Close

BIKECATALOG

2018年4月6日

The EXPLORER*8020 / JAMIS RENEGADE EXPLORE 650B

はい、と言うことで今回はアメリカンブランドジェイミス。アドベンチャーロードの代名詞ともなった人気シリーズレネゲイドから、アルミフレームの上位グレード【エクスプロール】をカスタムしました。

大きなポイントは2つ、【アルテグラR8020で油圧ディスク化】そして【WTBのぶっといタイヤでチューブレス化】コレです。トレンドを押さえた本気で遊ぶアドベンチャーロードですね自慢しちゃいますよヤダカッコイイじゃない!

あ、ちなみにノーマルはこんな感じ↓

JAMIS RENEGADE EXPLORE (STANDARD)

★2015年にカーボンモデル1種からスタートした【レネゲイドシリーズ】

欧米でのアドベンチャーロードブームを受けて人気はウナギ登り。毎年ガンガンとラインナップを拡張し続け、カーボン・クロモリ・アルミと、様々なフレーム素材に各2グレードを用意する他、更にアルミとクロモリは小さいサイズのホイール設定を650B(27.5インチ)とし、現在では合わせて8種類にも拡充された同社の看板シリーズですねコレが。

エントリーと侮ることなかれ、その実「小粒でピリリと辛い」凝縮系ポケットロケットのお出ましだぜ!

アメ色のサイドスキンタイヤと、R8000クランクのゴツいアームが印象的。締まってみえますね

WTBの650×47タイヤのチューブレス仕様はそれはもう乗り心地最高なわけですよ

★アルテグラコンポへのアップグレードで操作感と使いやすさが大幅に向上!

やっと来ましたST-R8020。そう、機会式変速×油圧ディスクブレーキのSTIですね。
ワイヤー式変速機の歯車やら油圧ブレーキのマスターシリンダーやらなんかいっぱい詰まってるのに小型で握りやすい形状がステキです。もちろん、シマノ”R”シリーズの変速の正確さタッチの軽さ、ブレーキのフィーリングも抜群!力いっぱい握らなくても操作できるので、手の小さな女性にもオススメです。

さらに、荷物を積んで増える車重・状態の悪い舗装・未舗装路での登り坂、そんな悪夢的状況に対応するため・・・というか、どうせわざわざ自分から悪路に入っていくのが見えてるので、ギアを[50-34T] × [11-34T]に!ステキ!

前後どっちにも34Tが有る!ちょーステキ!

ちなみにこの11-34TカセットはR8000シリーズでは無くて、特殊枠なんですね。なんたってMTB11Sフリーボディに対応ってんだから嬉しい。センターロックブレーキディスクが使えて安くて丈夫で135mmクイックのXTハブでホイール組んだりしてもロードコンポで対応できるとかマジ最高ですね。あと完組みMTBホイール(27.5/29er)がロードコンポで使える、アドベンチャーとシクロクロスで遊んでる人には朗報以外の何者でも無いですね。

ST-R8000より少し大きくなっただけってのがスゴイよね

ステム、ハンドルはRITCHIEYのアルミで統一。ハの字バーはランドナーの標準装備でしょ

R8000クランクにCRANKBROTHERSのペダルでカッチリキメキメ

Rディスク対応で幅の変わったRシリーズクランクには、同じく可動域の変わったRシリーズのFDを

シャドータイプのRDはグラベルやダートも走るアドベンチャーロードに最適。ロングアームもスピーディさは変わらず

MTBホイールにも使えるシマノの新作11Sカセットは11-34T。50-34Tのクランクと合わせて驚異のギア比1:1を達成。のぼるぜ〜

油圧ブレーキキャリパーは、取り回しやワイヤーラインの自由度を最優先し、敢えてバンジョータイプを選択

ブレーキディスクは前後共に160mmローター

FDバンドは支えボルト受け部がついたシマノ純正を、BBは耐久性重視でシマノのスタンダードなヤツを選択

★もっちもっちの乗り味がクセになる。WTBアメサイドタイヤでチューブレス化

スポーツバイク界に650Cグラベルバイクブームを起こしたWTBの名作タイヤ”HORIZON”のサイドブロックバージョンって事で安定のかっこよさを誇る”ByWay”。フワフワの乗り心地と、安心感マックスのグリップ感が特徴の同シリーズですが、更に長所を伸ばすためにチューブレス化しました。

装着には、アンモニアを含まずアルミリムに優しいシーラント『EFFETO MARIPOSA CAFFE-LATEX』をこれでもかと使用。WTBのチューブレスレディは笑えるくらい空気が漏れるので『タイヤ内壁にシーラントを馴染ませる』作業が必要ですが、これもステキライド体験のためには仕方ない事です。あ、ミミにもね。念入りにね。

ちなみに、ラモーンズではチューブレスのミミ出しにコンプレッサーは使ってません。この辺の柔らか戦車はとりあえず普通のフロアポンプでイケますので、みんなも気軽に挑戦しましょう!

