Close

BIKECATALOG

2018年7月20日

深夜の特別なマヨネーズ : SURLY Midnight Special × Shimano

はい、というわけで明日(2018-7/21)はサイコで試乗会も有りますサーリーのディスクロード【ミッドナイトスペシャル】をシマノコンポ謎構成で組んだので紹介しちゃう感じです。

トラディショナルな外見にトレンドの装備

一言で言うとコレです。マジ最高。

昨年の冬に来日したサーリーのアレックスくんから写真を見せられた時は「やられた〜」とか思ったのはナイショです。だってさ、欲しかったのこういうヤツじゃん、ドンピシャですよマジ。

昨年のサーリーミーティング

完成車も”わかってる構成”で、SRAM22 × WTB650タイヤ なんですよコレ。

ちなみにノーマル完成車はこんな感じ

SURLY : MIDNIGHT SPECIAL (完成車)

曰く、「【ペーサー】がカタログ落ちしてからロード寄りのモデルがなくなっちゃった。ストラグラーも良いバイクなんだけど、アレは優しいんだ。ロングには良いけどね、もうちょっと反応の良いバイクがほしかったんだよね、主に俺が」とかのたまっておいででした、ほろ酔いで

もうそれ自分の趣味やんけ

ってなわけで爆誕したのが、この HOT & SPICY な “ホットマヨネーズ” カラーのMS(MidnightSpecial)ってわけです。まろやか!

ストラグラーとの大きな違いは、かなり大径のゼロスタック規格になったヘッドチューブと、MTBシリーズ譲りのゴ太いテーパードフォーク。コレでフロント周りの剛性がかなりアップしてます。あとは、前後ホイールの支持方法が12mmスルーになった事も大きく、足まわりのしっかり感は流石の出来。・・・とはいえ、そこはサーリーです。レーシーとか、そういう表現にはなりません。なんだかんだで結局乗りやすいので、何に使っても大丈夫。頑丈なのでブンブン使い倒しちゃいましょう。

さて、そんな深夜のマヨネーズ号。今回はフレームから組み上げと言うことで、こんな感じにスペシャルなSpecialになりました!

ホワイトのフレームはアウトラインがバッチリ主張するので、フレームのシェイプが際立ちますね

アドベンチャーライドもイケる気にさせてくれます

前傾がきつすぎないポジション

スーパー楽ちんギア仕様

元よりシクロクロッサーでライドを楽しんでいたオーナーさん。前の愛車から部品を引き継いでいるので、シマノのスタンダード風に見えてかなーり独特な構成に。

まずコンポに関して。基本『6800アルテグラ』ですが、リアディレイラーは『XT』、カセットは『XT11-42T』というMTBコンポをミックスしてます。コレをSTIで引くためにワイヤラインの途中にWOLFTOOTHの『Tanpan』をセット。合わせるチェーンリングはシクロクロスギア『46-36T』と、メチャメチャ軽ーいギアが選択出来るので、山道も安心のスイスイ仕様って感じですね。

もう説明の必要も無いであろう名作6800アルテグラのSTI

クランクも6800、ギアはシクロ仕様の46-36T

ペダルはクランクブラザーズ。ニュルッと入ってしっかりクラッチ!ほんでニュルッと外れる、最高

XTの11-42Tに対応するためにXTリアディレイラーに、更にSTIで引けるようにウルフトゥースのTANPANをセット

定番と飛び道具で専用ポジションに

コントロール系も拘りのチョイス。ハンドルは、その独特すぎる形状で一部に熱狂的な支持者を持つ謎バーDixnaの『ニーザーハンドル』。支えるステムは、低く構えた形状と下方オフセットしたハンドルクランプ部が特徴のOnebyESU『スージーステム』を合わせ、バーテープにはシリコン100%で握りもグリップもバッチリのMagicOne『SILIC1』を使用し、快適かつコントローラブルな内容に。ポストはスチールバイクのはゼッタイ似合う定番中の定番NITTOの『S65/ブラック』に、シャープな形状のFABRICをセット。

※ちなみにヘッドパーツは内径44mmのゼロスタック規格ですが、普通に上下セットのZS44ヘッドセットを用意してしまうと下の受けもハイト3mmとかになってしまって、完成車とフロントのフォーク長が変わってしまうので、気になる方は上下別個に用意しましょう。この子にはTANGEを入れました。

