Close

Monthly Archives: 2月 2018

2018年2月23日

道無き道を征け / SURLY ecr 29+

29インチホイールを入れてもご覧の余裕、だいたい何でもできるっぽいぞスゲーぜ!

アルティメット ★ ツーリングウエポン「サーリー / ECR」

という事で今回は、サーリーのバイクラインナップでは珍しい29erのリジッドMTB【ECR】をご紹介。

このECRシリーズ、XS〜Mまでの小さいサイズは【27.5インチ】仕様。対してM〜XLまでの大きいサイズは【29インチ】仕様と、サイズでホイールサイズを分けて作られている変わり種バイク。

ちなみに、どっちも「フェンダー含むタイヤ許容幅 / 3インチ」ということで、27.5+とか29+といったセミファットタイヤもイケちゃうスーパーステキ仕様!写真のタイヤで幅50mmですが、まだまだ全然余裕!泥詰まりとかマジ無縁ですね。

ホイールベースも長めで直進安定性が高く、長旅でも神経質にならずに済む特性。おおらかなハンドリングが安心感の秘訣ってわけですよ。イイネ

29ホイールが大きく見えないフレームサイズ。これでMとか

長いホイールベースで安定感抜群。グラベルやダートもイッタロカ仕様

オリジナルのクロモリパイプで組まれた、カッコイイらくだ色のフレーム

ダウンチューブ下には3連のダボ穴を装備、ボトルケージなど各種ケージを装備可能だ

本気の旅仕様で使われる事の多いサーリーのツーリングバイクはダボ穴もいっぱい!
もう気の向くままにキャリアやケージとか付け放題ですね。

とくにフロントフォークなんか片側6、計12個のダボ穴に仮付けのボルトが並んでるもんで

どう見ても釘バットです

淡いベージュのカラーリングによる落ち着いた雰囲気とか無かった事にする漢らしさに溢れた仕様がステキ。

軽くて振動吸収性の高いカーボンフラットバーに装着されるのは、操作性抜群のでっかいベル。主にいい音がする

コントローラブルながら高いストッピングパワーを発揮するXT油圧ブレーキと、操作感最高の11s変速ラピッドファイアプラスシフターM8000の組み合わせ。i-spec B規格で纏めて装着できるので、見た目もスッキリ!

鉄板のXTクランクはレースフェイスのナローワイドリングでフロントシングル化

RDはスタビライザー付きのM8000。パッチパチ決まる小気味の良い変速が特徴

カセットはキクちゃんとこの11sシマノ改造品、11-28T

アイステクノロジー採用でフェードを防ぐシマノローターと、油圧キャリパーの組み合わせは制動力抜群

リアは特徴的なTrollドロップアウトを採用。水平方向にスライド装着出来るのでリアシングルとかも有り。てかココもダボだらけなので色々同時に装着出来るステキ仕様。エンド幅は145mmで142/148mmの12スルーに対応

ガッツリ太いタイヤも包み込む余裕の包容力が特徴的な足回り

はい、というわけで、大体なんでも出来る万能MTBフレーム、サーリー【ECR】でした。

ハードにダートを攻めて走るも良し、キャリアを装備して荷物を積んで旅に出るも良し。
テントを積んでユルいキャンプとかユルくないキャンプとか、お散歩ライドからポタにロングにブルベにトレールライドに・・・何でもやったら良いと思います。もう気の向くままにね。

やったら頑丈で、色んな遊び方に対応してくれる懐の深いリジッドMTBね

サーリーECR、オススメです!

スパイクタイヤの威圧感がヤバいです。あとなんかリムのステッカーがマルセイバターサンドっぽいですね美味しそう!


2018年2月14日

ダッチ★チャレンジャー / KOGA A-LIMITED

残念ながら現在はカタログ落ちしてしまったが、カーボンキラーとして一部にカルト的な人気を誇ったダッチブランドKOGAのブッコロ系アルミロード【Aリミテッド】をオーバーホールしたのでご紹介!

マッドドッグ・フロム・ホーランド

カーボンバイク全盛期にあって体制に反抗するかの如く噛みつくその様はまさにチャレンジャー

ってか世界一平均身長が高い国オランダ産、当然のように平均ペダリング負荷の想定水準が高いのがダッチスタイルなわけで、好反応かつ頑丈なのがウリってわけです。

チャレンジャーと言えばダッヂを思い出す諸兄も多いかと思いますが、こちらはダッチですねはい、ネザーランドでホーランドでオランダなんですねはい。ちなみにネタ元の【バニシングポイント】は超名作映画なのでまだ見てない方は是非。アメ車のロールしまくりチェイスはマジ最高。

NOSだのエアロだのロールケージだのドリフトだの小細工は女々しいとばかりに、明らかに剛性不足なシャーシに乗っかった空力なんて微塵も考えていないボディ、組み合わされるは駆動伝達効率ガン無視の足回りときて、更に無慈悲な超排気量の自然吸気レシプロをブン回して荒野でV8がポリスの皆様とおっかけっことかもうね、完全にノーガードの殴り合いですよ・・・・・必見です。

*この映画には、70年代当時の社会風刺とかの側面もあるんだけんど、最初はあんまり気にしないでとにかく見て欲しいね

優しい性格に生まれ変わったAリミt   無理

ラモーンズ冬のブラッシュアップ祭り第3弾!

