Close

Monthly Archives: 9月 2018

2018年9月28日

BRING (-BRING) it ON!! / ARGON18 RADON

はい、今回はカナダのレーシングブランドARGON18(アルゴンエイティーン)の絶版モデル【ラドン】をオーバーホール&フルペイントカスタム!

このラドンですが、最近見なくなったアルミとカーボンのハイブリッドフレーム所謂『カーボンバック』。中々に乗り心地も良く、しっかり走るのでロード入門車として人気でした。

まあ、元はわたくしラモーンのバイクだったのですが、仲間が「ロード乗りたい」と言う事でお譲りしました。したらいつの間にかガッツリとペイントしてあったので、最初の一台として丁寧に組み上げオーバーホール、と・・・

したっけメッチャ印象変わった。

かなり粒の大きいフレークを贅沢に使用したラメッラメのベースカラーがインパクト大。ただ、使用しているのがシルバーで乗せている色が黒単色なので、引いて観るとモノトーンで落ち着いた感じ。上手い

犯人はハウティペイントさん こう来るとは予想できなかった『ゼッタイにメーカーがやらないけど純正っぽい雰囲気も入ったカラーリング』。ヤバー

普段着で乗ってもOKなカンジ

↓ちなみにバラす前はこんなかんじ

なつかしいぞ

そして戻ってきたラドンさん、やたら垢抜けた感じに!

キラキラしてるぞ!でもブランドロゴや社名ロゴなどはスタンダードと合わせたフォントで塗っているので、純正感も有ってフシギなカンジ

チェーンステー内側はブラックアウトしてポップなフォントでRAMONBIKES

ヘッドマークもウチのメインロゴ

フォーク内側にはHaughtyPaint

トップチューブ上もブラックに、RADONかと思いきやRAMON

ダウンチューブにはハウティペイントさんのメインロゴが

ロゴは奮発していっぱい入れましたワッチャワッチャ!
でもラインも文字も全てブラック単色でやっているのでイヤラシくない。そんな感じ。

立体感のある粗めフレークですが、しっかりとクリアーで埋めているので表面の手触りはツルッツル滑らかさんです。強いクリアー層は塗装面の保護にもなるので、重要なポイントですね。

そして一気に組み上げ!

STIはティアグラ ST-4700、フードカバーにはシェイクスをチョイス。当然ココもブラックアウト

ハンドルはエアロ形状がステキなDEDAのアロイスーパーゼロ(モノトーン)、ステムはシンプルなシルバーでハンドルとのコントラストを楽しむ感じね

ブレーキキャリパー本体はSORAだが、シューをR55C4のカートリッジタイプに変更して制動力アップ

慣れるまではしっかりとクッションの効いたサドルに!というわけでセラロイヤルのremod

ポストはアルゴンオリジナルのアルミカーボンハイブリッド、ASP1500

5700シリーズの50-34Tカセットでリフレッシュされたクランク

11-28Tの10S構成。FD/RD共にティアグラは頑丈で動きも良くオススメ

ペットボトルとかもつかめるプロファイルのケージ。どシンプル構造

フラットペダルといえばミカシマ。オーバーホール可能でずーっと使える

BBはJIS規格のスレッド式なので、シマノ純正(ふつーのヤツ)で信頼性抜群!コアな部分は効率より耐久性で選んだ感じ

全ての要素に影響するタイヤは、奮発してピレリ『Pゼロ/Velo』を。柔らかい乗り味でグリップ力満点

そんなわけで、イイカンジに渋ハデなRADONができました!

部品構成は堅実に10Sのティアグラミックス、気軽に使えてエントリーには必要充分な内容。見た目もスッキリまとまっているので、普段着でのご近所散歩から通勤、週末のフィットネスにロングライドまで。何でもイケるぜって感じですね。

「新しい刺激は欲しい、けど乗り換えはしたくない。」とか「お気に入りのフレームを復活させたい。」なんて方にもオススメ。・・・タイミングはオーバーホール時がオススメです

あ、ちなみにメーカーさんがやってる訳では無いので、コストはボチボチかかります。あと、時間もけっこうかかります。

それでもやりたいという方。世界に一台、完全に自分のためだけのスペシャルを
という方にだけ向けたスペシャルメニューとなります。

よろしくね〜


2018年9月23日

The WHIRLWIND / Chapter2 RERE (ESSENTIAL EDITION)

ってなわけで、ニュージーランド発インディーズ系カーボンスポーツバイク専門ブランド【チャプター2】の2018ブランニューモデル【RERE】ですよ。

↓テレとかブランドの紹介は以下のリンクで

The Second Coming / Chapter2 Tere

紹介するのがずいぶん遅れてしまいましたが、実はこのモデル【レレ】のローンチに行ってきてたんですよねわたくし、わすれてました。場所は千駄ヶ谷の裏路地にあるラファっぽいなんかカフェっぽいスポットトーキョー
到着したわたくしラモーンは早速ビール。そんで楽しく紹介を受けながらビールを飲んで、紹介動画を見ながらビールを飲んで、サイクリストやサイスポやバイクラの編集さんとビール飲んで、あと、説明を受けながらビールを飲んだりしてました。あとパン。

なんかよくわからんオシャレビールおいしかったです。

ラッふあー!