フレームのクリアランスを目一杯使って650×47Cタイヤ”ByWay”を装着。センターはスリック、サイドはブロックの良いとこ取りタイヤ

最初からついてるホイールがまさかのチューブレスレディWTBってなわけですが、やるこた一緒。必死でテープ貼ってバルブつけてシーラントをこれでもかと投入ってか塗りたくって装着。*漏れやすい部分は主にサイド全面、とうぜん両方。全然レディじゃない。大好き

まあカッコイイってのは正義ですね。コレ見るだけで乗りたくなる感じ

★エクスプロールからの正常進化で走破性アップ!冒険者(エクスプローラー)の名に恥じない内容に!

まあイイカンジの一言に尽きますね。R8000に油圧ブレーキに650のごんぶとタイヤ、コケてもけっこう思いのほか安心な丈夫アルミフレーム。しかも、こんだけやってカーボンのレネゲイドとコスト変わんないのがスゴイよね。更にはキャリア付けたりバイクパッキングしてキャンプツーリングなんてのも良いかも!?ヤマハの青い原チャリは売り切れたので、自転車で行きましょう。ゆ★キャンでもガチ旅でも大体何でもいけるっぽいアドベンチャーロード、オススメです。

楽しいよ〜^^


2018年4月5日

JAMIS RENEGADE EXPLORE (STANDARD)

DESCRIPTION

欧米で人気を博し、一大トレンドとなった『アドベンチャーロード』の代名詞【レネゲイド】シリーズのエントリーモデル「エクスプロール」。

カラーは二種類、フレームは丈夫で軽量なアルミを、フロントフォークは上位グレード譲りのカーボンを採用。完成車で¥118,000+TAXとお手頃価格ながら、各部に大きくクリアランスを取った【カスタムベース】としての潜在能力は侮れない。

尚、サイズ44と48(小さいサイズ)はホイールに650Bを採用しており、ジオメトリの無理なく小柄な方にも乗りやすい特性を実現している。

 

 

SPECIFICATION

FRAME: RENEGADE EXPLORE (STANDARD)
WHEEL: STD (WTB)
TIRE: STD (CLEMENT)
CRANK:STD (FSA)
PEDAL: N/A
HUNDLE:STD (RITCHIEY)
STEM: STD (RITCHIEY)
SUDDLE:STD (SERRA ROYAL)
SEATPOST: STD (JAMIS ORIGINAL Alloy)


2018年3月30日

栄光のル・マン!ガルフカラーの稀少なキメさんにDi2装着の巻 / KOGA KIMERA AL

というわけで今回も、お気に入りバイクのブラッシュアップ&オーバーホール!

★車好き、レース好きならおなじみのアレ色

スティーブマックイーン主演の名作レース映画『栄光のル・マン』での登場以来、現在もレースシーンでアイコン的な存在となっているガルフ』!!っぽい。というかガルフカラーですね、マジかっこいい!

現在はディスコン(生産終了)カラーのエントリーロードですが、爽やかでカッコイイカラーリングでオーナーさんのお気に入りって事でガッツリオーバーホール。モノの価値は愛着で決まるんだぜ〜。

★余ったパーツでアップグレード&オーバーホール!

したっけ、最近メインバイクを乗り換えた事で余っちゃった電動コンポが居るってんで、もーたいへん。
「こりゃ活用するしかなかっぺよっ」つーわけで、隅々までバッチバチにやり直しと相成りました。

ベースになったキメラALは4年ほど前のSORA完成車で構成は当時の触覚付き9スピードでしたが、今回のオーバーホールで全取っ替え。コンポーネント以外にも、ステム・ハンドル・シートポストからホイール・タイヤまで、フレーム以外はほぼ全て上位グレードにアップグレードしての載せ替えで、まさに生まれ変わるカンジ。走るぜはしるぜ〜

追記
電動シフターは最高だぜ!