特異な形状のハンドルだが、アップライトなポジションで驚きの握りやすさ。コラム部のシンバル型ベルがワンポイント

ヘッドパーツは少々特殊。下のハイトを出すために1.5ベアリングの下パーツと1-1/8コンバーターを使用

NITTOのシートポストがかっこよすぎてもうね、あえてで言うとカッコイイよね

足まわりもカッチリふんわり

完成車に採用されているのはWTBのプレーンタイヤ『HORIZON』ですが、今回はオーナー様が結構ダートも行くっちゅー事で、同サイズでサイドに細かいブロックパターンが入った『ByWay』をチョイスしました。HORIZONもそうですが、エアボリュームが多いのに加えてタイヤのケーシングがしなやかなので、メッチャメッチャむっちゃもっちゃ乗り心地が良いです。転がりも良いです。ステキ!

ホイールにはシマノのアルテグレードハブ『RS770』と、AMBROSIOの27.5ワイドチューブレスレディリム『CROSSOVER』をチョイス。DTのプレーンスポークでカッチリ組みました。よく回って頑丈、何かあっても部品供給や修理コストも安心な内容ってわけで、グラベル系にはオススメ。

今回はチューブを入れてクリンチャー仕様としましたが、その気になればいつでもチューブレスに出来るのもポイントですね。

ほんで、ブレーキもシマノ。ダイレクトマウントのワイヤー引きディスクキャリパー『BR-RS305』と、Ice Techローター『SM-RT81 160mm』の組み合わせ。自分も似た構成で使ってますが、シマノのキャリパーは片押しタイプでも効くしコントロールしやすく、またディスクもゆがみ難い気がします、イイヨ。

ちなみに12mmスルーアクスルですが

サーリーのスルーアクスルはオープンエンドタイプなので、クイックのようにある程度緩めたらシャフト引き抜かなくてもホイールが下に抜けます。コレ、結構ポイント高。色々やりやすいんですよ、マジで。ただ、フレーム側に受けのネジ山が切られていないので、アクスルシャフトを社外品に交換する時は注意してください。ディスクロード汎用規格アクスルシャフトとかはつきません。

スキンなサイドウォールがステキ

肩の部分がブロック、センターはプレーンなので、舗装路でのノイズを軽減してグリップも◎

シマノなのにシルバーとブラックのコントラストがイイカンジでカッコイイ。俺のXTハブは真っ黒だぜベイベ

よく見るとオープンエンドなフォーク。ブレーキはダイレクト置きのフラットマウント

BBは当然JIS-BSAなので奮発してR9100BB入れちゃった

スペシャルは良いぞ

はい、というわけで、ミッドナイトスペシャルはイジっても最高であるという結論がでました。

グラベルロードほしいな〜とか、ロード持ってるけど気軽に乗れるバイクも欲しいな〜とか、何に使うか決めてないけど直ぐにレースは無いよ〜と悩んでる貴方。コレいきましょう。決まり。

明日の試乗会でも用意されてるので、とりあえず乗りましょう。決まりね!

※注意 今回は彩湖公園での試乗会です。ラモーンズ店頭には試乗車ありませんよー


2018年7月20日

SURLY : MIDNIGHT SPECIAL (完成車)

DESCRIPTION

絶版となったクロモリロードフレーム【ペーサー】の後継機として、「トラディショナルな外見」と「トレンドてんこ盛りの内容」で誕生したサーリーのロードモデルが【ミッドナイトスペシャル】だ。

カラーは「ホットマヨネーズ」の1種類。大径のゼロスタック規格ヘッドチューブ+JIS/BSA規格BBのクロモリフレームに前後フラットマウントのディスクブレーキ、ワイドでソフトな47mmタイヤを12mmスルーアクスルの650Bホイールに装備し、フロントフォークはMTBモデル譲りのテーパードタイプを採用。(700Cホイールも装着可能)

完成車のコンポーネントはSRAMのRIVAL22を採用、50/34と11-32Tの組み合わせで、場所を選ばずガンガン走れるステキ仕様。当然各所にボトルケージやキャリア留めダボ穴も装備しているので、旅バイクにしてもイイかも。