C2のボス。ニールプライド氏の息子【マイク・プライド】氏

C2の偉い人軍団とRERE

ほんではニュージーランドから吹いてきたつむじ風【レレ】のご紹介!

マオリ(NZの先住民)の言葉で【流れ】とかを意味するみたいね。空気の流れを効果的に操るエアロ形状を象徴するような名前の通り、大胆な翼断面形状を取り入れたダウンチューブと極端に細く絞ったトップチューブが特徴的。テレ同様にNZのオークランド大学で風洞実験を重ね、考え得る全ての角度からの風に対して抵抗を抑える設計を行い、だいたいテレ比15%±の空気抵抗軽減を成功させたっぽいですスゲー。

テレホリゾンタルフレームなのに対し、エアロモデルのレレスローピングフレーム。小柄な方でも問題無くフィットできるようにしたとの事ですが、昨今のトレンドをシカトってて面白い感じ。みんな同じカタチじゃつまんないもんね。

XSサイズという事もあってか、かなり角度のついたトップチューブが特徴的

低く構えたスタイル

全体的に細身のパイプワークだが、厚いBB周りとチェーンステーがしっかりとペダリングに答える

先に紹介した【テレ】がカムテールという「エアロ効果を高めつつも剛性バランスをとりやすい構造」をメインにした【コンパクトエアロ】オールラウンダーなのに対して、【レレ】はウィング形状メインの「エアロ効果を最大限に活かした構造」の巡航特化型【フルエアロ】ハイスピードクルーザーといった感じ。キャラがたってる!

発表の場でマイクさんは「週末のライドやロードレースだけじゃないよ、TTやトライアスロンでも使ってくれたら良いよ。したっけレレ1台で済むやん、それができるように充分戦えるように仕上げたっぺよ。」みたいな事おっしゃっておりました、多分。バイク有りすぎて奥様が怖いアナタにオススメのポイントですね。しらんけど

たしかに、シートポストがリバーシブルになった事で、簡単かつ大幅にサドル位置を前寄り(最大35mmフォワード!!)にポジション変更できます。コレでDHバーとかつけたら直ぐにTTバイクですね。ニールプライド時代にはTTバイク【バイヤモ】がロード風の特性と部品構成で好評を得ていましたが、コレはその逆を実現したと言う事なんでしょうね。やるやんけ

別売りのステム一体型カーボンハンドル【マナ】、英語でいうとこのパワー。軽量で剛性感バッチリ!輪行や梱包を考慮して、敢えてワイヤーを内蔵にしなかったとの事

下ハン形状はアナトミックシャロ的な握りやすい的な。あとC2オリジナルバーテープがイイカンジ

ゴツ目のステム部サイドにはC2ロゴ、表面処理はカーボン地でシブッシブですよ

車体の特性にも大きく関わっているであろう極細のトップチューブとダウンチューブ。マットとグロスの分け方がテレと違いますね

走行時にフォーク上部後方がヘッド/トップチューブとツライチになるオフセット構造。トップチューブ下部には、太いタイヤを履かせても大丈夫な”逃げ”が。ブレーキはダイレクトマウント方式ですね

こちらもダイレクトマウント方式のリアブレーキ。タイヤクリアランスもバッチリ

リバーシブルなシートポストはココで固定

BB規格は simano BB86 。オスススメは当然WBですよ

さて、このレレ。写真を見てわかるようにトップチューブがスーパー細くダウンチューブはメッチャ薄い設計です。そう、エアロロードなんですけどウィップするんですよコイツ。テレと同じ剛性・乗り味を追求したとあって、快適なかんじ。レーシングエアロロード特有の突き上げやカッチリ感は薄めで、しかもタイヤは700/28Cまで入るとあって、更に楽ちん仕様にもできます。エアロロードなのに無理にシリアス方向に振ってないのが好印象ですね。

よく、真横からの写真の印象からか「サー☆ロのS5っぽい」とか言われますが、完全に別物ですよ。サーベ☆はゴッツい角断面パイプを組み合わせたゴリッゴリのレーサーですが、コイツは全然スマートです。ザ・ロック様とジョンウィックくらい違います。キアヌかっこいい

そんなわけで、レレでした。

開発者主任のマイクプライドさんが身長168cmと小柄な方なので、小さめサイズもバッチリ乗りやすくできてます。XSサイズにありがちなハンドリングの不可解さも無く、マジでオススメです。

