Close

2019年5月8日

色々できるぞストラグラー(その1)フロントキャリア装備のゆったりライド仕様! / SURLY Straggler (700C)

ってなわけで今回はサーリーの元祖ディスクロード『ストラグラー』をご紹介!

最近、人気急上昇中の『ミッドナイトスペシャル』との違いをよく聞かれるのですが、わかりやすく言うとストラグラーは『トラディショナル規格の設計』なのに対して、ミッドナイトスペサルーは『トレンド規格の設計』って感じ?

・・・うん、わかりづらいですね。フハ

まあ、ストラグラーは『過去のロードとかMTBとか、いろんなジャンルのバイクの部品が流用しやすい』つくりなんです。

例えば、1-1/8のヘッドパーツは往年のクロモリロードではお馴染みの規格だし、インターナショナル規格のブレーキキャリパー受けはMTB部品が流用しやすい。他にも前後9mmクイックのホイール軸受けは、リア側が逆オープンエンドみたいな感じの深い逆爪タイプっつーかロードエンドっつーかなんかそんなヤツなので、ピストの正爪の逆バージョンみたいな感じでリアハブ軸の前後位置調整が可能。

って事はシングル化してもテンショナーが要らないんですよ。※次回はソレ

まーぁ色々できます!

今回はスタンダードな正統派アドベンチャーロード的な内容。ツーリングとかでガシガシ使ってもメゲない感じね。

ブラックアウトされたパーツ群に鏤められたショッキングなピンクがインパクト抜群

700Cでワイドなタイヤが迫力満点ですね

SRAMを中心とした堅実かつ尖ったチョイス

カッコイイだけじゃない、操作性と耐久性に優れたパーツ構成

コンポは油圧ブレーキで [2×11s] のSRAM RIVAL-HDR(油圧ディスクブレーキ)、ヘッドとボトムのベアリングは独自の構造で耐久性と動きの良さに定評の有るChrisking、繋ぎ部品はブラックアルマイトのアルミパーツでキメッキメ!ステムはTHOMSON、ハンドルとポストはSimNITTOを選択。ほんでほんでバーテープはグリップ力が高く、3層構造で衝撃吸収性もバッチリのSUPACAZのピンク星。ななななんてこった・・・死角が無いぞ!

レバー1本でシフトのアップダウンを担う独自のシステム『ダブルタップ』に油圧ブレーキ用リザーバータンクやプッシュポンプを内蔵したHDRシステム

フレアー状に下ハンドルが広がるアドベンチャーバーはSimNITTOのWild Honey Bar。下が広いのでアクロでも踏ん張りが効くほか、実はダラダラ走る時にも上体をあずけやすかったりするんですよ、コレ

ブラックアウトされたベースがあってこそカラーパーツが映える!ピンク(MATTE PUNCH)のヘッドパーツがバッキバキにキテます

ステムはTHOMSONのアルミ削り出し。見た目ゴッツイけど軽い、ほんで強い。さすがは航空業界からの使者、□ッキードとかその辺の下請けってだけは有りますね

BBもマットパンチ!!ChriskingのThreadFit 24。プレスフィットの方はあのアレですが、こっちは樹脂のアダプターを定期的に交換(重要)すれば回転も耐久性もバッチリだぜ!

ペダルは片面クリート(逆面フラット)なCRANKBROTHERSのダブルショット。固定時のショックは少なめながらもホールド感はしっかりバッチリなので、MTBパーツだけどグラベルロードにもメッチャオススメ

サドルはFIZIKのアリアンテ。メーカー的には骨盤をあまり寝かせず乗る方にオススメしていますが、座り位置を固定しがちな人にもオススメ。シートポストはSIM×NITTOの別注S65的なヤツ。ロゴ刻印が違うのと、背面に♥マークが入っちゃうんだな

独特なパイプワークとベースプレートが鼻血でそうなほどカッコイイこのボトルケージはARANDEL。ボトルのホールド性能もメッチャ良いので、レースバイクにもオススメ

チェーンリングの切削痕とかマジでイイカンジなSRAMライバルクランク

スラムのFDは横方向への水平移動ではなくて、扇状のヨースイング。チェーンキャッチャーも標準装備だぞ!・・トリム?そんなモノはない

一段一段、全力でバッチンばっちん変速するスラムRD。小気味の良いシフト感はダブルタップならでは

MTBで鍛え上げられたスラムの油圧ディスクブレーキ。コントロール性も良く、しっかりストップして安心

ついでに油圧ブレーキのキャリパー裏っ側。最近はシンプルなストレートタイプのジョイントが多いが、取り回しの自由度ではやはりバンジョータイプに軍配が上がるんだなコレが

クランプはSALSAのピンクアルマイトφ30

タイヤはSIM×PANAのザ・オマージュ。中身はグラキンなので信頼性も◎

できた!・・と思いきや更にカスタム開始

コレはコレでイイカンジだったのですが、「荷物を載せて走りたいんだぜ!」ッチュー事で、更にカスタマイズされていくストラグラーさん。うらやま!

ゴーッツイ!フロントキャリアを装備。併せてハンドルはキャリアとの干渉を避けたスーパーワイドタイプに変更し、下げ目にセット

もーなんつーかこのバイク、全体のバランス感が絶妙。パーツそれぞれのボリュームがバッチリって感じ

バーテープはオーナー様のおうちにあったなんかピンクっぽいヤツ

SALSAのスーパーワイドオフロードドロップハンドル、Cowchipper Barが良い味出してます

サドルはFIZIKアリアンテシリーズの穴あきタイプR3をチョイス

更にさらに、バッグもつけちゃう!

ってなわけで、近所の酒屋にビールを箱買いしに行くも良し、ちょいと週末に山に走り行くも良しってな感じのステキバイクができあがりました。シャープなアウトラインは、普段着でのアーバンライドもメッチャ似合うぞ!

たしかにね、最新の規格でカッチリ作られたミッドナイトスペシャルも良いのですが、自由度が高い細身シェイプのストラグラーだって魅力的です。どっちも靴で言ったら革のトレッキングシューズみたいな感じ、夏に向けてひたすら頑丈で安心・お気楽なアシが欲しいアナタ!あと、今朝SHIMANOから発表されたグラベル用コンポ『GRXシリーズ』を見て旅バイクとかその辺が欲しくなったアナタ!

色々できるのでオススメですよ〜

ピンクがアクセントなのに、イヤラシくないのがイイね