★まずは下ごしらえ

ついてる部品を全部取っ払って、隅々までクリーニング。

このフレームのBB規格はシマノプレスフィット【BB86】。当然ラモーンズではウィッシュボーンしか薦めないので・・・アルミ×アルミって事でBB受けを専用工具で削って精度合わせ。無理矢理はイカンっちゅー事やね。

他にも、ヘッドベアリング受け部や各部ワイヤー受け部などを総ざらいして準備完了!
(先に旧メインマシンをバラして用意してあった部品を)丁寧に組み上げます。

マックイーンの【ポルシェ917K】を彷彿とさせるガルフカラーがシブ派手でヤバステキ

フレームが内装未対応なので伝送ケーブルやバッテリーは外装ですが、きっちり纏めてスッキリルックに!

淡いブルーのボディにオレンジが映える!各ケーブルを目立たない様に処理できたので、シンプルにフレームのアウトラインが出てカッコイイですね〜

コンポーネントはメインマシンで使っていた【SHIMANO 6870 アルテグラDi2】をまるっと移植。

内装式フレームからの移植という事で、追加で長さの違うDi2ケーブルと外装用ジャンクション、外装用バッテリーなどは必要になりましたが、特に問題もなくすんなり装着できました。まあ使用する分には感覚一緒って良いよね。

あ、当然ですが各部品は装着前に念入りにクリーニングしてグリスアップ、Di2はシステムのアップデートも行って動きもバッチリってもんです。ピッカピカやで

DEDAの低く構えるZero100ステムに、OVALのカーボンシャロー。サイコン&ライトのマウントはスマートなレックマウントで

Di2ジャンクションユニットを保持するのはDixnaのアレ。ステム各部の留めボルトとトップキャップはβTitaniumでキメ!

デュアルピボット構造の6800アルテブレーキ。ゆーてもしっかり効きます

ポストはFIZIKのR5アルミ、サドルは謎のテストサドル(アスピデ

ボトルケージはGDRの名作カーボン、バッテリーは使いやすくて何気にファンの多い外付けタイプ

正確かつ強力に変速する電動FDは、BBBのFDバンドでがっちり固定

RDの近くにはシフトインジケーター用のワイヤレスユニットを配置。機会式シフトのアウターワイヤー受けはちょうどDi2ケーブルを挟めるカタチなので、ついでに利用。結構スッキリ

6800アルテクランク。R8000クランクに見慣れてくると、シャープなデザインが逆に新鮮

スイスのホイールメーカーedcoの、レアなアルミホイール【ジュリア】

BB下のワイヤーガイドの代わりにDi2ジャンクションを設置。 ケーブル長がしっかりキマるとこんなにスッキリ

Di2ケーブルはシマノ純正ケーブルバンドテープで固定、ロゴがKIMERAになっちゃったけどまあ仕方なかっぺ

★完成!やっぱ良い物はイイ!

そんなわけで、なんかしらんけどやったら豪華なアルミのキメさんが完成しました!

カッコイイのはもちろんのこと。しっかりと固めた足回りのおかげでよく走ります。
やっぱedcoのホイール(ハブ)は良いですね、アルミブロックを高精度で削り出して作ったハブは頑丈で軽量。しかも大きめのベアリングでシャフトを支持しているので、回転軸がズレず効率最高な上に日本製ステンレスベアリングは長持ちときた。ふはー弱点ないじゃん。

あと、カスタムベースが丈夫なアルミフレームなおかげで、少々雑に扱っても大丈夫なヘビーデューティなサブウエポンが完成です。

・ってなわけで、お気に入りのフレームが押し入れに眠ってるそこのアナタ!

メインバイクを弄った後でいいから、サブマシン復活させませんか?
フロントシングルとかも流行ってるし、ピストにしても良いし、やり方は自由自在!
だってメインは他にあるっしょ 😂 絶対楽しいのでオススメ!!


2018年3月9日

打ち捨てられた弾薬箱、その趣 / ARGON18 RADON

今回はARGON18(アルゴン エイティーン)の絶版カーボンバック「ラドン」をカスタム。

★カスタムはハイエンドバイクだけの特権じゃないぞ!