トラディショナルなクロモリのホリゾンタルフレームで、普段着で乗ってもサイクルウェアで乗ってもさまになる。街乗りからロングライド、旅のお供まで、コイツが居れば何でもできるっしょ

完成車価格¥278,640+TAX

SPECIFICATION

FRAME:surly MIDNIGHT SPECIAL /4130 CroMoly, double-butted main triangle, ED coated, TIG-welded
WHEEL: STD (ALEXRIM +Formula RX-812&300, 12mm thru, 32h)
TIRE: STD (WTB HORIZON 650/47B)
CRANK:STD (Sram S390 50/34t)
PEDAL: N/A (写真のペダルはラモーンズ試乗用備品)
HUNDLE:STD (Salsa Cowbell 3)
STEM: STD (ProMax DA-296, 31.8mm)
SUDDLE:STD (WTB VOLT)
SEATPOST: STD (Promax *50サイズまではゼロオフセット、54からはオフセットタイプ)


2018年7月13日

一番デカいヤツをくれ/SURLY icecream truck

というわけで、ファットバイクの始祖であるアメちゃんやらかしブランド【サーリー】のラインナップで一番デカいタイヤをつけてる肉いあんちくしょう『アイスクリームトラック』のご紹介!

タイヤ幅12センチオーバーのMonsterバイクだ!

細かい事は抜きにして、もう見たらわかる圧倒的なタイヤの存在感。26×4.8Inchのファットタイヤがハンパなく目立ちますね。サーリー的な使用路面状況の目安は【サンド&スノー】、言うたらエクストリームなレンジでの使用を目的として作られたどこでも行ける謎の巨バイク、みたいな。

なんか「ミネアポリス(自転車が人気のあるミネソタ州の都市、アメリカ主要都市で最も平均気温が低いらしい)でのスノーライドに適したもん作ったっぺ。フカフカの雪でも沈まないっぺ!」っていうローカルかつ個人的な理由で爆誕したっぽいオモシロバイクなわけで、もうコレが面白く無いわけがありません。

どこでもイケます。ストリートを流せばお子様からお年寄りまで皆が振り向き、山に持ち込めばワダチや段差もなんのその・・・。砂浜で走り回ってもオッケーだし、東京で数年に一度の大雪なんか降ろうもんならその晩は王様になれます。ステキ過ぎる!

ほんで今回はそんなオモシロバイクを使いやすさ重視でライトカスタム。そのまま旅に出てしまってもバッチリ!陸続きなら出先で異常気候があったりしても根性があれば戻ってこれる仕様としました。

説明とか要らんような気がする・・見たまんまのバイクです

この幅の広ーいタイヤが砂や雪に埋まらず沈まずゴリゴリ回ります

荷物はテキトーにキャリアにくくりつけて、後は漕ぐだけ。シンプル!

あ、ちなみに。見た目クッソ重そうですが大体のママチャリよりは軽いです(驚

実際の重量的なもの以外にも、ロングホイールベースで安定感があり、低重心なので操作がしやすく取り回し最小回転半径も結構優れているので、見た目より全然とっつきやすい!