「エアロロードほしいけど、なんかゴツいのばっかやな〜」なんてお考えのアナタ!
コレです。レレで楽ちんビュンビュンしましょう。

↓オールラウンダーのテレはこちら

The WHIRLWIND / Chapter2 TERE (ESSENTIAL EDITION)


2018年9月23日

The WHIRLWIND / Chapter2 TERE (ESSENTIAL EDITION)

はい、C2のテレですね。
限定モデルの締め切りが迫っておりますが、ここでスタンダードカラーのおさらいといきましょう。

↓ORNOTコラボのLIMITED EDITIONはこちら

【Chapter2 × ornot】限定コラボカラーのTEREがイイ!(※受注9/24まで!)

↓ブランドの紹介は以下のリンクで

The Second Coming / Chapter2 Tere

そんなわけで、要約

★Chapter2とはなんぞや?
☆ニールプライド社のバイク部門で中心的な立場にいたマイク・プライド氏が独立して立ち上げたニュージーランド(以後NZ)のインディーズ系スポーツバイクブランド。カーボン専門で、現在のラインナップは2車種だが、その双方にリムブレーキ仕様ディスクブレーキ仕様を用意。

★TEREとは?
☆NZの先住民族マオリの言葉で『スピード』『速い』などを指す。バイクの特徴は、準ホリゾンタルなトップチューブと、『カムテール』と言われる涙滴型のナロー部をカットしたような各パイプの形状。エアロ効果を出しつつもあえて”極端な翼断面を採用しない”事で、良いとこ取りのバランス特性。巡航得意。

日本人の平均身長に多いサイズ”S”や”XS”でもホリゾン。まあカッコイイよね ※写真はS size

Essential Collection(基本カラー)の【マット&グロス】は、光沢の有るブラック×光沢無しブラック×カーボン地の凝った内容

大人のスポーツバイクな落ち着いた雰囲気がステキなバックサイド

フロントから。ヘッドチューブ全面にはC2ロゴとエメラルドグリーンのライン

ネック部。ヘッドチューブ後部はフィン形状を採用し、空力と剛性を高めている

トップチューブ。エメラルドグリーンのリボン風胴抜きラインがオシャレ。後半にむけてカーボンの模様が映える

ダウンチューブ。サイドにはブランドロゴ、上面にはマオリ伝統の模様が抜きで入る

★Chapter2 HPより引用★

チャプター2のパターンは、「未開の道」を象徴しています。

全てのデザインの始まりは両端の「ラランガ(織り目)パターン」からスタートしています。これは織り手である人間、そしてそれを育む大地と文化の象徴でもあります。

そして次に「マンゴパレ・コファイファイ(シュモクザメのデザイン)」は未開の地への旅路の行く先を象徴しています。

パエマウンガ」はそのすべてに共通し、山脈を象徴します。それを「ケテ・オ・テ・ワナガ(知識の壺)」と合わせて、山は人生の多くを学ぶ道であり、人生にとっては歩む道は常に未開の道であることを象徴します。

中央の「コファイファイ(羊歯文様)」はニュージーランドの大地を流れる川とその多様性を象徴しています。そして中心の「コファイファイ(羊歯文様)」は人と大地の繋がりを象徴しています。

つまりは、模様一つとっても意味が有るっちゅーわけですね。ステキやんけ

ステムは付属の”PRYDE DESIGN / ALLOY STEM”。フレームサイズ毎に長さは決まっているが、後から単体でも購入可(70~120mm/10mm刻み)

使用部品の構成に関しては、いったらスタンダード。意味の無い独自規格みたいな奇をてらう事なく、ちゃんと当たり前の構成にしてくれています。そのため、乗り換えの際に元より持っていたコンポの流用なんかもOK。また、アルミステムカーボンシートポストが付属していたりと、なんかお得感も高めですね。

まあ今時当たり前ですが電動コンポ対応。ワイヤーは内装式で、電動変速機仕様時と機械式変速機仕様時用のグロメット(ワイヤー引込口のフタ)が両方ついてきます。ワイヤー引込口の位置も、ちゃんと無理の無い位置にしてあるので、ハンドル切る度にワイヤー付け根が折れるみたいな事は無いでしょう。

ブレーキはスタンダードなセンターボルトのリムブレーキ。こちらの車両はR8000アルテグラを装備

ハンドル周り。FIZIKのアルミハンドルCYRANO R5に、R8000STIをセット

専用のカーボンシートポストは20mmセットバック。※オプションで0セットバックも用意

FDはブレイズオン(直付け)タイプ。ブラック系コンポとのカラーマッチも◎

RDはワイヤー取り出し口がエンド後端側に開口しているので、ワイヤリングは少々タイトな設計。シマノコンポであればOT-RS900、あとはニッセンケーブルなど柔らかいアウターを推奨

ゴッツいコア部周辺。BB受け部は左右が連結されたカーボンパイプなので、圧入式でもある程度左右を合わせられる。まあラモーンズ的にはWISHBONEを推奨しますけどねん

パンクに強くてグリップも良いぞ、スーパータイヤ【GP 4-Season】

軽量ホイール入門に最適 ALX473evo

はい!そんなわけで、Chapter2のスタンダードモデル【テレ】。
ロングライドやレース、ディスク仕様なら軽いグラベルとかもイケるっしょ(無責任)、だいたい何にでも使える万能モデルですよオススメ!