このブランドの本拠地はカナダ。最近はUCIプロツアーチーム「アスタナpt」が採用したことで、国際映像にも良く映るのでようやく人気が出てきたって感じですが、元々はエアロフレームに定評が有り、主にトライアスロン界では元より有名なブランド。中でもラドンは、入門に最適な乗りやすさと快適性を特徴とした・・・って、まあこのモデルはもう絶版なので、今はラインナップには無いんですけどね。

さてさて、実は以前に「使い込まれて錆びた弾薬箱」をモチーフにフルペイントしたカーボンバックアルミフレーム。オーナー様の愛着が強く、メインレースバイクは別に有りながらも、練習やローラーで乗りまくってイイカンジにヤレてきたという事で、この度、晴れてオーバーホールついでにブレーキとか色々アップグレードと相成りました!

心配になるほど「ヤレた感じ」を醸す見た目に反して、パワーメーターまでつけちゃって「結構本気なのがステキ」仕様ですね。

茶色いサビとか絶対出ないアルカーボンも、カスタムペインターの妙技でこの通り!

コンポ構成は5800/105をメインに6800/アルテグラをミックス

性能を左右する要所にはハイクオリティなパーツを奢る

今回奮発したのは前後のブレーキキャリパー。Rシリーズはコントロール性、ストッピングパワー共にハッキリ旧型よりイイカンジ。その性能はほぼ確実に体感出来るんじゃないかな

ロゴはあえてステンシルフォントに変更。細かいキズやアバウトに塗ったっぽく見せるとか芸が細かい

綺麗なパイオニアのパワーミーターとwishboneのBBが、錆びと対照的で映える。wishboneはJISタイプもベアリング交換可能なうえボディも高精度でマジオススメ。ちなみにBB周りの錆、ザラザラとした手触りまで再現

ステム・ハンドルは堅実な作りのプロファイルデザイン。留めにはβtitaniumのボルトを使用し、リアル錆を排除。わざと雰囲気を作って見せるからカッコイイんであって、ガチの錆びまみれとかキッツいよね。色々と不具合も出るので気をつけませう

バーテープはシリコン100%でグリップ最高なマジックワン。シャケのブラケットカバーと合わせて快適!

クランクは5800/105、53-39Tでゴイゴイ進むぞ

FDは受けバンドを介して6800アルテグラのロングアームを装着。バンド一体式FDは使い回しが難しいので、バンドは別体で用意するのがオススメ

良いタイヤと良いブレーキは性能アップの基本、ホイール変えて平均速度上げたらセットでイキましょう。制御できないスピードとか危ないだけだから、マジで

コレも今や手に入らない名品。グラファイトデザインのカーボンシートポスト。サドルはなんか青いね

ホイールは、スイスのedco engineeringから、クッソ回って頑丈なアルミリムの【JURIER】。コレも絶版の逸品

いやー、カッコイイねコレ。2013年に作って、もう5年になりますが全く古くささを感じない!さすがハウティペイントさん、良い仕事しますね。
あ、物理的な退色はしてますよ。塗料なんだから値段に関係無く色褪せていくのは仕方ないじゃん、傷もつきます。マット塗装は弱いので、一部は半艶出ちゃってたりもします。が、当ったり前です。
まあしっかし、エイジド加工して出した「風合い」の前ではあまり関係無いんだな〜これが。元からわざと擦り加工とかしてるし、どれが後からのキズなのかさっぱりわからない。それどころか、味の深みが増した感じ。

【いとをかし】ってヤツですね。
美しく、愛らしく、滑稽。しかもベリー!的な、まあコレです。


2018年3月2日

“remix” シンプルで効果的!グラデってイイよね:FUJI SL3

大胆な色使いが特徴的なSL3、グラデーションも出来ちゃうぜremixハッハー 🙂

絶対カッコイイ鉄板カラー【BLACK × RED】でカラーリング!

というわけで今回は「発色の良いを前面に押し出し、センターから徐々に黒く染まっていく」グラデーションならではの動きと勢いの有るカラーリングパターンを選択。

「目立たせたい部分以外は抑える」という基本原則に則って、フレーム以外の部品はブラックで統一。マットブラックメインの5800/105コンポや、モノトーンのZONDAホイール、またシックな外観のFIZIKで中継部品を揃える事で、フレーム前半分のグロスレッドがこれでもかと自己主張してイイカンジですね。

色は強いのに下品さが無く、シックなのに迫力有り!ヤバー!!