メッチャ軽いギアも装備しているのでこぎ出しは軽く、バイク自体もスルスルと加速。速度を上げて巡航とかやらなければ何でもこなしてくれます。

しかも目立つから車やバイク、歩行者の皆さんも無意識に注意してくれるし、なんだかんだで結構乗りやすいんですこの子。気は優しくて力持ち、まるでド★ベンのやう。

幅広ハンドルで更に安心、安定感MAX仕様。ブレーキはSRAMの油圧ディスクで巨体をしっかりと制動させます

メッチャオススメ度の高い【Blackburn】のフレームバッグ。下のチャックを開けると内容量がアップするギミック付き

圧巻のタイヤ。空気圧が低く、空気量は多いので、乗り心地マジ最高。言っても中身は空気なので、見た目ほど重くも無いってのがポイント

ペダルもアメリカンブランド【CRANK BROTHERS】のスタンプをチョイス。踏み面広くて安心

RDは鉄板の【Shimano】SLXをダイレクトで装着。スタビ付きでチェーン暴れ対策もチリバツ

11-36Tのステキカセット。もっと大きいのもあるけど、いいんですよ、フロントダブルの余裕ですね

キャリアも【Blackburn】の幅可変式をON。ファットでも幅ピッタリ!(合わせたので当然です

サドルはフカフカ系【WTB】のヴォルト。完成車に着いてくるのが嬉しい

サイズを調整出来る【TOPEAK】のボトルケージはフロントフォークに装着

逆側には【ADEPT】のプレートチェーンロックを装着して防犯対策も○。ローター径は180mmだぜ

リアは160mmローター。ブレーキキャリパーの固定方法はこういうインターナショな感じがアバウト楽でイイヨね

実はタイヤもサーリーブランド。「他であんま作ってないから自分で企画しちゃおう」みたいなノリ優先がイケてる

リムも同上。肉抜きされたセンターラインとかもうウケる。カッコイイよ、やっぱコレいいよ

タイヤ幅が広すぎて結局普通のMTBクランクとか許容幅超えちゃうのでオリジナルのクランクとかスーパー幅広BBでやってるのがマジで謎。大好き

理由付けとか要らんって、『琴線に触れたなら買い』!な本能至上主義バイク

もうね、何に使うかとか考えなくていいですよ。イケてるから。

楽しいから!!

あとカッコイイから!!

あ、ちなみに今度モデルチェンジします

※デリバリーは多分今年8〜9月頃

フレーム形状を少し変更してとっつきやすく特性を変更。完成車はトレンドのフロントシングルになりますね。オープンエンドに変わってたりと結構変更点多いみたいですが、基本(デカいタイヤでヒャッハーな性格)は同じなので、このエントリ見て気になった方は是非!

ちなみに、この新型。7/21に埼玉県の彩湖公園でやる試乗会にて最速★発売前★試乗できます!!!

詳細はまた今度書きますが、気になる方はこちらの輸入元サイトを要チェックや!

モトクロスインターナショナル様

当日は、ラモーンズも半休とって遊び行きます。コイツとかビッグファットダミーとか、お店に置くのが大変なステキデカすぎバイクたちに会いに行きましょう!たのしみだゼ。的なゼ

※サーリーは新型のファーストロットが出ると直ぐに完売して入荷2〜3ヶ月待ちになる傾向がありますので、秋口〜冬のファットバイク最高シーズンに間に合わせたい方はご予約をお勧めいたします。

あ、イエローの現行モデルはほぼ完売なので、気になる方は急いで問い合わせー!!

※ラモーンズにある個体は代表のアシですので、購入予定の方はタイミング見て試乗もできまっせ。

新型出るぞー

山遊びにもオススメ!

レースフェイスのクランクでフロントシングル化。あとBB前にボトルケージ受けボルト追加。エンド形状変更など

試乗会で乗れます


2018年7月6日

FIXY FOXY RADY / SURLY SteamRoller

はい、というわけでココんとこマッチョなカーボンバイクが続いたので、今回はシンプルな細身のスチールフレームのフィクシーでフォクシーな【サーリー/スチームローラー】さん。絶版カラー”フロストブルー”フレームの最後のストックがお嫁に行ったのでご紹介!

細身パイプがメインのスレンダー美人さんですね。

スカイブルーが爽やかさ満点!

シンプルな構成が【自転車!】って感じでイイよね

ああもうなんつーか最高ですねジミ。ちなFOXYってのは狐にかけて『ずる賢いセクシーな女性』って事ですよ。ああもうなんつーか歌詞にあるように『おまえを見かけたんだ、ウチに持って帰りたい!!』ってなるのは本能でしょうね。ああもんなつーかね、感性のはなしね。

このバイクも、細かい事は後回しで『欲しー!!』ってなったら乗る、ソレが正しい姿でしょう。レースで勝ちたい!とか、快適にスポーツ走行を!とかお考えなら他のバイクを選んでください。まあコレじゃないよ。

サーリー最初期からラインナップされている、サーリーで一番シンプルなフレーム

構成は見ての通り、『どシンプルにクロモリパイプを組み上げたフレームワークに38Cのタイヤクリアランス』以上です。細身のタイヤでもブロックタイヤでも好きなモン履かせて、テキトーに街を流してください。あ、クリアランスが大きいのでキャリパーはロングアーチ、もしくはオフセット出来るブレーキシューベースが必須ね。

お気楽ライドでは無類の楽しさを発揮する事うけあいです。街中の鏡に映る自分の姿を見てニヤる、気に入った場所で写真撮ってインスタ、この辺が正しい使いかたですかね。マジ、イイカンジにニヤれます。だってどこに置いても画になるんだから仕方なかっぺよ、コレ。

いいでしょ!