↓ 極端な翼断面形状でエアロ効果に特化させたフルエアロモデル【レレ】はこちら

The WHIRLWIND / Chapter2 RERE (ESSENTIAL EDITION)


2018年9月14日

【Chapter2 × ornot】限定コラボカラーのTEREがイイ!(※受注9/24まで!)

おいおい!唐突に発表されたチャプ2テレNEWカラーのセットがヤバすぎる!

はい、ってなわけで今回は、カリフォルニアはサンフランシスコの手作りウェアメーカー”オルノット”とのコラボモデル。シンプルでポップなデザインが印象的な、同ブランドのパッションがみっちり詰め込まれたお得セットだ!
・・・ヤバいぞ、これはヤバい

※先に言っときます。締め切りは2018年9月24日(月)で、納期は12~1月の予定ですよ。

まあ、まずはこの動画を見てくだだい

うん、まいったねクッソ楽しそうじゃんか、いいよねこのカンジ

 

View this post on Instagram

 

Hey @storts, what’s up man? #c2ornot #chapter2bikes #c2tere #ridetodayornot

CHAPTER2|Ornotさん(@c2ornot)がシェアした投稿 –

「ハーイ!」

今回はどことなくいつもと少々毛色の違うデザイン。シンプルなんだけど、それだけじゃない絶妙な塗り分け。最高ですね。

カラーリングは落ち着いたグレーをメインにしながらも、前後アームの内側にはビビッドなフローイエローを大胆にドロップ。トップにはブルーベースのアシンメトリックなグラフィックラインが入るほか、チェーンステー左側とフォークエンドにはオアノット風味満点の特徴的な蝶ネクタイのジオメトリックパターンが。シートチューブ後面にさりげなく入るORNOTのロゴとかマジもーね、あのなんつーかアレですよ。ヤベーって!

ほんで、今回はそれだけじゃありません。アメリカンウェアブランドとのコラボなんだから、そいつも一緒にイっちまえ!ってな感じで、冒頭の動画でみんなが着ている【ジャージ】&【ビブショーツ】&【ソックス】、そして同コンセプトデザインの【ボトル】がセットで届きます。嬉しすぎる!

あと、今回は Chapter2 では初となる【台数限定のプレオーダー形式】と言う事で、ステム長シートポストのセットバックが選べます。

ウェア類はカリフォルニアあたりでアメちゃん手作りしてるっつーステキ仕様、当然サイズは指定してね。下にサイズ表載せとくから、ね。

まずはSサイズで113グラムと、とっても軽いレーシングジャージ。前傾姿勢を基本とした立体裁断で、タイト目なフィッティング。フロントとスリーブはジャージ、サイドとバックにはクーリングメッシュを使用。あと何気にバックのパッチワーク風イエローエリアがスーパーイケてる。

ビブはコンプレッション仕様で長時間のライドをサポート。レッグバンドは伸縮性に優れ、シリコンで滑り落ちを防止するっぺ。あとかっこいいくつしたかっこいいボトルもつきますね、なんかイイカンジ。

良いでしょ〜コレ。なんか興奮して書き殴りましたが、絶賛予約受付中!

気になるコストですが、上記紹介した色々(フレーム・Fフォーク・ヘッドセット・専用カーボンシートポスト・アルミステム・ジャージ・ビブショーツ・ソックス・ボトルケージ×2・バーテープ)が全部入って・・・

★ リムブレーキ仕様セット    ¥306,600- (税抜き)
★ ディスクブレーキ仕様セット ¥328,600- (税抜き)

ですキタ!

しかもディスク仕様車には、普段は別売りのスルーアクスルも着いてきちゃうとか・・・マジもーね。ディスクロードの導入を考えてたそこのアナタとか、コレ選ぶしかないじゃん!

左から笑顔がヒャッほいでふははブフー

しかーし!なんか生産台数が世界で100台限定、そんで、注文の受付締め切りが2018年9月24日(月)までと、かなり厳しい現状です。

しかも、今回のはChapter2のウェブページでは販売しません。

ショップに行くのが吉。ってか気になったらラモーンズ相談にきてください

スカッとオーダー入れて確保しちゃいましょう!お待ちしてます。

ラモーンズ