SL1とジオメトリを共有するフレームは、それでも900g台と軽量だぜー

スローピングしたシャープなトップチューブのおかげでシートチューブは短め。ポストもガッツリ出せます

厚く塗られたグロスクリアの光沢が艶めかしい。エロい!

トップチューブ上部のラインもグラデーションしていく仕様、メーカーロゴもブラックアウトで迫力重視に!

コンポ載せ替え&FDをアップグレード

さて、今回のバイクは乗り換えと言うことで前バイクから5800の105をまるっと載せ替えたのですが、フロンディレイラーは構造が変わった[FD-5801]に変更しています。

元がバンド式だったので直付けを買い足す必要があって変えたのですが、動きが全然良くてオススメです。ロングアーチ構造のFD5800からフルモデルチェンジしてるのですが、あんま目立たなくてもったいないよね。あ、新規格のRシリーズクランクにも当然対応しているので、アップグレードにどうぞ!

バーテープは、クッション性高めで長持ちなKABUTO/BT-08の赤ステッチ

真っ黒ボディーがステキな5800ブレーキ

ブラックアウトされたクランク。デザイン上はココが締まらないと全体の輪郭がぼやけるので注意

早くて引きの軽い、新構造のステキFDさん

おなじみの5800RD、11-28Tで使いやすく変速もバッチリ

FIZIKの「スパインコンセプトEVO」

「脊椎の柔軟性」と「骨盤の回転具合い」、そして「体重」と「パワー(出力)」を加味することにより、オススメのサドル形状、座面の大きさを決定するフィッティングシステムです!(ほぼ引用

また、コレによってFIZIKのサドル以外の製品も簡単に選べるって寸法ですよフヘヘ。
ってかまあ各製品の「ライダーの柔軟性の度合いに対応するための目安」が、「スネーク(身体柔い)」「カメレオン(ニュートラル)」「ブル(身体カタい)」の3種類でおおまかに別けられているので、サドルが決まればハンドルもってカンジになるんだなコレが。

調べ方は簡単!【スマホのアプリダウンロードして起動して持ってお辞儀する】だけ。
あとは体重やら平均走行速度やらを入力するとオススメが出てきます。
ココで見栄張ってサバ読むと大変なことになりますので注意!人間、正直が一番ですね。

正直、結局は使ってみないとわからないのですが、製品のオススメ理由がハッキリしているので目安にするにはアリだと思います。まあ製品の詳細は最終的にはお店で聞いてねん。

※ハンドルは同じ製品名でも形状が違うのでわかりやすいですねん、例えばスネークはシャロータイプでブルはコンパクトタイプみたいな。

ステム・ハンドル・ポスト・サドルとFIZIKで統一。ライダーの柔軟性で三種類から 選べる構成が特徴

サドルはFIZIKのVERSUS EVO。センターの凹みラインが特徴的

今回は使いやすいニュートラルな特性を目指してのパーツセレクト。ホイールはカンパニョーロの鉄板「ゾンダ」ちゃん。よく回って頑丈で過度な剛性も無く、万人にお勧めの逸品ですね。BBはプラクシスワークスの合体式BBを選択。ベアリングはステンレススチールで耐久性を重視した仕様に。とは言っても、同じBBでマリノが全日本U23勝ってるので性能はバッチリです。

3×7の21本スポークがカンパの証、G3組さま

フロントはスタンダードにラジアル組。ステッカーがモノトーンになって合わせやすくて良いネ

BBはプラクシスワークスのPF30→シマノコンバーターを使用

はい、というわけで完成しましたFUJI/SL3/remix/BLACK & REDスペシャル!

SLシリーズの特性を一言で表すと「ニュートラル」。構成部品で特性が大きく変わるフレームってカンジですかね?今回は105×ZONDAで組んだため、優しいオールマイティ系バイクになりましたが、軽量部品でヒルクライム特化させても良いし、ハイト高めのホイールで巡航性能上げても良し。剛性の高いハンドルやレースコンポにカーボンチューブラーとかで合わせてアタック用にしても良いかも?

・・・「まあ好きにやろうぜ」って感じですね!

最初のカラーリングシミュレーションはコチラ!

Index

大体決まったらラモーンズに来てください
カラーパッチ見ながら答え合わせ、相談もOK。

いらはーい!