見た目は野暮ったいけどしっかり止まって耐久性もバッチリなシマノのロングアーチキャリパー、オススメ

なで肩な形状がカッコイイTNIのブルホーンにエアロブレーキレバー

クランクとリングは鉄板のSUGINO。ペダルはかっこよくて動きも良くて耐久性も高くてオーバーホールも出来る最強フラットペダル三ヶ島の青をチョイス

スプロケもSUGINOの固定でカッチリバッチリステキピッピプー

パトリオットな柄のサドルが乗っかるのはNITTOのシートポスト、背後には三角反射版で安全

GranCompeの真っ黒ホイールにPanaのグラキン36ブラウンサイドの組み合わせ。低いリムハイトと32本スポークがもうね、渋すぎるよね

リアブレーキワイヤーはトップチューブに巻きまき。流行り?そんなモン知らんがな。フルアウターでメンテ性も高いし、取り回しがユルくイケるので、何気にワイヤーへの負担が少ないから良いんですよ、コレ。

我が道を行く人用コミューター

競技でもないのに公道でノーブレーキとか周りの人を巻き込む可能性を一切無視した一時期の意味のわからん流行が終わってくれたおかげで、頭の軽いアホの乗り物というイメージからイイカンジに脱却しつつあるピストバイク。

今では『本当に好きな人が乗っている』渋い乗り物といった感じになりましたね。良かった〜!

正直、走行中のギア比変更が出来ない時点で快適ではありません。しかし、その不便さが逆にダンディズムを刺激するわけですね。ほんで、変速機が無いためにとにかく見た目がシンプル!パイプフレームの美しさを表現するには最高の形状だと思います。とにかくカッコイイ、コレは重要ですよね。

普段着で街乗りするのに最適なコミューターといったところ。どこにだって行っちゃうぜ、けっこうコカすぜ、アシにだって拘るぜ、FOXYなFIXEDが欲しいんだよ俺は!
というあなたにはサーリーさんちのスチームローラーがオススメです。

※現在のフレームカラーラインナップは”ブラック”と”ミニストリーグレー”の2種類。そっちもシブカッコイイよ

https://ja.surlybikes.com/bikes/steamroller


2018年6月30日

深紅の襲撃者 / KOGA KIMERA 3K Di2

超剛性マシンでおなじみ旧KIMERA Di2専用モデルをリフレッシュ&カスタム

だったら漕げばいいだろ!!みたいな勢いが必要

ハイというわけで今回は、マッシブ一直線な筋肉至上主義でおなじみ『オランダ / KOGA』から、強烈な剛性と個性で現在も多くの狂信者ファンの皆様に支持を受ける旧キメラのDi2専用フレームを、アルテグラDi2 × edco GESEROで組み上げたトライアスロンスペシャルをご紹介!!

レイチェル・クラマー選手がヨーロッパ選手権を制した2013年頃の写真

このKOGA×SHIMANO Di2×edcoの組み合わせですが、オランダの女傑『レイチェル・クラマー』選手と同じ!同選手が世界戦2位に続き、ヨーロッパ選手権を制した鉄板構成なわけで、走らないわけがありません。現在では、Prestigeグレードで同選手のレプリカカラー『レイチェルトリコロール』が用意されていますが、この紅白カラーも当時乗っていた色ですので、レプリカカラーと言っても良いかもしれませんね。

背後から襲いかかる真っ赤なトマトキメラ・・・コワー!

