたR7000クランク
十分な剛性と制動力を発揮するブレーキ
左サイドからのビューも迫力満点。近年では珍しいスタイルが新鮮

近年では珍しい”本気”のアルミフレーム

硬派、そんな言葉がしっくりくるバイクですね。BBがJIS/BSAなのはメーカーが求める精度がPFでは実現しないから、そして剛性に関しても問題無いからですし、ワイヤーの取り回しがトラディショナルな外出しなのも、ワイヤード構成での組み上げが前提という割り切った構造からで、取り回しによる抵抗の低減や整備性の高さなど、どのメリットを取るかが、はっきりしているからです。『トレンドを追わない』ということは『性能で妥協する』とイコールでは無いんです。トラディショナルではあってもスタンダードな構造を採用している理由は、基本に忠実に、必要な要素必要な場所に当てはめた実際の性能を重視する思想からなんですね。

また、精度や構造に関してばかり書きましたが、性能面でも妥協はありません
おいしいポイントは『実業団レベルの選手が、集団からもう一段加速する辺りの速度域』というとわかりやすいでしょうか。MBKの特徴である伸びのある加速感に加えてハンドリングも素直と、ライドフィールは優等生そのもの。

というわけで、全国のメタル信者のみなさん、アルミの逆襲が始まりましたよ。レース機材としても、スポーツライドの相棒としても、選択肢の一つとして『スーパーハイクオリティなアルミロードバイク』というのはいかがでしょうか。

MBK/RD400。その特性から在庫もセールもしておりません。注文後は少々お待ちいただく事になりますが、そのクオリティに納得いただけるはずです。
ご興味の方は是非、RAMON BIKESにお越しください。

エピソードV的な

2018年6月6日

黒の衝撃!MBK クラブレーサー with 9100 DURA-ACE!!【STAFF BIKE】

(2018/6/6 NEWホイールを導入したので写真の差し替えと追記をしました)

遂にRAMONBIKESに

あの「人気自転車漫画」の!

主人公のライバルのクライマー」が駆る!

フランスブランド」のあのバイクがやって来ました!

ここまで言ったらもうお分かりですよね?

そう!「シャカリキ!」の「ハリス・リボルバー」が駆る「MBK」です!

MBKというブランドを説明しますと、 1923年創業のモトベカンというオートバイの製造をする会社が起源になります。1960年代から自転車の製造を開始しオートバイで培った二輪車製造のノウハウを活かしたバイクは瞬く間にヨーロッパのレースシーンで活躍するようになり、以後母国ツールドフランスでも数多くの勝利を重ねフランスを代表するスポーツバイクメーカーとなりました。現在では母体のモトベカンはヤマハに資本合併されMBKのスポーツバイクは日本の代理店であるサイクルラインズさんが主導となって製造を取り仕切っています。

MBK CLUB-RACER

MBK CLUB-RACER

今回組んだバイクはMBKがヨーロッパを席巻した1980〜1990年代に活躍したクロモリバイク「クラブレーサー」の復刻モデルです。MBKのクロモリに関しては実は完全にMADE IN JAPANで京都のフレームビルダーのもとで設計・製造されておりパイプから製法・ジオメトリーまでとにかくこだわりにこだわり抜いて作られた逸品です。「スチールだから」「復刻版だから」といったノスタルジーで乗るのではなく、現代的な解釈で作られた「戦える」クロモリバイクになっています。正直なところ、これ以上によく走るスチールバイクを他に知りません。

ということで今回のMBKクラブレーサーはデリバリーされたばかりの9100系DURA-ACEを搭載しバリバリの「戦闘機」として組み上げました!
MBKのクロモリは全て下地にメッキ処理された上に塗装がされますが、今回は通常のカラーラインナップにはないブラッククロムでのメッキを依頼。パーツ類も全て黒でまとめてとにかく戦闘機らしい「ブッ殺す」感を演出しました!

9100デュラエースは別の記事でじっくりと紹介したいと思うので、そこ以外の所を見ていきましょう。

ハンドル・ステム・シートポストは全てTHOMSON(トムソン)!軽量・高精度・高剛性で安くはないけど性能を考えたら決して高くない、むしろ安い!アルミ削り出しのボディは所有欲も満たされて非常にコストパフォーマンスに優れたパーツです。自分の私物の自転車にはだいたいトムソンがインストールされているほど常用しています。

ヘッドパーツには当然のCHRIS KING(クリスキング)。BBも合わせてクリスキングにしたいところでしたが、9100デュラエース純正がどんなもんか試してみたいということもあってまずはヘッドだけ。そのうち(たぶん近いうち)BBもクリスキングのなってるような気がします。

バイク自体の特性としては抜群の乗り心地の良さとしっかりとした剛性を持つ加速の良さ、ややクイックさを残しながらもイメージしたライン取りのできる素直なハンドリング、とにかく全てがスムーズで自然な挙動を取るのが特徴の自転車です。スチールバイクとしては軽量に仕上がっていますが、持った重さよりも乗った時の軽快さがインパクト抜群で一踏み目から変な笑いがこみ上げてきます。本当に上質なバイクに乗った時、人は笑ってしまうのだ・・・!

MBKクラブレーサーは基本価格が¥355,000。これにオーダーする内容によってオプション価格が乗っかる形になります。今回の内容ではフォークをMAXフォークに変更、オーバーサイズのパイプを使用し各所に刻印入れ、ブラッククロムのメッキを行い最終的に¥450,000ほどとなりました。これを高いと思うか安いと思うかは人によると思いますが、過去に某イタリアンブランドのスチールバイクを同じような値段で買ったはいいもののそのフレームが全然走らなくて後悔した身の自分としては絶対に走りを重視したMBKを買う方が後悔しないと断言できます。「ホントにそんなに走るの〜?」と思ったそこのあなた!バッチリ試乗もできる状態にしてあるので乗ってみてください。クロモリバイクに対する固定概念が吹き飛びますから!

そんなわけで発売されたばかりの9100系デュラエースと究極のクロモリを体感できるラモーンズスペシャル試乗車が完成しました!これはマジでヤバイぜ!

↓2018/6/6追記↓

RolfのARES3を導入しました。
目的としてはとにかくシチュエーションを選ばずこれさえ履いておけばOKというホイールが欲しくてカンパのBORA ONE35クリンチャーあたりとも悩んだのですが、ARES3がモデルチェンジしてチューブレス対応になったのが決め手となりました。

スペックとしては32mmハイトの前後重量が1365g、ホワイトインダストリーのセラミックハブ仕様でワイドリムのチューブレス対応です。
タイヤはもちろんIRCのフォーミュラープロRBCCの25mmを選択。というかこのタイヤを使うためにホイールを探していました。

で、このARES3とフォーミュラープロの組み合わせがバッチリ決まってとにかく快適そのものの仕上がりとなりました。
まず上りではホイール重量の軽さが活きますし、下りではタイヤのグリップは抜群ですしセラミックベアリングも効果を発揮して足を止めていてもスルスルとスピードが伸びます。転がりの軽やかさとちょっとした悪路でもショックを吸収して跳ね上がりが少ないのでタイヤが地面を蹴り続けてくれて進むので平坦でも速かったです。
全力スプリントという場面では他の高リムハイトのカッチカチホイールには一歩譲るものの、ほぼ全ての場面でパフォーマンスを活かすことのできる高性能ホイールですのでこれはマジで超オススメです。

MBKのクラブレーサーもRolfのARES3もスタッフバイクですので、ご来店前に連絡いただければ店頭に用意して見たり触ったり乗ったりもできるので気になっている方はぜひ!