っつーわけで、1年間ちょい頑張ってきたAリミくんですが、頑張りすぎて大層ヨレヨレなご様子だった事も有り、またオーナー様が能力値STR全振り真っ盛りな現状で中々カーボンバイクに興味を持ってくれないので・・・オーバーホールのうえコンポを新型R8000に換装して、少しでも快適な速さに興味を持っていただこうと画策いたしました。

が、なんかできあがった新生Aリミくん(アルテ)は、たしかにコントロール性が大きく向上、変速も速くなりとっつきやすくなったもの、WISHBONEのBBユニット導入や、クランク・ブレーキ等の剛性アップで、トータルで見たらなんか結局さらに強くなっててね、はははぅ軽く引きました。

チューンしたマッスルカーかよ・・・

メタル愛の溢れるパーツ構成がその本気度を語る。マッシブなダウンチューブにはオランダオレンジが疾走る

基本的にメタル。それもハードなヤツ

あまり優しさが感じられないバックショット

安心のメタルパーツ群

パーツチョイスは控えめに言って「ハード」の一言。

生き残る事が目的かのように強度耐衝撃性に特化した部品構成は、ポスト・アポカリプスなサバイバルレースとか、サンダードーム的なレースでは無類の強さを発揮する事うけあい

伝説の武器として名高い「コガバット」も忘れずに

2人入って出るのは1人とか。そんな感じ。

ステム、ハンドルはFSAのENERGY。反応が良く、転倒しても破断の心配が極めて低いアルミをチョイ

残念ながらSTIにフルメタル仕様は無いので、コントロール性に優れるST-R8000を使用

バーテープはほどよく沈み、グリップ力最高のMAGIC ONE 。バーエンドは当然アルミだ

クランクはデュラ譲りのごん太アームが最高に漢らしいR8000アルテ。ギアは53-39Tでゴリゴリと踏む。冷間鍛造アルミ

BBはアルミブロックの左右連結でコア部の強度を更に向上させるウィッシュボーンを投入。スムーズな装着のためにBB受け部にはリーマーをかけ、更に精度も回転効率も満足のデキに

ヒンジが増えピボットを設ける事で、引きの軽さと動きの速さを同時に向上したFD-R8000。アルミ

サイドアタック(物理)に強い新構造のRD。素早く正確な動きとアルミボディが頼もしい逸品

ホイールはカンパニョーロアルミシリーズで最強(物理)のユーラス。ハブボディがフルメタルでボールもメタル

タイヤは軽量でグリップ最高のヴィットリアコルサ。「ドイツの防弾チョッキ」ことコンチネンタル4シーズンに比べると流石に耐久性では一歩引くが、こと走行性能に関しては当代一の飛び道具だ

・・・・・

こんだけヤッてるのに、カーボンパーツが「最初からついてるフォークと、ペダルの一部だけ」とか、もう執念に近いメタル信仰が潔い

カーボンパーツに恨みでもあるのではないかと疑ってしまうレベルのメタル愛に溢れた個性的なアロイ・スペシャルが完成しました。もうね、醸すオーラの漢っぷりと言ったらもうね、花山的なアレですよ。

でもね、メタルの切削パーツって精度が出しやすくて組み上げも安心だし、全体のバランスが良くて走りも鋭いし、しかも転倒などのトラブルには滅法強いもんだから、実は優しい特性なのでは?とか思ってしまうわけですね。

実際、各パーツ高品質なメタルパーツだから結局軽量に仕上がってるし、このフレームも実は単体重量1080gとか超軽量だったりするわけですよ。

カーボンじゃなきゃダメってわけじゃないんですね。厳しくも強く優しいアルミの良さ、これです。
加速もコーナリングもシャッキシャキの好反応でヤバい!

A-LIMITEDは絶版になってしまいましたが、他にも素晴らしいアルミバイクはまだまだありますので、気になる方はラモーンズまで。

ってか、頑丈なアルミロードもしっかり整備して調整しないと消耗品からダメになります。

冬の間に愛車のオーバーホール!ついでに各部のグレードアップ!やりましょう。

お待ちしてます!