合成獣?剛性厨?KOGA KIMERA 3K

車体の説明は過去のエントリをば。

ちなみに、過去に組んだものは機械式変速機専用フレームで、今回は電動変速機専用フレーム。違いは内装されるワイヤーの引込口の有無で、今回のフレームにはシフトワイヤーの受けとかは最初から無く、代わりにDi2のケーブル引込口が各所に設けられています。現在ではコンバーチブルが主流ですが、少し前のカーボンでは多かったやり方ですね。構造が各コンポに最適化されていて、手が込んでいるので個人的には好印象。ま、Di2をワイヤードに変更する人とか見たこと無いので、不都合は無いでしょ。

赤/黒のボディカラーがブッコロ感を増大させています。ヤバー

現在は絶版の66mmハイトのカーボン『エドコ・ジェセロ』を装備

背後から見てもマッシブ、仏置義理ですね

オランダ構成?

そう、KOGAはオランダのメーカー。ほんでedcoはスイスメーカーですが、ハブ製造工場をスイスに残しつつも本社はオランダに移していました(2018から独逸)。ついでに言うとシマノヨーロッパもオランダが本拠で、何気に各社の社長同士も仲の良い友人同士という間柄だったそうです。その蜜月の時期に、オランダの新星『レイチェル・クラマー』選手に託したオランダ絡みの各社製品群です。相性が悪いわけが無いっしょ。

まあイケてますよね、トリコロールな感じ。三色ってバランス良いんです。

(※更にいうとオランダ関係無いですが、コンチネンタルとエドコも仲が良く、GP4000がS2に進化した際のプロモーションムービーではedcoが使用されていました。)

シフターはDi2のST-6870。小振りで握りやすく、ボタンシフトで簡単快適

ガッツリ変速FD6870

サイドのキズは歴戦の証、RD6870

電送ケーブルの引き込みはリアブレーキとまとめてスッキリイン。シレッとブルートゥースユニットも配置

クランプ式のDHバーは、レースレギュレーションにおける『ドラフティング』の有無でロングタイプと使い分ける。負荷のかかるハンドルクランプ部のネジは、汗がかかっても錆びず、引張に強いβTitaniumの64チタンボルトに換装。サイコンはPioneer

Di2の優位性が生きるトライアスロン構成

トライアスロンって、けっこう種目でレース規約が違ったりするんですよね。

とくにスプリント〜ショートを主戦場にしている選手は大変です。競技によってDHバーの長さが制限されるので、先端に変速機がつけられたり無理だったり・・・そこでDi2のフレキシビリティが威力を発揮するんですよ。マジで

ワイヤー式の場合、DHバーの先端に変速機つけようとすると【変速関係全バラ〜組み直しコース】となってしまいます。が、Di2なら【DHバーを付け替えて追加した変速スイッチのコネクターを刺す】だけ。これで仕様変更終わりです。メカに詳しく無い方でも、最低限の工具で、現地でも作業できます。

トライアスリートこそ電動コンポにすべき!※シマノかスラムで

ブレーキは6800のデュアルヒンジタイプ。stop & go の少ないトライアスロンでは十二分な性能を発揮

サドルは厚めのパッドとセンターの深い溝が特徴の『PRO/エアロフュエル』。こちらもオランダブランド

シートポストは高剛性で軽いアメリカの『THOMSON』ゼロセットバックタイプ。ロ○キードなど航空機関係の仕事の傍らに自転車部品作ってるとか趣味最高かよ

クランクは新型R8000にPioneerパワーメーターの組み合わせ

Reynolds別注のカーボンリムに、SapimのCX-Strongストレートで組まれたTTホイールセット『edco/GESERO』。現在はワイドリム化しているが、こちらは絶版のナロータイプ。フレームによっては昨今のトレンド幅に対しキャパシティが足りない場合もあるので注意!

タイヤはグリップとウエイト、転がり抵抗や耐パンク性などのバランスが極めてハイレベルで、世界中にファンの多い名作『continental / GP4000S2』

低く構えたスタイルが強烈にカッコイイ

ってなわけで、良いぞキラートマトキメラトライアスロンスペシャル

KOGA の KIMERA はシリーズ通して質実剛健。万人受けするオールマイティフレームではないかもしれませんが、その分スイートスポットにハマった時の加速感は独特で、そのピーキーさが逆にコアなサイクリストの支持を受けている要因となっています。リピーターが多いのもソレが原因なんだろうな〜

「一律同一みんな一緒」みたいなのが嫌な貴方!
そう、KOGA行くしかないっしょ。